自宅でIラインのお手入れをするための5ステップ

Twin Peaks Round Rock Bikini Car Wash

一昔前と比べると、デリケートゾーンのお手入れをしている女性は多くなりました。

一方でIラインに関しては、粘膜に近く、とても繊細な箇所でもあるため、どうやってお手入れをしたらいいのか、、、と悩むところではないでしょうか?

適切な処理を行わないと、色素沈着や毛穴の炎症などトラブルを起こす可能性も高いため、十分な知識が必要です。

そこで今回は、脱毛サロン等に頼らなくても、自宅でIラインのお手入れを成功させる方法をご紹介します。


自宅でIラインのお手入れをするための5ステップ


ステップ1 Iラインのお手入れ前に決めよう!処理方法と道具


Iラインのお手入れをしよう!と思ったら、すぐに実践をするのではなく、どうやって処理を行うのかを決めることから始めましょう。

まず下着を着用してみて、Iラインのむだ毛面積をどの位減らすのか、また、長さを何センチカットしたら下着からはみ出ないのかを確認します。

次にお手入れ道具についてですが、それぞれのメリットとデメリットを把握した上で、使うものを決めましょう。

手軽な処理道具とメリットデメリット

ハサミ

【メリット】長さを整えるのに便利
【デメリット】毛先が鋭くなってしまい下着などから突き抜けるリスクあり

毛抜き

【メリット】抜いてしまうからしばらくの間スッキリとした状態を保てる
【デメリット】慣れるまでの痛みが激しく、下手すると毛穴から雑菌等が入り炎症の恐れあり

ヒートカッター

【メリット】毛先が丸みを帯びていてチクチクしない・安全
【デメリット】アンダーヘア自体は残ったまま

カミソリ(T字カミソリを含む)

【メリット】処理をしたときはキレイに見える
【デメリット】安全設計であっても危険を伴う、見えない傷をつけることも多く、後々炎症の原因に

デリケートゾーン用電動シェーバー

【メリット】安全性が高い、比較的キレイに仕上がる
【デメリット】剃るだけなのですぐに生えてくる

安全面や肌トラブル等を考慮すると、ハサミ、ヒートカッター、電動シェーバーの併用が、初心者の方にでも実践しやすいですよ。


ステップ2 Iラインのお手入れを始める前にやっておくべきこと


安全かつお手入れをスムーズに進めるためには、Iラインの処理を始める前に、事前準備を行いましょう。

やるべきことは以下2点です!

Iライン処理をスムーズに進めるための事前準備

  • 入浴して清潔にしむだ毛を柔らかくする
  • 長い毛をハサミでカットする

好みによりますが、通常Iラインの外側は、なくしてしまう方がキレイです。あとで処理をする際、毛の巻き込み等を防ぐために小さなハサミを使って短くカットしましょう。

Iラインの内側つまり粘膜に近い部分は、トラブルを防ぐためにも、むだ毛を残す方がよいため長めにしておきます。

ハサミだからといって気を抜かずに慎重に行いましょう。

また見にくい場所でもありますので、鏡を上手に活用し、視力の悪い方はコンタクトレンズや眼鏡をつけたまま事前処理をしましょう!


ステップ3 細心の注意が必要!Iラインのお手入れ方法


自宅でのIライン処理を安全かつトラブルを最小限にするためには、デリケートゾーン用のヘッドが小さめな電動シェーバーとヒートカッターを使うのがお薦めです。

Iラインお手入れに必要な道具

  • 電動シェーバー
  • ヒートカッター
  • タオル
  • ウェットティッシュ
  • デリケートゾーンに使える低刺激のシェービングフォーム(ジェル可)
  • 手鏡
  • 毛抜き

電動シェーバーは、2,000円台から5,000円台で、ヒートカッターは1,000円台から3,000円台で購入することができます。

電動シェーバーが手元にないからと、お家にある男性用のT字カミソリを使うと、肌荒れやカミソリ負け、そして傷や出血を伴うこともあるので、必ず電動シェーバーを使うようにしましょう。

それではIラインの正しい処理手順をご紹介します!

リスクを減らす!Iラインの正しい処理方法

①デリケートゾーンをお湯でキレイにして、タオルでよく水気を取って乾かしておく
②デリケートゾーンに使える低刺激のシェービングフォームやジェルを適量Iラインに塗る
③電動シェーバーを持っていない方の手で皮膚を外側に引っぱり、面積を減らしたい部分を電動シェーバーで剃る
④Iラインの粘膜に近い部分を、ヒートカッターで好みの長さにカットする
⑤処理後はお湯でよく洗い流してタオルで水気を拭き取る
⑥低刺激のローションやクリームを塗って完了!

気をつけてほしい点は、シェービングフォームの塗り過ぎ!なぜならIラインが見えなくなり危険だからです!

電動シェーバーは、皮膚にほぼ直角に当て強く押し当てないように使うと、皮膚への負担が少ないです。

粘膜部分のむだ毛の長さは2〜3cmにすると、下着などから、はみ出ることはないですよ!


ステップ4 これだけは守りたい!Iライン処理における注意点


Iラインのお手入れをするにあたり、肌トラブルを最小限に抑えるために4つの注意点をご紹介します!

Iラインのお手入れにおける4つの注意点

生理前や生理中の処理は避ける

この時期はいつも以上に身体が敏感になっているため、刺激を与えないようにしましょう。

疲労時や体調がすぐれない時は避ける

免疫力が下がると、ちょっとしたことで肌トラブルの原因となります。

処理後すぐに海やプールに行かない

慎重に手入れをしても、処理後の肌は敏感です。海などに行く場合は、少なくとも前日の夜までに処理を済ませておきましょう。

使用する道具はいつも清潔に

道具は清潔なものを使います。また1〜2年に1回を目安に、電動シェーバーの刃を交換しましょう。

正しく処理をしたつもりでもトラブルが起こってしまった場合は、1人悩まず病院に行くようにしましょう!


ステップ5 毛質の改善に効果的!抑毛ローションの作り方


自宅でIラインのお手入れと言うと、長さのカットや除毛が主となりますが、時間がかかってもいいから毛質を柔らかくしたい、細くしたい、薄くしたいという方にピッタリなのが、抑毛ローションです!

アンダーヘアは、他の箇所と比べて剛毛であることが多いため、毛質の改善が期待できるのと、肌荒れのリスクが他のお手入れ方法よりも少ないことがメリットです。

デリケートゾーンに使える市販の抑毛ローションは、3000円前後から手に入りますが、長期間使い続ける必要がありコストもかかるため、手作りしてしまうのも1つの方法です。

そこで、全身に使うことのできる抑毛ローションの作り方をご紹介します!

毛質改善にピッタリ!抑毛ローションの作り方

材料

  • レモン:2個
  • 無調整豆乳:1/2L
  • 消毒用エタノール:大さじ4

作り方

①レモンを水洗いして半分にカットし、果汁を絞る
②豆乳を鍋にいれ弱火かける
③ゆっくりとかき混ぜながら60〜65℃になるまで加熱する
④レモン汁を③に加えて、小さな塊がポロポロと出来るまでかき混ぜる
⑤火から鍋をおろし、エタノールを加える
⑥ボール、ざる、布巾、キッチンペーパーの順に重ね、⑤をこして出来上がり!

ローションは冷蔵庫で約1ヶ月保存可能です。多めに作ったときは冷凍庫で半年まで保存ができ、使う際に冷蔵庫にて自然解凍をします。

毎日朝と夜2回、気になる箇所に塗ります。2〜3回重ねづけをしましょう。Iラインの処理のあとに、この抑毛ローションを塗ると効果大ですよ!


さて、『自宅でIラインのお手入れをするための5ステップ』はいかがでしたか?

イヤな臭いや生理中の不快感などを軽減できたり、雑菌の繁殖を抑えることができたりと、衛生面のことを考えると、お手入れを出来る範囲で行う方がいいでしょう。

ただ、今回ご紹介しましたようにIラインは非常にデリケートな場所ですので、処理を行う時期や手段を明確にしてから、実践することが大切です。

抑毛ローションを上手に活用して、徐々にお手入れの頻度を少なくすることを目指していきましょう!

まとめ

自宅でIラインのお手入れをするための5ステップ

ステップ1 Iラインのお手入れ前に決めよう!処理方法と道具
ステップ2 Iラインのお手入れを始める前にやっておくべきこと
ステップ3 細心の注意が必要!Iラインのお手入れ方法
ステップ4 これだけは守りたい!Iライン処理における注意点
ステップ5 毛質の改善に効果的!抑毛ローションの作り方


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext