とびひの原因と症状と大人が感染した場合の対処法5つ

とびひの原因と症状と大人が感染した場合の対処法5つ

とびひと言うと、小さい子供たちの間で、夏場に流行する病気だと思っていませんか?

もちろん、それで正解なのですが、実は大人が感染することも珍しくありません。

ただ、子供に比べて免疫力のある大人がかかっても、症状に乏しく、知らず知らずのうちに感染を拡大していることがあるため、より一層の注意が必要なのです!

そこで今回は、とびひの原因とその症状、及び大人が感染した場合の対処法等について、ご紹介します。


とびひの原因と症状と大人が感染した場合の対処法5つ


1 大人も感染リスクあり!知っておくべきとびひの原因


とびひは、細菌による感染症の一つで、正式な病名は、伝染性膿痂疹(のうかしん)と言います。

感染力が極めて強く、高温多湿な夏場に発症率が高くなるため、感染予防のためにも、正しい知識を頭に入れておくことが大切になってきます!

正しい知識で感染予防!とびひの原因

皮膚のバリア機能低下

汗疹、虫刺され、湿疹、すり傷などの患部から、黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌の常在菌が入り込み、増殖します。アトピー性皮膚炎の方は、感染のリスクが高くなります。

とびひ感染者との接触

例えば、家族がとびひにかかった際、何らかの拍子に患部に触れてしまったり、タオル等を介して感染することもあります。

免疫力の低下

ストレスや疲労で免疫力が低下していると、普段は大丈夫なことでも、とびひにかかる可能性はあります。

家族や身近な人の中に、とびひの患者がいらっしゃったり、免疫力が下がっているかも?と感じられる時は、より一層の注意を払いましょう。


2 かゆいだけじゃない!とびひの具体的な症状


とびひにかかると、身体のあちらこちらに広がっていき、かゆい!ということは知っていても、具体的な症状については、感染したことがないと分からないもの。

そこで、いざという時に正しい判断、対処ができるよう、とびひの詳しい症状についてご紹介します。

正しい判断が大切!とびひの症状

水疱性膿痂疹

このタイプのとびひが夏に圧倒的に多く、強いかゆみを伴う水ぶくれが、目や鼻、口の周りから現れ、範囲が広がっていきます。

痂皮性膿痂疹

前者が夏に多いのに対して、こちらは一年を通して感染リスクがあります。症状として、赤い腫れに水疱ができて膿疱となり、次第に破れてびらんが見られ、後に、厚いかさぶたとなります。痛みやかゆみがある他、発熱、喉の痛み、リンパの腫れが現れることも。

とびひに気がつかず、患部を掻いたりした手で、他の箇所を触ってしまうことで、範囲が広がっていきます。

また、大人が感染した場合、軽症であることも多く、知らず知らずに感染を拡大させることがあるため、皮膚のかゆみを伴う異常が見られたら、触らない、潰さないことを必ず徹底しましょう。


3 とびひかな?と思ったら医療機関へ!とびひの検査方法


とびひかな?と思われる症状が見られたら、放っておかないで、出来るだけ早く医療機関を受診することが不可欠です。

というのも前に触れた通り、感染力が強く、周囲の人に移しやすいのと、とびひに似た疾患も存在するため、自己判断で決めつけて、間違った治療、対処法をすることで、症状を悪化させたり、長引かせるリスクがあるからなのです。

とびひの診断に関しては、主に問診と視診がメインですが、菌にあった薬を選ぶために、以下のようなさらに詳しい検査を行うこともあります。

早期発見が大切!とびひの検査方法

水疱の中の液体を培養

破れていない水疱や膿疱の中にある液体を採取、培養することで、原因となる菌が検出されます。

血液検査

白血球が増えて、体内で炎症が起こっているかどうかが分かります。

尿検査

腎臓障害を併発するリスクがあるため、尿検査が行われる場合があります。

大切なのは早期発見をして周囲に移さない、症状を悪化させないこと!最悪の場合、合併症を起こす場合もありますので、覚えておきましょう。


4 薬物療法がメイン!とびひの治療法


とびひにかかったら、かゆみなどの症状を和らげるのと同時に、周囲の人に移さないために、適切な治療を受けることが大切です。

とびひの主な治療は、薬を服用する薬物療法がメインで、薬が合っていれば、通常1週間ほどで、完治するでしょう。

用量用法守って完治!とびひ治療に使われる主な薬

抗菌薬

中に抗生物質を含みます。菌の力を弱めて死滅させる効果があります。とびひを完治させるには、抗生物質を最後まで飲みきることが絶対です。

抗ヒスタミン薬

アレルギーの薬としてよく知られていますが、とびひによるかゆみを抑えるためにも、塗り薬か飲み薬が使われます。

ステロイド薬

炎症を抑える効果があり、主にアトピー性皮膚炎や湿疹を掻いてとびひになった場合に使われます。短期間で正しく使用する分には、副作用等の心配は不要です。

上記3つの他に、水疱性のとびひで浸出液が多いなど、症状によっては、ジュクジュクした患部を乾燥させる目的で、亜鉛華軟膏が使われることもあります。

薬を服用し始めて、3〜4日経っても改善が見られないようなら、薬が合っていないことも考えられますので、診断を受けた医療機関を再受診しましょう。


5 大人が感染したら?自分で出来る対処法や予防法


大人も子供も、とびひに感染した時の治療法はほぼ同じで、かゆくても掻かないこと、薬を正しく服用することの他に、日常生活で気をつけるべき注意点がいくつかあります。

とびひを早く治すための日常生活における注意点

  • 爪を短く切ってヤスリをかける
  • 清潔なタオルを使い、共有はしない
  • 患部がかさぶたになるまでシャワーにする
  • 石鹸をよく泡立てて患部を優しく洗う
  • 就寝時に掻かないように手袋等を使う

とびひが完治しても、何度もかかる皮膚病ですので、日頃から再発予防に務めることも大切です。

免疫力や肌のバリア機能を高めるために、バランスの良い食事を心がけたり、皮膚に傷を作らないように気をつけ、もし出来てしまったら、早急に適切な処置をしましょう。

また職場においては、自分がとびひにかかっていることを申告し、患部をガーゼで覆うなどして、感染予防を徹底することがマナーです!


さて、『とびひの原因と症状と大人が感染した場合の対処法5つ』はいかがでしたか?

とびひだけに限りませんが、どんな病気においても早期発見と早期治療が、症状を悪化させないためには大切です。

また、とびひにかかってしまったけど、仕事等が忙しくなかなか病院へ行けない場合は、薬剤師の方に相談し、症状に合った市販薬を選ぶことになりますが、「単なるとびひ」だと軽く考えずに、出来るだけお医者さんに診てもらうようにしてくださいね。

まとめ

とびひの原因と症状と大人が感染した場合の対処法5つ

1 大人も感染リスクあり!知っておくべきとびひの原因
2 かゆいだけじゃない!とびひの具体的な症状
3 とびひかな?と思ったら医療機関へ!とびひの検査方法
4 薬物療法がメイン!とびひの治療法
5 大人が感染したら?自分で出来る対処法や予防法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext