ダイエットに使える!青瓜の栄養価と効果的な摂取法6つ

ダイエットに使える!青瓜の栄養価と効果的な摂取法6つ

せっかく痩せるのであれば、綺麗に痩せたいと思う方が多いのではないでしょうか?

実は、今までにダイエットが成功しなかったり、痩せたけれど肌荒れに悩んだりした方には、青瓜を食べるのが効果的です!

そこで今回は、ダイエットに使える!青瓜の栄養価と効果的な摂取方法をご紹介します。


ダイエットに使える!青瓜の栄養価と効果的な摂取法6つ


1 青瓜ってどんな野菜なの?


青瓜は地域によっては、白瓜とも呼ばれていて瓜の仲間になります。

その表面は薄い緑色で熟してくると、実の部分が白くなることから白瓜とも呼ばれたり、漬物に使用されることが多いため、漬け瓜とも呼ばれています。

ウリ科なのでキュウリに似ていますが、果肉部分は水分が少なくて甘みも少なく、歯ごたえが良いのが特徴的です。

そして、青瓜の総称である瓜は、古くから栽培されていた歴史があり、縄文時代から栽培されていたと言われています。

収穫時期は早くて2月下旬で8月頃までで、旬の時期は5月から8月頃までです。


2 青瓜のビタミンKが血液や骨を丈夫にする理由


青瓜の栄養の中で、一番多く含まれているのがビタミンKで、血液中や骨に働き人の体に必要なものになります。

もし、ビタミンKが不足すると、怪我をしても出血が止まらなくなったり、骨が弱くなったりもします。

そこで、青瓜に含まれるビタミンKの主な働きをご紹介します。

ビタミンKの2つの主な働き

出血を止める

怪我などをして出血をする際に、表面が固まり止血する働きがあります。

止血をする際に必要なたんぱく質が肝臓で作られていますが、ビタミンK はタンパク質を作る働きを助けます。

歯や骨を丈夫にする

歯や骨は、カルシウムだけでなくビタミンKも重要で、骨を作る働きを助け、丈夫にします。

骨粗しょう症の治療にも使われているビタミンKは、歯や骨を作るのに必要な栄養素となります。

ビタミンKは腸で作られているので、普段の生活で不足することはあまりありませんが、ダイエットなどで栄養が偏ると、ビタミンKが不足する可能性があります。

そのため、上手に青瓜を摂取して、健康的なボディラインを手に入れましょう!


3 青瓜の葉酸の力で美肌になる理由


ダイエットで偏りがちになる栄養素は、バランスが崩れると体の中だけでなく、肌にも悪い影響が現れます。

そこで、青瓜に含まれている葉酸の働きが、ダイエットで栄養バランスが崩れ、肌荒れしやすい状態を防いでくれます。

葉酸の力で美肌になる3つの理由

新陳代謝の活性化

古い角質が剥がれ、新しい肌が生まれる作用がスムーズに行えるよう、肌の生まれ変わりを助ける作用があります。

血色が良くなる

葉酸には血液を作る働きがあり、新しく作られた血液によって、血流も良くなり全身に血液が行き渡るので、冷え性改善や顔色が良くなります。

粘膜の代謝が良くなる

粘膜の細胞を活性化する働きがあるので、腸内環境が良くなり、ニキビや肌荒れの改善が期待できます。

葉酸には新陳代謝が活性化し、血流が良くなるので自然と汗をかきやすい状態になりますので、ダイエットにピッタリな栄養素です!


4 青瓜のカリウムで脂肪燃焼する理由


断食や食べる量を減らしたり脂肪を燃焼させる運動をしたり、ダイエットは様々な方法がありますが、新陳代謝が悪いとダイエットは成功しません。

ダイエットをする際に大事なことは、体のめぐりと新陳代謝を良くすることです!

そこで、青瓜に含まれるカリウムにはダイエットに効果的な働きがあります。

カリウムと体のめぐりとの関係

むくみ解消

むくみの原因である塩分であるナトリウムを、尿と一緒に体の外に出す働きをします。

筋肉の働きを正常にする

カリウムの働きで筋肉や神経伝達を上手く行い、筋肉の動きをスムーズにします。

カリウムは体の中で作ることが出来ないミネラルで、人には必要なミネラルになります。

そのため、ダイエットに成功させたい方は、青瓜を摂取してカリウムを十分に補いましょう!



5 青瓜の食物繊維でお腹周りスッキリさせる


お腹周りは脂肪が付きやすく、ウエストラインが綺麗な体は憧れますよね。

しかし、ぽっこりお腹はどれだけダイエットをしても、解消することは難しいです。

もしかすると、ぽっこりお腹は便秘が原因の可能性もあります。

青瓜には、食物繊維が豊富に含まれているので、ぽっこりお腹の原因でもある便秘の解消にもなります!

そこで、青瓜で便秘を解消する効果的な摂取方法をご紹介します。

効果的に青瓜を摂取する2つの方法

水分を一緒に摂取する

便秘解消には食物繊維と水分が必要です。ジュースやコーヒーではなく、お茶や水を食事の時に一緒に摂りましょう。

適度な油分を摂取する

腸内で便の動きを良くするために、適度な油分が必要になります。油分はダイエットでは避けられやすいですが、全く摂らないのは便秘になってしまいます。

青瓜を炒め物などで食べると、腸の動きが良くなり便秘解消し、お腹がすっきりします。

無理なダイエットはせず、バランスの良い食生活で綺麗に痩せましょう!


6 青瓜を美味しく食べるダイエットレシピ


一般的に青瓜は、浅漬けや奈良漬けなどの漬物に多く使用されています。

もしも、サラダにする場合は、皮をむき薄くスライスして塩もみするだけで、簡単にいただくことができます。

そこで、ひと手間加えた美味しく食べてダイエットに効果的なレシピをご紹介します。

ゴマ油が香る青瓜のサラダ

用意するもの

  • 青瓜:1本
  • 塩:小さじ1
  • ネギ:10cmほど
  • ゴマ油:大さじ1
  • 唐辛子:お好みで

作り方

①青瓜を縦に切り種やわたを取り、皮の所々を薄く剥き、5mmほどにスライスする。
②塩を振り揉んで、10分ほど置き水気を切る。
③その間に、ネギをみじん切りにする。
④水気を切った青瓜をお皿に盛り、ネギとお好みで唐辛子を混ぜる。
⑤ゴマ油をフライパンで熱し、青瓜にかける。

青瓜は漬物のイメージが強いですが、サラダも美味しくいただけますので、ぜひ試してみてください!

7 漬物だけじゃない!青瓜は炒め物にもピッタリ

シャキシャキした歯ごたえは、食べごたえがありお腹に溜まりやすい青瓜ですが、飽きずに美味しく食べるには、アレンジして食べることが必要です。

さらに青瓜は生で食べるだけでなく、火を通しても美味しくいただけます。

そこで、青瓜のアレンジレシピをご紹介します。

やみつきみになる?!青瓜の簡単炒め

用意するもの

  • 青瓜:1本
  • ツナ缶:1缶
  • めんつゆ:大さじ3
  • 砂糖:大さじ2
  • 作り方

    ①青瓜を縦に半分に切り、種やわたを取り1cmほどにスライスする。
    ②フライパンに油をひいて、青瓜が透き通るまでじっくり炒める。
    ③砂糖、めんつゆ、ツナ缶を入れて馴染ませながら炒める。

    味が物足りないと感じたら醤油を少し足してみて、お好みで七味唐辛子を入れると、また違った味が楽しめます。

    時間がない時でも簡単に作れて、美味しく青瓜を食べられるので、ぜひ試してみてください!


    青瓜は、美しく痩せるために必要な栄養素が含まれていて、ダイエットで起こりがちな肌荒れを解消します。

    そして、しっかり噛んで食べることでお腹も膨れるので、ダイエットにピッタリです。

    漬物だけでなく、サラダや炒め物にアレンジできる青瓜は、煮物にも使えますので、色々アレンジして美味しくいただきましょう!

    そうすることで、肌荒れを防いで綺麗に痩せることができます!

    今回ご紹介した内容に関連する記事として

    も併せてご覧ください。

    まとめ

    ダイエットに使える!青瓜の栄養価と効果的な摂取法6つ

    1 青瓜ってどんな野菜なの?
    2 青瓜のビタミンKが血液や骨を丈夫にする理由
    3 青瓜の葉酸の力で美肌になる理由
    4 青瓜のカリウムで脂肪燃焼する理由
    5 青瓜の食物繊維でお腹周りスッキリさせる!
    6 青瓜を美味しく食べるダイエットレシピ
    7 漬物だけじゃない!青瓜は炒め物にもピッタリ


    今、あなたにオススメ

    免責事項

    copyright 2017 ライフスタイルNext