さつまいもダイエットの実践のための摂取量目安と飽きずに続ける秘訣

さつまいもダイエットの実践のための摂取量目安と飽きずに続ける秘訣

食事制限や運動など、ダイエットをするための方法はたくさんありますが、さつまいもでも痩せることができるとご存知でしょうか?

「さつまいもは糖分が多いからダイエットには向いていないのでは?」と疑問に思うかもしれませんが、実はちゃんとしたやり方で行うと確実に痩せることができる食材になのです!

そこで今回は、さつまいもがダイエット食材である理由、痩せるまで飽きずに続けるための調理方法をするときの工夫と1日あたり摂取量を併せてお伝えします。


さつまいもダイエットの実践のための摂取量目安と飽きずに続ける秘訣


1 さつまいもに秘められたダイエット効果


さつまいもは甘くて美味しい食べ物になるので、ダイエットには向いていないと思ってしまいますが、さつまいもで痩せられるには理由があります。

さつまいもがダイエットに効果がある4つの理由

クロロゲン酸

さつまいもに含まれている成分の1つにクロロゲン酸というポリフェノールがあり、太る原因である糖や脂肪の吸収を抑えてくれる働きをします。

そのため、さつまいもには糖が豊富に含まれていますが、クロロゲン酸の力によって阻害できるので、実はダイエットに向いている食材になります。

低カロリー

さつまいもはカロリーが高いイメージがありますが、白米と比べると低カロリーになるので、ご飯の代わりにすることができます。

白米が100gで168kcal、さつまいもは100gで132kcalとなっていて、約30kcalの差があるのでダイエットをするときはご飯の代わりとして取り入れましょう。

食物繊維

さつまいもは食物繊維が豊富に含まれていて、便の排出を促してくれる効果があるので、便秘に悩んでいる方は積極的に食べることをおすすめします。

便秘の状態が長く続くと、腸内に便が溜まって環境が悪くなり、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

カリウム

カリウムにはむくみの原因である塩分を排出してくれる働きをするので、豊富に含まれているさつまいもを食べることが大切になります。

特に、むくみやすい方はカリウムの力で体内の塩分や水分を調節する必要があるので、痩せるためにもさつまいもを食べましょう。

さつまいもに含まれている成分には、上記のようにダイエット効果を持つ栄養素が豊富に含まれているので、痩せたいと思ったときはぜひ取り入れてみてくださいね!


2 さつまいもダイエットの方法


さつまいもは白米より低カロリーなことから、置き換えダイエットが最も効果があり、1日3食の内の1つをさつまいもに変えましょう。

おすすめの時間帯が昼食か夕食で、どちらかの主食をさつまいもに変えるだけでダイエット効果が期待できます。

そして、さつまいもを食べるときは、栄養面も考えて皮ごと食すのが健康に痩せるためにも効果的で、加えてよく噛んで飲み込むと満腹感を得やすくなります。

お腹が満腹になると余計に食べずに済むので、ダイエットを成功させたいときは30回ぐらいを意識して噛みましょう。

あまり噛まずに飲み込んでしまうと便秘になって痩せにくくなるので、さつまいもダイエットを成功させるためにも急がずゆっくり食べてくださいね!


3 1日あたりの食べる量


さつまいもダイエットを成功させるためには、1日あたりの量を知ることが大切で、必要以上に食べてしまうと逆に太ってしまいます。

理想的なさつまいもの摂取量は1日あたる100gから150g程度ですので、たくさん食べ過ぎないようにしましょう。

加えて、さつまいもと一緒に食べるおかずの量を少なくすると、摂取カロリーをかなり下げることができるので実践してみることが大切です。



4 飽きずに続けるためのコツ


さつまいもの調理方法はシンプルに蒸かして食べるのがおすすめですが、毎日続けていると飽きてしまいますよね。

どんなダイエット方法でも成功させるためには、飽きずに継続することが非常に重要になるので、サツマイモに工夫をしてみましょう。

さつまいもダイエットを飽きずに続ける2つのコツ

調理方法を変える

さつまいもダイエットは特定の調理方法を行う必要はなく、煮物や炒め物、みそ汁などにして食べるようにすると飽きずに続けることができます。

さつまいもを食べることができればどんな調理法でも効果があるので、楽しみながらダイエットを続けましょう。

調味料を少しだけ加える

さつまいもの味に飽きてきたときは、砂糖や醤油などの調味料を加えて舌を楽しませることが大切になります。

ただし、調味料をかなり多く加えてしまうと、カロリーオーバーを起こして痩せられなくなるので、アクセント程度に留めておきましょう。

さつまいもダイエットを飽きさせないためのコツは、痩せるための過程を楽しむことが重要になるので、調理方法を変えたり調味料を使ったりと様々な工夫をしてみてくださいね!


5 さつまいもダイエットの注意点


さつまいもでダイエットを成功させるためには、注意点も把握しておく必要があるので、始める前に頭に入れておきましょう。

さつまいもダイエットを行うときの2つの注意点

食べ過ぎない

どんな食材でも食べ過ぎると腹痛や吐き気など様々な症状が現れる上に、さつまいもの場合は糖の過剰摂取になってしまいます。

クロロゲン酸によって糖の吸収を抑えてくれても、必要以上に食べてしまうと働きが追い付かなくなるので、1日あたりの量をしっかり守ることが重要になります。

他の栄養素の摂取

さつまいもダイエットでは他の食材も取り入れる必要があり、さつまいもだけでは体に欠かせない栄養を全て摂取できないので、主菜や副菜もしっかり加えましょう。

特に、タンパク質は筋肉を付けるためには必須の成分で、適度な筋肉が付くと痩せやすくなります。

さつまいもを食べるときは、上記2つのことに注意すると健康的に痩せられるので、なかなか痩せられないときはやり方を見直してみてくださいね!


さつまいもダイエットを成功させるための調理方法、そして1日あたり摂取量の目安をお伝えしましたが、いかがでしたか

さつまいもにはダイエットに必要な栄養が豊富に含まれていて、特に糖や脂肪の吸収を防ぐクロロゲン酸の働きがとても強いのが特徴になります。

更に、食物繊維やカリウムなど、ダイエットの手助けをしてくれる成分も含まれているので、主食として置き換えるダイエットが効果的です。

そして、さつまいもダイエットは飽きやすく、続けるためには調理方法を工夫したり、少量の調味料を加えたりする必要があるので、自分が楽しく続けられる方法で実践しましょう。

まとめ

さつまいもダイエットの実践のための摂取量目安と飽きずに続ける秘訣

1 さつまいも100gで132kcalと白米より低カロリー
2 さつまいもに含まれるクロロゲン酸は糖や脂肪の吸収を抑えてくれる
3 さつまいもは食物繊維が豊富で便秘解消にピッタリ
4 さつまいもにはむくみ解消にピッタリのカリウムが豊富
5 さつまいもの食べ過ぎは糖の過剰摂取になる
6 さつまいもの1日あたりの量は100gから150gが適度


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext