ニキビが治らない女子がやっている5つの間違った対策

ニキビが治らない女子がやっている5つの間違った対策

ニキビに効く洗顔料や薬を使ってもなかなか治らないと悩んでいる方は、対策方法そのものが間違っている場合があるので注意しましょう。

ニキビは間違った対策法を行っていると余計に悪化するだけでなく、新しくできたりニキビ跡となって残ったりしてしまうので、今の自分が行っている方法を見直すことが重要になります。

特に、洗顔方法はニキビの発生率を左右するので、間違った洗い方をしていないか確認をして、炎症が悪化する前に正しい対策法を取ることが大切です。

そこで今回は、ニキビが全然治らない女子がやっている間違った対策をご紹介します!


ニキビが治らない女子がやっている5つの間違った対策


1 一番間違えやすいニキビケアとは?


ニキビが全然治らないという方はケア方法が間違っている場合が多く、正しいお手入れをすることで改善に向かう傾向があります。

そして、お手入れ方法で一番勘違いしやすいのが洗顔方法で、ニキビが治らない方は汚れを落とそうとしてゴシゴシと力強く行っている場合がほとんどです。

ニキビは洗い過ぎると悪化していくので、洗顔時のポイントを抑えて今の洗い方を見直しましょう。

洗顔をするときに気を付けたい2つのポイント

ゴシゴシ洗わない

ニキビができていると顔が汚い状態だと思って、何度も力強く長い時間かけて洗ってしまいますが、必要な皮脂まで洗い流すので注意しましょう。

洗顔によって大量の皮脂が流されると、補うために過剰分泌してしまうのでニキビができやすくなります。

そして、ニキビを治そうと更に洗顔回数を増やしたり、洗浄力が強い洗顔料を使ったりしていると更に皮脂が分泌されるので、治らないと悩んでいる方は洗顔方法を見直しましょう。

洗い残しを残さない

顔を洗った後に洗い残しがあるとニキビができやすくなるので、毎回サッと流しているという方はじっくりと鏡を見て泡が残っていないか確認をすることが大切です。

特に、Uゾーンはしっかり流さないと残っている確率が高いので、急がず丁寧に洗うようにしましょう。

ニキビが治らない原因の大半は、普段の洗顔方法が間違っていることのため、いつまで経っても治らないと悩んでいる方は一度やり方を確認してみてくださいね!


2 洗顔後のお手入れ方法


洗顔後はどんな肌の方でも保湿が非常に重要になるので、「オイリー肌だから保湿はしていない」という方は今すぐ考えを改める必要があります。

ニキビができる原因のほとんどは乾燥で、正しい洗顔方法を行っていても保湿を怠っていたら、肌を潤すための皮脂が過剰分泌されます。

そして、オイリー肌の原因も乾燥による物のため、ニキビが治らないという方は十分な保湿を心がけましょう。

肌の保湿をするときの3つのポイント

・汚い手で顔を触らない
・乳液やクリームを馴染ませるように肌に乗せる
・洗顔後はあまり時間をおかない

保湿をするときは、ゴシゴシと塗らず優しく包み込むように馴染ませると、肌への刺激が少なくなるのでニキビ対策になります。

他にも、手の綺麗さや洗顔後の時間もニキビ対策には必須になるので普段の保湿方法を見直してみてくださいね!


3 ニキビケア用品の選び方


ニキビが治らないと悩んでいる方は、使っているケア用品が原因である場合があり、肌質に合わせた物を選ぶことが重要になります。

特に、敏感肌の方は専用のケア用品を選ばないと、ニキビや肌荒れの元となるので購入するときは、自分でも使えるかを確かめるためのパッチテストを行うことが大切です。

そして、ケア用品に含まれている成分の確認も必須で、おすすめの成分がビタミンC誘導体になり、綺麗な肌に必要なビタミンCを効率よく浸透させることができます。

ビタミンCはニキビだけでなくシミやしわの予防にもなるので、なるべくビタミンC誘導体多めに配合されているケア用品を選びましょう。

また、様々な効果を得られる物よりニキビケア専用の商品の方が期待できるので、ケア用品を購入するときの参考にしてみてください!



4 ニキビを潰すケアが厳禁である理由


ニキビができたとき、あまりにも目立つので潰してしまったという経験ありませんか?

潰した直後はあまり肌に影響があるようには見えませんが、癖になって何度も潰しているとニキビ跡になって後悔することになります。

特に、自己流で潰すと悪化するので、どうしても気になるようであれば皮膚科へ行って対処してもらうことをおすすめします。

そして、潰したニキビに菌が入らないように手を清潔にしたり、消毒をした針で潰そうとしたりする方も、今後は弄らないようにする必要があります。

手はいくら綺麗にしても爪に雑菌が残っている場合が多く、最初は大丈夫でも何回も続けていると全く治らないという状況が出来上がるので、なるべく触らないようにすることが大切です。

また、消毒した針であっても刺激によって悪化したり、傷ができて治りが更に遅くなったりするので、できるだけ潰さないようにして正しいケア方法を行いましょう。

できたニキビを触らないように意識して、毎日正しい洗顔と保湿を行っていれば徐々に治っていくので、潰してしまう癖がある方は早めに直してくださいね!


5 生活習慣の中にあるニキビの原因


ニキビは洗顔方法や保湿不足、潰してしまうといったことが原因の大半ですが、普段の生活習慣が悪いと治りにくくなるのですぐに改善しましょう。

ニキビを悪化させないために意識したい3つの生活

ストレス

ストレスは職場や人間関係など様々な出来事が要因で溜まり、解消できないまま過ごしているとホルモンバランスが崩れて、ニキビの原因となる皮脂が過剰分泌されます。

そのため、ニキビが治らないと悩んでいる方は多大なストレスを抱えていないかの自覚と、発散する方法を考えることが重要です。

最も簡単に解消する方法は、定期的に好きなことをするのが一番になるので、洗顔や保湿のやり方などに問題がないときはストレスを疑いましょう。

睡眠

睡眠もニキビを治すためには重要で、肌は寝ているときにたくさん分泌される成長ホルモンによって生まれ変わります。

成長ホルモンの分泌量が少ないとニキビの治りが遅くなるので、夜更かしをせず早めに寝る習慣を身に付けましょう。

食事

偏った食生活は肌の健康だけでなく、体調面にも関わってくるのでバランスを考えた食事を摂ることが重要になります。

そして、ニキビを改善するためにはビタミン類の存在が必要不可欠のため、肉類や野菜などを積極的に食べましょう。

ニキビは生活習慣の間違いでも発生するので、睡眠や食事の改善はもちろんストレスも溜めないように発散することが大切です。

規則正しい生活にすると、ニキビの治りが早くなる上に予防にもなるので、何ヶ月経っても治らないと悩んでいる方は生活習慣を見直してみてくださいね!


ニキビが治らない方は対策方法に問題があることが多く、特に洗顔は非常に間違えやすいので注意が必要です。

洗顔は何回もゴシゴシと擦らず、優しく包み込んであげることが重要になるので、今までの方法を見直しましょう。

そして、洗顔後の保湿をしっかり行うのはもちろん、ニキビを触って潰さないようにすることも治すためには必須のため、顔を弄るのが癖になっている方は意識して改善することが大切です。

更に、睡眠不足や食事の偏り、ストレスの抱え過ぎなどもニキビが治らない原因となるので、治療には関係ないと思わず早めに改善してくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

ニキビが治らない女子がやっている5つの間違った対策

1 一番間違えやすいニキビケアとは?
2 洗顔後のお手入れ方法
3 ニキビケア用品の選び方
4 ニキビを潰すケアが厳禁である理由
5 生活習慣の中にあるニキビの原因


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext