舌回し効果がヤバい!ほうれい線を3週間で消す方法

舌回し効果がヤバい!ほうれい線を3週間で消す5ステップ

小鼻の両脇から唇の両端に伸びるほうれい線、たった2本のシワがあるかないかで、見た目の印象が大きく変わってしまいますよね。

ほうれい線にお悩みの女性は多く、巷にはほうれい線への効果を強調した化粧品や美顔グッズ、ほうれい線を目立たなくするメイク法などの情報が溢れています。

試してみたいけれど、コストに見合う効果があるのか、半信半疑と言う方も多いのではないでしょうか。

そんな方には、無料で今すぐに始められるほうれい線対策、舌回しがおすすめです。

そこで今回は、劇的な効果を期待できる舌回しで、ほうれい線を消す方法をお伝えします。


舌回し効果がヤバい!ほうれい線を3週間で消す方法


1 舌回しを始める前に知っておきたい!ほうれい線の原因


ほうれい線は、歳を重ねると出来やすくなりますよね。

とはいえ、例えば同年代の女性を比較してみても、深いほうれい線ができている方がいる一方、ほうれい線があまり目立たないという方もいます。

このようなほうれい線の深さの個人差には、これからお伝えする2の原因があります。

何が違うの?ほうれい線が出来る原因2つ

表情筋が使われていない

顔の皮膚の下側にある表情筋は、体の筋肉と同様に加齢や重力によって衰え、たるみやすくなります。

また、無表情、いつも同じ表情でいる、咀嚼回数が少ないなどの日頃の習慣が、表情筋の運動不足を招き、表情筋の凝りや血行不良の原因となります。

頰のたるみ

加齢や紫外線の影響で、肌内部のコラーゲンやエラスチンが減ると、肌のハリや弾力が失われ、頬やフェイスラインを中心にたるみやすくなります。

一方、丸顔、むくみやすい、顔に脂肪がつきやすい方は、年齢を問わず頬がたるみやすい傾向があります。

ほうれい線は、表情筋の衰えや運動不足、頬のたるみなどでできやすくなり、加齢に伴い深く、長くなっていきます。

ほうれい線ができてしまったら、深いシワにならないうちに、舌回しで改善しましょう。


2 ほうれい線の他にもいい事ばかり!舌回しのすごい効果


舌を回すだけで、ほうれい線が消えるなんて、信じられないという方もいらっしゃると思います。

しかし、舌回しには、口周りの筋肉を鍛えるだけではなく、血行を改善してくれる効果があります。

血行が良くなると、老廃物や余計な水分の排出が促されて顔のむくみがとれ、さらに皮膚の細胞にしっかり栄養が届くようになり細胞の代謝が活発になるため、肌の若返り効果も期待できるのです。

さらに、頭から首にかけての筋肉や唾液腺も刺激され、広範囲に健康美容効果が現れます。

舌回しで実感!5つの健康美容効果

輪郭がすっきりする

頬のたるみ、二重あごなど、顔全体のたるみを引き締める効果があります。また、顔の歪みも改善されます。

肌の色つやが良くなる

血行が改善し、肌色が良くなります。代謝がアップするため、くまやシミを薄くする効果もあります。

口内環境が良くなる

唾液の分泌量が増え、虫歯や口臭を予防してくれます。唾液が正常に分泌されていると、免疫力もアップします。

首と肩凝りの軽減する

顔の筋肉の凝りが、首や肩周りの凝りの原因になっていることもあります。舌を回すと、舌や顔の筋肉と繋がる筋肉も刺激され、凝りが解消されます。

滑舌が良くなる

舌の動きがスムーズになると、滑舌が良くなります。

このように、舌回しには、女性にとって非常に魅力的な、たくさんの健康美容効果があるのです。

また、血色が良く若々しい印象の顔、滑舌の良い聞き取りやすい話し方は、初対面の方へも好印象を与えますから、人間関係にもプラスになりますよね。

舌回しでほうれい線を解消すると同時に、顔周りの様々なトラブルを解消して、イキイキと毎日を過ごしましょう。


3 ほうれい線を3週間で消す!基本の舌回しのやり方


舌回しは、その名の通り舌を回すだけのエクササイズなので、いつでもどこでも気軽に行うことができます。

以下のやり方に従って、毎日の習慣として実践しましょう。

3週間続けよう!ほうれい線を消す舌回しのやり方

①口を閉じます。

②上下の歯の表側に沿って、右回りに舌をゆっくりと動かします。
※同じ方向に20回回します。

③左回りも同様に行います。

20回×2方向を1セットとして、1日3セットを目安に毎日実践してみてくださいね。

この舌回しのポイントは、舌をゆっくりと丁寧に動かすことです!

そうすることで、筋肉が正しく使われるため、ほうれい線の改善効果がアップしますよ。

初めのうちは、今まで使われていなかった筋肉を使うわけですから、口の周りが痛くなったりしますが、これこそが効いている証拠です。

もちろん、痛みが酷い場合は回数を少し減らしてもOKです。

1セットあたりの回数を5回くらいにしても構いませんから、毎日地道に続けていくことで効果を実感することができますよ。



4 まだある舌回しのバリエーション


これからお伝えする別バージョンの舌回しは、ほうれい線へ直接アプローチする方法です。

基本編と同じく簡単なエクササイズですから、基本の舌回しにプラスして実践してみてくださいね。

さらなる効果を期待!舌回しのバリエーション編

①左右のほうれい線に人差し指を当てます。

②人差し指をそのままの状態で、目尻の方へ向けて持ち上げます。

③片方のほうれい線を舌を使って、内側から押しながらなぞります。

④もう片方も同様に行います。

左右1回ずつで、これを5回繰り返します。

舌が辛いと感じる方もいらっしゃると思いますが、無理をしないでゆっくりやってみましょう。


5 舌回しとの相乗効果を狙おう!あいうべ体操のやり方


舌回しを毎日3回行うだけでも、ほうれい線に対する効果は期待できますが、「あいうべ体操」という、ながらで出来る口の体操も併せて実践してみませんか?

舌回しとの相乗効果に期待!簡単あいうべ体操のやり方

①大きく口を開けて、「あ」の形にします。

②口を大きく横に引き、「い」の形にします。

③口を思い切りすぼませて、「う」の形にします。

④舌先が下あごの先に届くくらい、思いきり「べー」と舌を出します。
※1動作1秒のペースで、リズミカルに①から④を10セット繰り返します。

1日3回、1回1分程度を目安に、使っている筋肉を意識しながら取り組んでくださいね。

顎の下にある顎舌骨筋は舌を支える筋肉ですが、通常あまり使われることがないため衰えてしまい、頰のたるみやほうれい線の原因になってしまいます。

あいうべ体操には、舌を正しい位置に保つための筋肉と、口を閉じた状態に保つための筋肉を鍛える効果があり、あいうべ体操を続けていくと、口元や顔のたるみの原因となる口呼吸が改善されます。

鼻呼吸ができるようになると、免疫力や睡眠の質が向上するといった効果も期待できますよ。

今回お伝えした舌回しと舌回しバリエーション、あいうべ体操の3つを毎日実践すれば、憎いほうれい線は間違いなく薄くなり、消えてなくなってしまいますから、ぜひ試してみてくださいね。


単純に舌を回すだけで、ほうれい線を消すだけではなく、様々な健康美容効果を感じられるのは、嬉しい限りですよね。

基本的にこれという決まりのない舌回しですが、早く効果を出したいからと言って、1日に何百回、何千回とするのはやり過ぎです!

特に慣れないうちは、舌回しが肩こりや頭痛の原因にもなりますので、無理のない範囲で毎日続けてくださいね。

気づかないうちに、ゆっくりと進行する顔のたるみや表情筋の衰えを予防するためには、毎日の地道な努力が大切です。

お金も特別な道具も不要で今すぐできる舌回しを、ぜひ毎日の習慣にしましょう。

まとめ

舌回し効果がヤバい!ほうれい線を3週間で消す方法

1 ほうれい線の原因は表情筋が使われていないことと頰自体のたるみ
2 舌回しで輪郭がすっきりする
3 舌回しで血行が改善して肌色が良くなる
4 舌回しは1日3回どこでも行える
5 鼻呼吸ができるようになると免疫力や睡眠の質が向上する


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext