脱水症状時の頭痛は危険!即やるべき対処法5つ

脱水症状時の頭痛は危険!即やるべき対処法5つ

脱水症状と聞くと、水を飲めばそれで治ると思うかもしれませんが、単に体内の水分が足りなくなっているだけではないのです。

頭痛から更に症状が重くなると命の危険まである怖いものなのです。

そこで今回は脱水症状についての知識と頭痛になってしまった際の対処法や予防方についてご紹介します!


脱水症状時の頭痛は危険!即やるべき対処法5つ


1 脱水症状が原因で頭痛が起こるメカニズム


「なんだかのどが渇いたなあ・・・」

そう思った時は、すでにあなたの体内の水分のうち、約3%が失われています。

そして更に、体重の4%~5%の水分が体内から失われると頭痛や嘔吐などの症状が出てきます。

体重の水分量が20%減少すると、死に至る可能性があります。

脱水症状とは、体内から水分が減少することが原因となって起こる症状ですが、水分だけではなく、体液中にある電解質(イオン)が不足することも関係しています。

電解質(イオン)が不足すると、脳から筋肉を動かす信号がうまく伝わらず、腕や足などがけいれんを起こし、水分が足りないことで血液がドロドロで濃くなり、循環がうまくいかなくなります。

ですが、脳には血液が必要なので、脳内の血管を拡張させて血液を循環させようとするので、その際に、頭痛が起こってしまうのです。

更に症状がひどくなると嘔吐などを引き起こすこともあります。

脱水症状時に頭痛が起こるメカニズムを知っておくことは、脱水症状の予防にも有効ですので、覚えておいてくださいね。


2 頭痛になってしまったら?その時やるべきこと


のどが渇いた時点で、水分を補給するのが理想的ですが、対処できずに頭痛が起こってしまった時には、まず安静が大切です。

暑い場所にいる場合は涼しいところにすみやかに移動し、発汗を避けるようにしましょう。

そして脱水症状から回復するためには水分とミネラル補給が必要です。

その時と場合によって手に入るものが違うと思いますので、いくつか対処方法をご紹介します。

脱水症状で頭痛が起こった際の対処法

  • ナトリウムやカリウムなどミネラル分を多く含んだミネラルウォーターを飲む
  • 熱中症などにも効き目のある塩飴を食べてミネラルを補う
  • スポーツドリンクを飲む
  • 電解質と糖質をバランスよく配合している経口補水液を少しずつ飲む
  • それでも頭痛が治まらない場合は病院に行って点滴をしてもらう

対処法をご覧になっていかがでしょうか?

脱水症状は夏や冬など、季節に関わらず起こるもので、子どもや高齢者にも多く見られます。

周囲の人が脱水症状になる場合にも対処方法を知っていたら安心ですね。

実際に自分や周りの人が脱水症状で頭痛になってしまったときは、焦らずに落ち着いて症状を判断して対処してくださいね!


3 脱水症状時の頭痛に市販の頭痛薬を飲むのはNG


一般的な頭痛の症状が起こった際には、市販の頭痛薬を飲むのが普通ですが、脱水症状時に頭痛薬を飲むのはどうでしょうか?

結論から言うと、一時的に頭痛の症状を抑えることは可能ですが、根本的な脱水症状の原因を取り除くことが出来ていませんので、頭痛が治まったと思っても、また症状がぶり返してしまいます。

むしろ、脱水症状に対しての対処をしなかったことで、症状がひどくなり、危険な状態になる可能性がありますので、注意が必要です。

脱水症状時の頭痛には、頭痛薬を飲むのではなく、水やミネラル分を摂取して脱水症状から根本的に治す必要があると覚えておいてくださいね。


4 脱水症状時の頭痛を放置すると深刻な病気になる可能性


脱水症状時の頭痛をそのまま放置していると、もっと深刻な症状になる可能性があります。

脱水症状が重度になると、血液中の水分が減少で、血がドロドロの状態になり、うまく酸素や栄養が体に供給されなくなり、めまいや立ちくらみがしたり、心臓がドキドキして、息が苦しくなり、意識が朦朧とすることもあります。

そしてもっと血液がドロドロになると血栓ができ、出来た血栓が脳内で詰まると脳梗塞、心臓で詰まると心筋梗塞になるおそれもあります。

重度になると死に至る可能性も有りますので、脱水症状には、早めの対処が必要と覚えておいてくださいね。


5 知っておくべき脱水症状にならないための予防法


脱水症状で頭痛になってしまった際の対処方法よりも更に大切なのは、普段から事前に脱水症状にならないように予防することです。

ご説明した通り、脱水症状は体内から水分が失われることだけではなく、電解質(イオン)の不足が大きな原因となり症状が引き起こされます。

日常生活で、日々、水分とミネラルをきちんと摂取することが必要です。

脱水症状を予防するためにオススメの食べ物

  • 夏はスイカ、キュウリ、ナス
  • 冬はホウレンソウ、小松菜、リンゴ
  • ほうじ茶や白湯などのカフェインをあまり含まない飲み物

カフェインは利尿作用がありますので、コーヒーや緑茶の飲み過ぎは脱水症状の引き金となることがあります。

また、アルコールも利尿作用がありますので、飲み過ぎはNGです。

その他、季節に関係なく、水分補給をこまめにすることも忘れないようにして下さい。

体調が悪い際には、脱水症状にもなりやすくなりますので、日々の生活を規則正しく送ることが脱水症状になる可能性を低くしてくれます。

しっかり食事をし、よく眠ることも脱水症状の予防に効果的なことを覚えておいてくださいね。


さて、『脱水症状時の頭痛は危険!即やるべき対処法5つ』はいかがでしたか?

脱水症状で引き起こされる頭痛は、脳腫瘍などの重大な疾患につながる恐れもあります。

また季節や年齢関わらずかかりやすいものですので、正しい予防法と対処法を知って、ぜひ日常生活に取り入れるようにしましょう!

まとめ

脱水症状時の頭痛は危険!即やるべき対処法5つ

1 脱水症状が原因で頭痛が起こるメカニズム
2 頭痛になってしまったら?その時やるべきこと
3 脱水症状時の頭痛に普通の頭痛薬を飲むのはNG
4 脱水症状時の頭痛を放置すると深刻な病気になる可能性
5 知っておくべき脱水症状にならないための予防法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext