若年性更年期で起こる体の不調と対処するための方法

若年性更年期で起こる体の不調と対処するための方法

更年期障害は40歳ぐらいに起きる症状ですが、20代からでも若年性更年期障害という病気があるので、体に不調を感じたら注意する必要があります。

ただし、若年性更年期障害は自覚することが難しく、月経前症候群と勘違いしてしまう場合も多くあるので違いをよく知ることが重要です。

そして、若年性更年期障害の原因はストレスや食生活の偏り、睡眠不足など様々な理由で発症してしまうので、普段の生活も変えていくことが治療のためには必須になります。

そこで今回は、若年性更年期障害で起こる体の不調と、対処するための方法をご紹介します。


若年性更年期で起こる体の不調と対処するための方法


1 本来の更年期障害と若年性更年期障害とは?


40代以降から始まることが多い更年期障害は、閉経前後に発症する病気になるので症状を悪化させないための対策を取る必要があります、

原因は卵巣の働きが弱まることで起きる女性ホルモンの分泌量の低下で、急にホルモンバランスが崩れると自律神経に影響を及ぼして更年期障害の症状が出てきます。

症状の現れ方は軽度なものから、生活が困難になるほどまで人によって異なるので、自分に合った治療法を実践することが大切になります。

そして、若年性更年期障害は名前の通り若い内から発症する更年期障害で、卵巣の機能を低下させる病気でもないのに更年期障害の症状が現れている状態です。

原因の多くはホルモンバランスの乱れになるので、更年期障害と同じような症状が現れたら病院へ行ってくださいね!


2 若年性更年期障害の原因


若年性更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因の大半になるので、まずは乱れやすい行為をしていないか確認して改善することが大切です。

ホルモンバランスが乱れる4つの原因

ストレス

ホルモンバランスの乱れによって起きる若年性更年期障害は、酷い生理痛に襲われるのでストレスは溜めないようにすることが大切になります。
そして、ストレスが溜まり過ぎていると女性ホルモンの分泌に影響を及ぼして、生理不順や無月経などの症状も現れるのでうまく発散させましょう。

無理なダイエット

ダイエットは肉体にストレスを与える行為で、適度であれば問題ありませんが無理に行って一気に体重を減少させると、若年性更年期障害の症状が現れやすくなるので気を付けてくださいね。

タバコの吸い過ぎ

タバコには女性ホルモンを分解して卵巣の機能を低下させてしまうので、若年性更年期障害の原因となります。
タバコは過度に吸い続けていると、色々な病気にかかりやすくなるのでできるだけ控えるようにしましょう。

慢性的な寝不足や食生活の偏り

寝不足の状態が続いていると、体に必要なホルモンの分泌量が少なくなるのでホルモンバランスを崩してしまいます。
また、偏った食生活をしていると、女性ホルモンの分泌を促すビタミン類の摂取量が不足しがちになるので、色々な食材をバランスよく食べることが大切です。

若年性更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れは、体に負担がかかるようなことをしているとすぐに崩れてしまうので、まずは自分の生活を見直してみてくださいね!


3 発症したときに現れる症状


若年性更年期障害は、月経前症候群と勘違いするほどわかりにくい症状が現れますが、生理周期と関係なく発症するという特徴があるので間違えないようにしましょう。

若年性更年期障害の主な症状4つ

生理不順と強い生理痛

若年性更年期障害になると長い間生理不順が続き、生理痛も悪化するという特徴があるので、昔より生理関係が酷くなったという方は病院へ行って相談しましょう。

動悸と息切れ

突然動悸が起きたり、ちょっとした動きでも激しく息切れしたりするときは若年性更年期障害の疑いがあります。
そのため、階段を上るだけで息切れした場合は早めに病院へ行くことが大切です。

睡眠に異常が現れる

更年期障害といえば睡眠に異常が現れますが、若年性更年期障害でも、寝付きにくくなった、夜中に何回も起きてしまう、眠りが浅くて疲労が取れないなどの睡眠異常が起こることがあります。

些細なことでもイライラする

些細なことでもイライラしたり、怒りやすくなったりしたときも若年性更年期障害の特徴になるので、毎日ストレスが溜まるぐらいイライラすると感じるようになったら注意しましょう。

若年性更年期障害は人によって様々な症状が現れるので、以前の自分より体調と精神面に違いが出てきたら病院へ行って相談をしてくださいね!



4 若年性更年期障害の対処法


若年性更年期障害を治療するためには、最初に病院へ行って原因を知ることが大切になります。

ホルモンバランスの乱れ以外に、早期閉経が原因の若年性更年期障害の場合もあり、それぞれの原因に応じた治療を始める必要があるので、まずは病院へ行って確かめるようにしましょう。

さらに病院から処方された薬を服用しつつ、自分でできる対処法は生活習慣の見直しです。

若年性更年期障害の原因はストレスや不規則な生活、無理なダイエットなどによって乱れたホルモンバランスのため、正常に戻るように規則正しい生活を心がけましょう。


5 若年性更年期障害にならないための予防法


若年性更年期障害は、日常生活で発生するストレスや不規則な生活が主な原因となるので、辛い症状が出る前にしっかり予防しておく必要があります。

現代社会ではたくさんの女性が仕事をしていて、望まぬ残業や人間関係の悪化でストレスが溜まりやすい環境になっています。

そのため、若年性更年期障害を発症する前に日々の生活を見直して、原因となりそうなものを取り除くか和らげることが重要です。

若年性更年期障害を発症する前にやっておきたい3つの予防法

ストレスの元を排除する

若年性更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れは、ストレスが溜まると簡単に崩れてしまうので、普段から適度に発散させてあげることが大切になります。

好きなことをして発散させる

仕事における人間関係や日常生活で溜まるストレスは、環境を変えようと思っても難しいので、自分の好きなことをやって発散させる必要があります。
そのため、定期的に夢中になれる趣味の時間を取って、ストレスとうまく付き合っていくことが重要になります。

不規則な生活を止める

普段から夜更かしをしていたり、偏った食事をしていたりするとホルモンバランスが崩れて若年性更年期障害になる確率が高まります。
更に、自律神経も乱れやすくなり、常に体の不調を感じながらの生活になってしまうので、規則正しい生活を送るようにしましょう。

若年性更年期障害を予防するためには、ホルモンバランスが乱れる原因となるストレスや不規則な生活を直すことが大切です。

そして、体の負担になるようなことを避けるのも重要になるので、無理なダイエットやタバコの吸い過ぎにも気を付けてくださいね!


若年性更年期障害は早くて20代の内から更年期障害の症状が現れる病気で、ストレスや不規則な生活が原因であることが多いです。

そして、若年性更年期障害は普通の更年期障害と同じく、些細なことでのイライラや睡眠不足などの症状が現れますが、月経前症候群と似ているので間違えないようにする必要があります。

若年性更年期障害の最大の特徴は、生理周期ではないのに症状が現れることのため、常に更年期のような不調を感じているときは早めに病院へ行きましょう。

診断後は薬を服用しつつ、原因となったものを改善していく必要があるので、まずは病院でしっかり診察をしてもらうようにしてくださいね!

まとめ

若年性更年期で起こる体の不調と対処するための方法

1 本来の更年期障害と若年性更年期障害とは?
2 若年性更年期障害の原因
3 発症したときに現れる症状
4 若年性更年期障害の対処法
5 若年性更年期障害にならないための予防法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext