ヤバい金属アレルギーによる肌異常の原因と対処法5ステップ

ヤバい金属アレルギーによる肌異常の原因と対処法5ステップ

金属製のアクセサリーをつけていると、全体的に引き締まってかっこよく見えますよね!

ただ、肌が弱い方は、肌が赤くなったりかゆくなったりしているのではないでしょうか?

肌が弱くてもかっこよくオシャレしたい方も多いはず!

そこで今回は金属アレルギーによる肌異常の原因と対処の方法を押さえて、オシャレを楽しむ方法をご紹介します!


ヤバい金属アレルギーによる肌異常の原因と対処法5ステップ


1 意外と知らない!金属アレルギーのメカニズム


金属アレルギーといっても、どのような原理で起こるかをきちんと理解していない方も多いのではないでしょうか?

原理をしっかり理解することで、肌トラブルへの対処もよりスムーズに行えます。

そこで、金属アレルギーのメカニズムについてご紹介します!

金属アレルギーのメカニズム

①つけている金属が、汗によって溶け出す
②溶けた金属がイオン化して体内に入り、たんぱく質と合体する
③でできたアレルゲンという物質に対して抗体を作る
④アクセサリーを付け続けることで、アレルゲンが発生し続け、抗体が肌を攻撃し続ける
⑤肌が赤くなり、かゆみがでてくる

汗で金属が溶け出すとアレルギー物質が生成されることがあるため、夏の汗をかく時期には、汗をこまめに拭く、直接金属を肌につけないなど気をつけましょう!


2 金属アレルギーが起こりやすい3つの金属


汗に溶け出しやすい金属はアレルギーになりやすいもの!

そうであれば金属アレルギーにならないためには、汗に溶け出しにくい金属を選べば良いのです!

そこで、汗に溶け出しやすい金属をご紹介します!

アレルギーになりやすい金属3種

・ニッケル
金属アレルギーの方で一番多いのがニッケツアレルギーです。
お金、食器、食品など多種多様なものに含まれているので、ニッケルアレルギーの方は一度周りのものを確認しましょう。

・コバルト
コバルトのイオン化した構造がニッケルと似ているため、ニッケルアレルギーの方の半分以上がコバルトアレルギーを持っている可能性が高いです。
ネックレスや磁石、電池に含まれますので、日常生活で使用するものにも注意です。

・クロム
クロムには3価と6価があり、6価がアレルギーを起こします。
メッキに使用される他、なめし皮の時計や靴にも入っているので金属以外の製品を選ぶ際にも注意が必要です。

クロムは台所のステンレスや包丁など、台所用品にも多く使用されていますので、金属アレルギーが心配な方は手袋をするなど細心の注意をするようにしましょう。


3 金属アレルギーになりにくい3つの金属


アレルギーになりやすい金属があれば、アレルギーになりにくい金属ももちろんあります!

積極的に選びたい!アレルギーになりにくい金属3種

・金
金は一番イオン化になりにくく、汗で溶けにくいので金属アレルギーになりにくいです。

・銀
銀も汗で溶けにくいので、金属アレルギーになりにくいのですが、金同様に純度に注意です。

・チタン
もっともアレルギーが少なく、イオン化しにくい金属です。

金、銀、チタン共に希少性が高く、値段も高いのが当たり前!

値段が安いものは、純度が低く他の金属が混じっている可能性が高いので、選ぶ際は注意するようにしましょう!


4 金属アレルギーの代表的な3つの症状


金属アレルギーといえば、皮膚が赤くなったりかゆくなったりすることが一般的な症状ですが、それ以外にも様々な症状が発生します。

金属アレルギーの代表的な症状

・ベルトのバックル、ボタンによるかぶれ
普段からつけているからこそ、アレルギーだとわかりにくいです。
夏場に赤くなり、汗疹と勘違いする方も多いため、何度か同様の症状がでてきた場合は一度身に着けている材質を確認しましょう。

・はさみなどの文房具
特に長時間文房具を使用している方、美容師や編集作業の方は要注意です。
手の赤み、かゆみが出る方が多いため、手袋をつけて使用する、アレルギーにならない材質を使うなど工夫しましょう。

・入れ歯によるアレルギー
入れ歯なので口腔内にのみ発生すると思う方も多いですが、全身に赤みや湿疹が発生する場合があります。
手の平、足の裏、腰などの部分に突然アレルギー症状が現れた際には、一度材質を確認して歯医者さんに相談しましょう。


5 金属アレルギーが発生した場合の対処法


金属アレルギーを軽く考えていると、皮膚荒れが進行して取り返しが付かなくなる可能性があります!

そこで正しい皮膚アレルギーの対処法についてご紹介します

早い対処が大事!皮膚アレルギーの対処法

・金属製のアクセサリーの着用を控える
アレルギーのような症状が発生したら、すぐにアクセサリーを外しましょう。
全身性のアレルギーの可能性もありますので、肌異常が発生した場所以外のアクセサリーも外して様子を見ましょう。

・自己判断で薬剤を使用しない
薬局にいくとかぶれの際に使用する軟膏が売られていますが、軟膏にも金属製のものが含まれている可能性があります。
症状を悪化させる場合があるので、自己判断で薬剤は使用しないようにしましょう。

・すぐに布で保護する
アレルギーが発生した部分をそのままにしておくと、布や物にぶつかった際に悪化してしまう可能性があります。
ガーゼで優しく包む、包帯でゆるめに巻いておくなどして保護しましょう。


さて、『ヤバい金属アレルギーによる肌異常の原因と対処法5ステップ』はいかがでしたか?

なかなかアレルギー症状が良くならない場合には、やはり皮膚科で診てもらうのが解決への近道です!

皮膚科の中には、アレルギーのパッチテストを受けられるところもありますので、自分がどの金属でアレルギーが発生するかをこの際知っておくと良いかもしれません!

ぜひ金属アレルギーを防いで、オシャレを楽しむようにしてくださいね!

まとめ

ヤバい金属アレルギーによる肌異常の原因と対処法5ステップ

1 意外と知らない!金属アレルギーのメカニズム
2 金属アレルギーが起こりやすい3つの金属
3 金属アレルギーになりにくい3つの金属
4 金属アレルギーの代表的な3つの症状
5 金属アレルギーが発生した場合の対処法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext