レモン酢に秘められた4つの効用効果とダイエット実践3つのコツ

レモン酢に秘められた4つの効用効果とダイエット実践3つのコツ

ダイエットといえば、極端な食事制限をしたり毎日運動を取り入れたりと、体に負荷をかけるから大変というイメージが強いですよね。

そして「痩せたいけどもっと楽にダイエットを行いたい」という悩みを解決するためには、レモンと酢を組み合わせたレモン酢を飲むだけで良いとご存知でしょうか?

レモン酢には、健康を維持するために必要な成分が含まれているので、ダイエットにありがちな体調不良を緩和できます。

そこで今回は、レモン酢を飲むと得られる様々な健康効果と、ダイエットを成功させるための活用方法をお伝えします!


レモン酢に秘められた4つの効用効果とダイエット実践3つのコツ


1 レモン酢に秘められた体に良い効果


ダイエットに効果があるとされているレモン酢には、健康に役立つ成分が豊富に含まれているので、治したい症状があったら飲んでみましょう。

レモン酢を飲むことで得られる4つの健康効果

血流改善

レモンと酢にはクエン酸が豊富に含まれていて、毎日適量を摂取すると血流を改善する効果が期待できます。

更に、動脈硬化の予防や冷え性の改善などができ、代謝も改善されるので脂肪が溜まりにくい体になります。

便秘解消

酢には腸の働きを促進する効果があり、太る原因である便秘の解消に期待できるので、便が出ないと悩んでいる方はレモン酢を取り入れましょう。

便秘が解消されると腸内環境が改善されるので、代謝が上がって脂肪を燃焼しやすくなります。

疲労回復

レモンと酢に含まれるクエン酸は、疲労の原因である乳酸を分解する働きがあるので、毎日の疲れが抜けない方もレモン酢を飲んでみましょう。

ストレス緩和

レモン酢に含まれているクエン酸は、イライラを抑えてくれる成分であるカルシウムの吸収を助ける作用があるので、日々のストレスの緩和に繋がります。

ストレスは溜まっていると体に様々な悪影響を及ぼすので、早い内から対処をすることが重要です。

レモン酢には主に上記の健康効果があるので、毎日体の調子が良くない方は普段の生活に取り入れることをおすすめします。

そして、ダイエットを行うときに健康面が気になるという方は、レモン酢に含まれている成分の力で体調を維持することが大切になります。

体調が常に万全の状態になっていると、代謝が高まり痩せやすい体になるので、ぜひレモン酢を取り入れてみましょう!


2 レモン酢で予防できる病気


レモンと酢に含まれる成分には、病気を予防する効果が期待できるため、長く健康的な体を維持したい方は飲むことをおすすめします。

レモン酢で予防が期待できる3つの病気

高血圧

高血圧は塩分の過剰摂取が原因で発症することが多いので、体内から排出するためにもレモンに含まれるカリウムを摂る必要があります。

そして、酢には血液の流れを改善して血圧を低下させる作用があるので、レモン酢を飲んで高血圧を予防しましょう。

骨粗しょう症

カルシウムは骨の健康を維持する働きがあるので、不足すると骨粗しょう症になるリスクが大幅に上昇します。

病気を予防するためには、カルシウムの吸収率を上げるクエン酸の働きが必要になるので、普段の生活にレモン酢を取り入れましょう。

ウイルス性の病気

レモンに含まれるビタミンCは、免疫力を上げてウイルス性の病気を予防する効果があるので、レモン酢は風邪を引きやすい方に最適です。

また、アレルギーの原因であるヒスタミンを抑える効果があるので、花粉症の症状も緩和も期待できます。

ウイルス性の病気は年代関係なく起こりますが、高血圧や骨粗しょう症は年を取ると発症リスクが高まるので、早い内から対処をしておく必要があります。


3 レモン酢ダイエットの基本的な方法


レモン酢ダイエットのやり方は色々ありますが、初めて行うときは基本を守って、飽きてきたら継続するためにも色々な摂取方法を実践することが大切になります。

レモン酢ダイエットの3つの基本

基本的な飲み方

レモン酢は酸っぱい食べ物の組み合わせのため、苦手な方はなかなか飲むことができません。

そのため、まずは自分が飲める薄さになるまで水やお湯を入れて、少しずつ飲みながら丁度良い濃さに調節することが大切です。

摂取量

レモン酢の適切な摂取量は10cc~30ccになるので、1回あたり大さじ1杯分ぐらいを水やお湯に入れて割りましょう。

飲むタイミング

レモン酢の効果が発揮される最適なタイミングは毎食後で、食前に飲んでしまうと食欲促進の作用が働いてダイエットの妨げになります。

レモン酢ダイエットで痩せるためには、摂取量と飲むタイミングが非常に重要になるので、成功させるためにも守り続けてくださいね!



4 ダイエット効果が期待できる色々な摂取方法


ダイエットは長く続けていると飽きてきてしまうので、気分を変えるためにも色々な方法を試して継続させることが重要です。

レモン酢の4つの摂取方法

割らずに飲む

酸っぱいものが苦手な方は難しい方法ですが、大さじ1杯分をそのまま飲むことで新鮮な気分になるのでダイエットが継続しやすくなります。

牛乳割り

カルシウムも吸収したいときは牛乳に入れて割るのがおすすめで、水やお湯よりも口当たりが柔らかくなって飲みやすくなるので実践してみてください。

紅茶に入れる

レモン酢を紅茶に入れると、レモンティーのような味わいになるので、紅茶を飲む習慣がある方は試してみましょう。

調味料に混ぜる

レモン酢を調味料に混ぜてドレッシングを作ると、サラダのようなヘルシーな料理に使えるので継続するためにも実践することが大切です。

レモン酢はそのまま飲んだり、飲み物に入れたりしてもダイエット効果が期待できるので、過剰摂取にならない程度に加えてみてくださいね!


5 レモン酢を飲むときの注意点とは?


レモン酢を飲むと色々な健康、ダイエット効果を得られますが、取り入れるときは注意点も確認して体の不調を防ぎましょう。

レモン酢を飲むときの3つの注意点

空腹時を避ける

空腹時にレモン酢を飲むと、強い酸性で胃や内臓を痛めてしまうので、事前に食べ物を食べてから取り入れましょう。

過剰摂取

レモン酢を過剰摂取すると胃や腸を荒らしてしまうので、適量を守って体の健康を守ることが大切になります。

また、レモン酢を割らずにたくさん飲んだときに何らかの異常が現れたら、悪化する前に摂取を止めましょう。

歯磨きを忘れずに行う

酢は歯のエナメル質を溶かす性質があるので、成分が長い時間付着したままにしないように、忘れずに歯磨きを行う必要があります。


レモン酢を飲むと得られる様々な健康効果と、ダイエットを成功させられる活用方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

レモン酢によって得られる効果には血流の改善や疲労回復などがあるので、何らかの症状が現れている方はレモン酢を取り入れてみましょう。

また、高血圧や骨粗しょう症などの病気の予防もできるので、いつまでも健康的な体を維持したい方も飲むことが大切になります。

そして、レモン酢はダイエットにも効果があり、毎食後に大さじ1杯分ぐらいを飲むと、健康を害することなく痩せることができます。

ただし、レモン酢を飲むときは注意点も確認しないと、胃や内臓などが荒れてしまうので、適切なタイミングで取り入れてくださいね!

まとめ

レモン酢に秘められた4つの効用効果とダイエット実践3つのコツ

1 レモン酢を飲むと、血流改善や便秘解消などの健康効果を得られる
2 高血圧や骨粗しょう症、ウイルス性の病気を予防が期待できる
3 正しい飲み方は、毎食後に大さじ1杯分のレモン酢を水やお湯に入れて飲む
4 レモン酢を直接飲んだり、牛乳と割ったりすると飽きずに続けられる
5 空腹時や過剰摂取を避けて、飲んだ後は歯磨きをしっかり行うことが大切


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext