【厳選】食べて脂肪を燃やす!超おすすめな食べ物飲み物5選

【厳選】食べて脂肪を燃やす!超おすすめな食べ物飲み物5選

食べるだけで痩せる食べ物、、、そんな食べ物なんてある訳ないと思っていませんか?

実は、高級食材ではなく、ごく身近にある普段から食べている食材にも、ダイエット効果のある成分が豊富に含まれる食材があるのです。

既にある体脂肪を燃焼させるだけではなく、新たな脂肪の蓄積を抑える効果のある食材もあり、ダイエットから体型維持まで、目的に応じて活用できます。

さらに、ダイエット効果以外にも様々な健康・美容効果を持つものが多く、1種類取り入れるだけでも、たくさんの効果を期待できますよ。

そこで今回は、「できれば運動はしたくない、、、」そんな忙しい方のために、食べて脂肪が燃える食べ物をお伝えします。


【厳選】食べて脂肪を燃やす!超おすすめな食べ物飲み物5選


2 脂肪燃焼と満腹感のダブルの効果が期待できるグレープフルーツ


柑橘類の香りには、食欲を抑える効果があると聞いたことのある方は、多いのではないでしょうか。

柑橘類をはじめとするフルーツは、美肌効果のあるビタミンCが豊富であることから、美容のために積極的に摂取したい食材です。

柑橘類の中でも、特にグレープフルーツはダイエット効果が高いと人気で、グレープフルーツダイエットというダイエット法もあるほどなのです。

グレープフルーツの成分と効果

クエン酸

糖や脂肪の代謝をスムーズにして、血流を改善し、基礎代謝をアップさせます。

ナリンギン

グレープフルーツの苦み成分で、果皮付近に多く含まれます。
脂肪の分解を促し、血中の脂肪酸を分解してくれます。

リモネン

果皮に含まれる香り成分の一種です。
香りを嗅ぐだけで副交感神経の働きが高まり、リラックスすることができます。

ヌートカトン

リモネンと同様に、柑橘類に含まれる香り成分の一種で、交換神経に作用します。
脂肪分解酵素・リパーゼの分泌量や、脂肪の燃焼を助けるタンパク質の生成量が増え、エネルギーが消費されやすくなります。

グレープフルーツには、脂肪の燃焼やエネルギーの消費を促進してくれる成分が含まれています。

また、低カロリーでコレステロールも含まれていませんので、ダイエット中でも安心して食べることができますよ。

さらに、グレープフルーツだけでは摂取できない、脂質代謝に欠かせないビタミンB2、便秘解消効果のある食物繊維などを他の食材から摂取すれば、グレープフルーツのダイエット効果がアップします。

特におすすめなのは、シリアルやプレーンヨーグルトとの組み合わせで、簡単に作れますし、腹持ちも良いので朝食に最適です。

一方、薬を服用している方は、グレープフルーツの摂取を控えた方が良い場合もありますから、医師や薬剤師に相談してみてくださいね。

くれぐれも食べ過ぎには注意して、グレープフルーツを上手に取り入れてみましょう。


2 デトックス効果が期待できるスパイス


料理に欠かせないスパイスの中には、脂肪燃焼効果があるもの、発汗作用を向上させて基礎代謝を上げてくれるもの、体内の余分な老廃物の排出を手助けしてくれるものなど、ダイエットの味方になってくれるものがたくさんあります。

そんなスパイスの中でも、日ごろからよく使うものをピックアップしてみてみました。

ダイエットにデトックスに効果のあるスパイス

クミン

カレーを連想させるスパイシーな香りが特徴の、セリ科の香辛料で、新陳代謝を活発にし、脂肪燃焼を促します。
高い抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEを含み、アンチエイジングや美肌効果も期待できます。

シナモン

中性脂肪やコレステロール値、血糖値を低下させ、太りにくい体をつくります。
毛細血管の強化と血行促進作用があり、冷え症やむくみ、皮膚や髪の老化を予防します。
トマトとの相性が良いので、トマト料理にプラスするのもおすすめです。

ブラックペッパー

ブラックペッパーには、豊富なビタミンやミネラルが含まれおり、摂取すると体が温まり冷え性が改善、基礎代謝もアップします。
辛味成分であるピペリンには、消化・吸収を助けたり、血流を促進したりする働きがあります。
また、このピペリンには脂肪の燃焼を促し、脂肪の蓄積を抑える働きもあり、ダイエット効果もあります。

生姜

生姜に含まれるショウガオールには、血液循環をスムーズにする働き、そして血流の改善によって、冷え性改善、脂肪燃焼効率アップ、基礎代謝アップなどの効果が期待できます。
また、ショウガオールには抗酸化作用や抗炎症作用があるため、若々しく健康な体づくりに役立ちます。

唐辛子

辛味成分であるカプサイシンには、リパーゼの分泌を促し、脂肪の燃焼を活発にする作用があります。
また、発汗作用によって代謝がアップし、エネルギーが消費されやすくなり、さらに、老廃物の排出を促す作用があるため、デトックス効果も期待できます。

普段何気なく使っているスパイスには、実は、たくさんの健康・美容効果、ダイエット効果があるのです。

それぞれのスパイスの特徴を知ると、今まで使ったことのないスパイスにも挑戦してみたくなりますよね。

スパイスの風味と効果を普段の料理にプラスして、ダイエット効果を高めましょう。


3 肥満撃退に毎日食べたいりんご


りんごには、胃腸の働きを活発にしてくれるクエン酸、そしてりんご酸が含まれています。

さらに高血圧に効果のあるカリウム、コレステロールを排出してくれるペクチンなども豊富で、胃腸の働きや血流を改善する効果もあるのです。

りんごを食べて得られる体にうれしい効果

抗酸化作用

りんごに含まれるポリフェノールが、老化の原因になる活性酸素の発生を抑えてくれます。

コレステロールの減少効果

りんごに含まれる水溶性食物繊維が、塩分やコレステロールを吸着して体外へ排泄してくれます。

便秘解消効果

食物繊維たっぷりのりんごの整腸作用は、便秘解消効果があります。

りんご1個のあたりのカロリーは約150キロカロリーですが、りんごは食べ応えがありますから、ちょっとお腹が空いた時におやつの代わりに食べるのにおすすめです。

また、季節を問わず店頭に並んでいますので、一年中健康効果をゲットできますよ!



4 脂質の吸収を穏やかにしてくれる海藻


海藻は、低カロリーなのに亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富に含まれ、基礎代謝を高め、血糖値の上昇や脂肪吸収を抑える効果もある万能食材です!

海藻を上手に摂取する方法

サラダ

生野菜サラダに海藻をトッピングすれば、海藻のミネラルと野菜のビタミンを同時に摂取でき、基礎代謝がアップします。

味噌汁

味噌汁の具に、豆腐のたんぱく質と併せて海藻を入れれば、栄養価が増します。
体内の余分な脂肪も排出してくれます。

酢の物

お酢には血糖値の急激な上昇を抑えてくれる働きがあり、海藻には体への脂質の吸収を抑える働きがあります。

海藻の栄養素を余すことなく摂取するコツは、しっかり噛んで食べることですので、ぜひ覚えておいてくださいね!

いつもの料理に海藻をプラスするだけでOKですから、乾燥わかめなど気軽に使える加工品を活用し、毎日食べることを心がけましょう。


5 カフェイン摂取で効率よく脂肪を燃焼させる


カフェインを多く含むコーヒーや緑茶などのドリンクには、体内の脂肪を燃焼させて分解する効果があります。

カフェイン入りドリンクを選ぶ際には、ノンシュガーで余計なものが入っていないものを選ぶようにしてくださいね。

脂肪燃焼に効果的な1日あたりの摂取量は、コーヒーや緑茶であれば1杯200cc換算で3杯~6杯です。

これ以上飲むと、胃腸に負担がかかったり、夜眠れなくなったりするなどの影響が出るため、注意するようにしましょう。


ダイエット中は、糖質を含む炭水化物の適量の摂取を心がけ、ビタミンやミネラルを含む食材を意識して摂取して、エネルギーが消費されやすい、痩せやすい状態に整えていくことが大切です。

さらに、脂肪が蓄積されにくい食生活、有酸素運動やストレスを軽減する生活習慣を実践し、心身の健康を維持しながら、ダイエットに取り組んでくださいね。

今回の内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

【厳選】食べて脂肪を燃やす!超おすすめな食べ物飲み物5選

1 脂肪燃焼と満腹感のダブルの効果が期待できるグレープフルーツ
2 デトックス効果が期待できるスパイス
3 肥満撃退に毎日食べたいりんご
4 脂質の吸収を穏やかにしてくれる海藻
5 脂肪を燃焼させるカフェイン入りドリンク


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext