グリーンコーヒーの脂肪燃焼効果とダイエット活用法5つ

グリーンコーヒーの脂肪燃焼効果とダイエット活用法5つ

コーヒーにはダイエットに嬉しい効果がたくさん秘められており、コーヒーを飲むだけでダイエットできてしまう方法として、聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

そんな中コーヒーダイエットの進化形とも言える、グリーンコーヒーダイエットがアメリカで話題となり、日本でも徐々に浸透し始めています。

グリーンコーヒーダイエットは、コーヒーよりもダイエット効果が5倍以上、しかも気になるカフェインはコーヒーよりも少ないというから要注目ですよね。

そこで今回は、グリーンコーヒーの脂肪燃焼効果とダイエットへの活用法をごご紹介します!


グリーンコーヒーの脂肪燃焼効果とダイエット活用法5つ


1 グリーンコーヒーって?ダイエット効果のカギはクロロゲン酸にあり!


グリーンコーヒーとは、未焙煎コーヒー豆から抽出したコーヒーのことで、生のままのコーヒー豆を使って入れるコーヒーのことです。

私たちが普段目にしているコーヒー豆は茶~黒っぽいですが、それはコーヒー豆を一度煎っているからなのです。

一方いる前の生の状態のであるグリーンコーヒー豆の色は緑~黄緑色で、普通のコーヒー豆とは違った色をしているのも特徴です。

そして見た目以上に違うのはその中身で、グリーンコーヒーには脂肪燃焼を促すミトコンドリアに働きかけるクロロゲン酸を、普通のコーヒーよりも効率よく摂取することが出来るのです!
これがダイエット効果があると評判なんです!

美味しいグリーンコーヒーの淹れ方

①グリーンコーヒー豆小さじ2~3杯をフィルターに入れる。
②お湯は80℃~90℃のものを用意して100mlを注ぐ。
③ゆっくりと落としていく

グリーンコーヒーは、パウダー、粉末タイプも販売されており、お湯で研ぐだけでさっと飲めてしまうので便利です。

蒸らし時間を設けることで、インスタントでも、ぐんと香り良く仕上がるので是非お試しくださいね。

美味しい粉末グリーンコーヒーの淹れ方

①グリーンコーヒー粉末をカップの底に入れる
②80~90℃前後のお湯を注ぎ、3分蒸らす。90℃は超えないお湯を使う。
③カップの底に粉末が沈めば飲み頃。

さらに粉末のグリーンコーヒーを使ってヘルシーなスイーツも作れちゃいます!

おすすめ!粉末グリーンコーヒーアレンジ5選

  • 粉末をパンケーキやクッキー生地に織り込む
  • ヨーグルトにかけてティラミス風
  • ゼラチンで固めてコーヒーゼリー
  • いつものスムージーに加えて混ぜる
  • 凍らせて氷コーヒーに

2 血液サラサラ効果も!食前グリーンコーヒーダイエットで血糖値の上昇を抑える方法


グリーンコーヒーの効果は、私たちの体の特に肝臓に働きかけ、グルコース糖の燃焼効率を上げることもわかってきています。

さらにグリーンコーヒーには、糖分を血流に吸収させるのを遅らせる力を持っており、血糖値の上昇率を穏やかにする効果もあるのです。

血糖値の上昇率が高いほど、インスリンと呼ばれるホルモンの分泌が増え、このインスリンホルモンが肥満の原因とも言われるほど脂肪をため込む性質を持っています。

グリーンコーヒーで血液中の糖や脂肪を減らし、血管をサラサラきれいに保つことで、代謝を上げ、痩せやすい体質に変わっていくことが出来るのですね。

食事の30分前にグリーンコーヒーを飲んでおくことで、食事の際の血糖値の上昇を抑え、糖や脂肪の吸収蓄積を防ぐ効果、コレステロールや中性脂肪も減少させる効果が期待できるため、糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病対策にも繋がります。


3 運動前のグリーンコーヒーで脂肪燃焼率を倍に高める方法


運動を始める1時間から30分前にグリーンコーヒーを飲むと、血液の循環が良くなることで代謝が上がり、普通に運動するよりもたくさんのカロリーを消費する効果があります。

さらに有酸素運動における体脂肪の分解が、通常の運動開始後30分経過後に始まるところを、グリーンコーヒーを運動前に飲んでおくことで体脂肪分解までの時間を短縮することもできるのです。

「運動することは健康には良いものの、長い時間するのはちょっと、、、」という方は、ぜひグリーンコーヒーを飲んでから運動するようにしましょう。


4 抗酸化作用で美肌効果も!グリーンコーヒーでアンチエイジング!


グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸は、強力な抗酸化作用も持っており、美肌効果やアンチエイジングといった美容効果も期待できます。

実はクロロゲン酸の持つ抗酸化力は焙煎することでおよそ5分の1にまで減少することがわかっており、煎る前の生のグリーンコーヒーならば、より抗酸化力を持っているといえますね。

抗酸化作用によって新陳代謝が活発になるので、体内の老廃物の排出が促進され、むくみ解消、脂肪の代謝、排泄が活発になることからも、グリーンコーヒーダイエットによって痩せる効果があります。

そして普通のコーヒーと比べるとカフェインの量が少ないのもグリーンコーヒーの特徴です。

コーヒーを飲みすぎると肌荒れしたり、頭痛がしたりいらいらしやすかったり、といったカフェイン独特の副作用も懸念されますが、グリーンコーヒーならばカフェインが少ないため安心です。


5 グリーンコーヒーの香りでリラックス!ストレスを解消し、食欲も抑制!


正しくダイエットを行っているのに痩せられないという方に多いのが、ストレスや疲れといった精神的な空腹感から食べ過ぎてしまい、カロリーオーバーになっているケースです。

ダイエットとは、食事制限と運動、そして心の安定があって初めて成功するといっても過言ではありませんよね。

コーヒーのカフェインには、心を落ち着けリラックスさせる効果を持っている他、コーヒー豆の香りも、精神安定、食欲抑制効果があります。

グリーンコーヒーは、普通のコーヒーよりもさらに薫り高く、心を落ち着ける作用があり、ダイエット中のイライラや、ストレスで過食したい!といったときに飲むことで、心を穏やかにする効果があります。

ダイエットによるストレスを抑えて、リラックス効果を高めるために、グリーンコーヒーにミルクや豆乳などを加えたラテやカプチーノなどで飲むのもおススメです。

お家で出来る!本格カプチーノ

材料

  • グリーンコーヒー粉末:小さじ1
  • お湯:30㏄前後(濃いほうがお好きな方はもっと少なく)
  • 牛乳または豆乳:200㏄
  • お好みではちみつやオリゴ糖:お好みで

作り方

①カップの底にコーヒー粉末を入れ、お湯を30㏄注ぎ、良く研ぐ。
②温めた牛乳をフォーマ―などで泡立てる。
③①のカップにそそぎ、お好みで甘みを加える。

カフェインが通常のコーヒーより少ないグリーンコーヒーですので、寝る前のリラックスタイムに飲んでもOKですよ!

ぜひ試してみてくださいね!


さて、『グリーンコーヒーの脂肪燃焼効果とダイエット活用法5つ』はいかがでしたか?

グリーンコーヒーの持つダイエット効果を活用すれば、もっと脂肪燃焼効率がアップ、理想のボディをゲットすることに繋がるのです。

グリーンコーヒーダイエットの魅力は、グリーンコーヒーを飲むこと以外あまり制約や我慢をする必要がないというところですよね。

運動も続かないし、ご飯も食べたいし、でも綺麗に痩せたい!という欲張りなあなたにぴったりのダイエット方法です。

コーヒー好きの方はもちろん、これからコーヒーダイエットを始めようと思っているあなたも、是非このグリーンコーヒーダイエットをお試しください。

まとめ

グリーンコーヒーの脂肪燃焼効果とダイエット活用法5つ

1 グリーンコーヒーって?ダイエット効果のカギはクロロゲン酸にあり!
2 血液サラサラ効果も!食前グリーンコーヒーダイエットで血糖値の上昇を抑える方法
3 運動前のグリーンコーヒーで脂肪燃焼率を倍に高める方法
4 抗酸化作用で美肌効果も!グリーンコーヒーでアンチエイジング!
5 グリーンコーヒーの香りでリラックス!ストレスを解消し、食欲も抑制!


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext