ものもらいの症状と悪化させないための対処法6つ

ものもらいの症状と悪化させないための対処法6つ

目は顔の一番目立つ部分だけに、ものもらいができると結構ダメージは大きいですよね。

実はものもらいといっても種類が2つあり、きちんと見極めて治療しないと症状が長引き、病院で切開などの外科治療が必要になるケースもあります。

そこで今回は、ものもらいの原因と見分け方、そして悪化させないための対処法をご紹介します。


ものもらいの症状と悪化させないための対処法6つ


1 ものもらいは2種類!あなたの症状はどっち?


ものもらいは上まぶた、下まぶたのどちらにもできます。

そしてものもらいには麦粒腫と霰粒腫の2種類あり、どちらに該当するかで対処の仕方が変わってきます。

ものもらいかな、と思ったら以下の項目をチェックしてみましょう。

2種類のものもらいの症状

麦粒腫

・始めは痒く、徐々に瞼が赤くはれて痛む。
・炎症が進むと、皮膚の発色や腫れ、痛みも強くなる
・寝不足の時や季節の変わり目に多い

霰粒腫

・痛みはさほどない
・まつ毛の生え際にあるマイボーム腺が詰まることで起きる。
・自然と破裂し、吸収されるので放置するしかない。

麦粒腫と霰粒腫は、上まぶたと下まぶたのどちらにもできます。

麦粒腫は、まぶたに菌が感染して起きる腫れ、霰粒腫は目に硬いイボのようなしこりができます。

また、霰粒腫は急性炎症を伴う場合もあり、この場合麦粒腫との見極めが難しい場合があります。

麦粒腫と麦粒腫いずれの場合でも、対処を行って2~3日たっても症状が軽減しない、もしくは悪化する場合は速やかに眼科に行くようにしましょう。


2 目薬や眼帯でものもらいに対処する方法


麦粒腫、霰粒腫どちらのものもらいでも、症状が軽ければ自宅でのケアで対処することが可能です。

麦粒腫の場合、細菌感染が原因なので抗菌効果が高く、抗生物質配合が配合された市販の目薬を差しましょう。

もし見た目の腫れが激しい場合、一刻も早く治したいという場合には、眼科を受診して処方された目薬や抗生物質の入った内服薬を使うようにしましょう。

一方霰粒腫は、感染が原因で起こるものもらいではないため、抗生物質配合の目薬では治りません。

ただし、霰粒腫の二次感染を防ぐという意味で一定の効果があるため、市販の目薬を使いましょう。


3 ものもらい発症中のコンタクトレンズの使い方


麦粒腫、霰粒腫どちらの場合でも、ものもらいの症状がある間のコンタクトレンズ使用、アイメイクはNGです。

まぶたが炎症を起こしている状態の時に、ものもらいの炎症を助長させるような刺激は避けましょう。

ただ、コンタクトレンズをどうしても使用しないといけないというケースもありますよね。

そのような場合には、まず目薬を差して15分程度経ってからコンタクトを着用すると、ものもらい悪化を避けることができます。


4 ものもらいの痛みや炎症を抑える方法


ものもらいが麦粒腫で、痛みと炎症がひどい場合には、ものもらいの患部を冷やすことで症状を和らげることができます。

一方で、ものもらいが霰粒腫の場合は、冷やすのはNGです。

霰粒腫は、まぶたの中で脂がたまることが原因なので、脂を温めて柔らかくしてあげると詰まりを軽減させることができます。

おススメはホットタオルで3分ほど、ものもらいの患部を温めることです。


5 まぶた周りを清潔にしてものもらいを予防する方法


まぶたは、タオルやメイク、汚れた手などで目をこする、といった何気ない動作により、雑菌がたまりやすい場所ですよね。

日ごろから、まぶたの清潔を意識することで、ものもらい、特に麦粒腫は防ぐことが可能です。

目がかゆい場合は手でこするのではなく、目薬をさしたり、目を洗ったり、ガーゼなどで拭くようにすること、そして爪など触れる可能性のある部分は清潔にしておくことも重要です。

また、髪の毛の雑菌が目の中に入り、ものもらいの原因になることもありますので、前髪が目にかからないよう、留める、切るなど工夫をしましょう。


6 生活習慣を整えてものもらいの悪化を防ぐ方法


雑菌は普段どこにでも存在しますが、身体が疲れていたり、ストレスが溜まっていると、免疫力が下がり、ものもらいができることがあります。

日ごろから、睡眠不足にならないよう注意することや、ストレスを溜めすぎないことなどに気を付けましょう。

また、ものもらいの炎症がひどいときには、アルコール、カフェイン、辛い食べ物などの刺激物は避けるようにしましょう。


さて、『ものもらいの症状と悪化させないための対処法6つ』はいかがでしたか?

ものもらいは症状が軽い場合は、市販の目薬を差すなどして自宅で治すことができる病気ですが、麦粒腫、霰粒腫の判別をしていないと、一向に良くなりません。

ものもらいが悪化すると、大げさですが眼帯をしないといけなくなるケースもあるため、少しでも症状が気になる、早く治したい場合には眼科へ行くようにしましょう。

まとめ

ものもらいの症状と悪化させないための対処法6つ

1 ものもらいは2種類!あなたの症状はどっち?
2 目薬や眼帯でものもらいに対処する方法
3 ものもらい発症中のコンタクトレンズの使い方
4 ものもらいの痛みや炎症を抑える方法
5 まぶた周りを清潔にしてものもらいを予防する方法
6 生活習慣を整えてものもらいの悪化を防ぐ方法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext