ヒップアップでだらしないお尻を引き締める5つの対策法

ヒップアップでだらしないお尻を引き締める5つの対策法

年を取ると体全体が垂れ始めてだらしなく見えるので、引き締めようとしている方も多いのではないでしょうか?

特にお尻は、引き締まってないと年齢を感じさせるので、若さを保つためにはヒップアップさせることが大切になります。

お尻が垂れ下がる原因は、加齢や運動不足などによる筋肉の低下で、ヒップアップさせるためには適度な運動で筋力を維持することが重要です。

また、お尻が垂れる原因は日常生活にも隠されているので、垂れさせないための改善が必要になります。

そこで今回は、お尻が垂れる原因と、引き締めるためのヒップアップ法をご紹介します!


ヒップアップでだらしないお尻を引き締める5つの対策法


1 着用する物が原因の場合がある


お尻は高齢になるほど垂れ下がっていきますが、普段着ている物が原因で垂れる場合もあるので、ヒップアップするためにはできるだけ着用しないことが大切になります。

お尻が垂れ下がる2つのもの

サイズが合ってない下着

自分の体格に合っていない下着を着ていると、段々お尻が垂れさがってくるので、ヒップアップさせるためにはサイズをよく確認することが大切です。

小さい下着の場合

普段から小さい下着を身に着けている場合、キュッと引き締まっているような感覚がありますが、締め付けによってお尻の血行が悪くなって垂れやすくなります。

ヒップアップさせるためには血行を改善する必要があるので、小さい下着を身に着けていたらもう少し大きな物を着用しましょう。

大きい下着の場合

ヒップアップさせるためには、垂れ下がらないように下着のサポートが必要になりますが、大きい物だと満足に支えることができません。

自分のお尻に合ったサイズにしないと段々垂れ下がってくるので、ヒップアップのためにはまず、下着の確認をしておきましょう。

高いヒール

ヒールは女性らしさを強調するための履物ですが、高いヒールを履いていると膝を曲げて歩くようになってしまう可能性があります。

お尻は大臀筋によって支えられていますが、膝を曲げたまま歩いているとほとんど大臀筋を使わないので弱っていきます。

大臀筋が弱った結果、お尻を支えることができなくなり段々垂れ下がっていくので、ヒップアップさせるためには膝を曲げずに歩くことが重要です。

普段からヒールを履いて、尚且つ膝が曲がっていると、脱いだ後も膝を曲げたまま歩く癖がついてしまうので気を付けましょう。

日常的に着用している物が原因でお尻が垂れさがってしまうので、ヒップアップするためにまずは着ている物に注目してみてくださいね!


2 椅子に正しく座る


お尻の垂れは大臀筋が弱まることで起きるので、負担をかけないようにする必要があり、椅子の座り方一つでも弱ってしまうので意識して直しましょう。

椅子に座るときの注意点

  • 椅子に浅く腰かけて、背もたれに寄りかかっている
  • 足を組んでいる
  • 足を前に投げ出している

椅子に座っているときに上記3つの状態になっていると、大臀筋が弱まってお尻が垂れしてしまうので、ヒップアップのためには直すことが重要になります。

また、普段から間違った座り方をしていると、骨盤が歪んで腰痛や肥満になりやすくなるので健康を害してしまいます。

6つの正しい椅子の座り方

  • 椅子に深く腰かける
  • 背筋を真っ直ぐ伸ばす
  • 足を組まない
  • 膝や腕の角度は90度前後
  • 地面に足をつける
  • 顎を前に突き出さない

椅子に座ったときは上記の6つを意識して行うと、お尻の垂れを防ぐことができ、疲労もあまり溜まらないのでぜひ試してみてください!



3 お尻を垂れさせない歩き方


ヒップアップさせるためには普段からの歩き方も重要で、間違っているとお尻が垂れやすくなるので歩くときは注意しましょう。

歩くときに気を付けたいこと

膝が曲がっている

膝が曲がっていると、お尻を支える大臀筋が弱って少しずつ垂れ下がっていきます。
癖になっている場合、直すのはなかなか大変ですが、ヒップアップのためには必ず伸ばすことが大切なため、まずは膝が曲がっていないかチェックしましょう。

腰が落ちている

腰が落ちていると膝が曲がりやすく、大きな負担をかけてしまうのでお尻が垂れやすくなります。
そのため、膝を真っ直ぐに伸ばしたときは、同時に腰を上げる必要があるので常に意識して直しましょう。

背中が丸まっている

背中を丸めて歩いていると、下半身の筋肉をあまり使わなくなるので、次第にお尻が垂れていきます。
背筋を伸ばして歩くとお尻の筋肉を使うようになり、筋力が鍛えられてヒップアップにつながるので正しい姿勢で歩きましょう。

体のバランスが悪くなると、お尻に影響を与えて垂れ下がってしまうので、ヒップアップさせるためにも姿勢を意識して歩いてみてくださいね!


4 ヒップアップさせるスクワット


ヒップアップさせるための方法で一番効果が期待できるのがスクワットで、毎日継続して行うとお尻の垂れを改善することができます。

ヒップアップさせるスクワットの手順

背筋を伸ばして足を大きく開く

スクワットを始めるためにはまず、背筋をまっすぐに伸ばして肩幅よりも少し大きく足を開きましょう。

お尻を落とす

背筋を伸ばして大きく足を開いた状態から、膝の角度が90度になるまでお尻を真っ直ぐ下ろしましょう。

元に戻す

膝が90度まで曲がったら、ゆっくりと元の姿勢に戻しましょう。

繰り返し行うとヒップアップができるので、最初は無理しない程度に行って、慣れてきたら1日最低でも20回を目安にスクワットを行うことが大切です。

一気にやるのではなく、何回か休憩を挟むと継続して行えるので、ヒップアップをしたいという方はぜひチャレンジしてみてください。

また、スクワットを行うとヒップアップ効果以外にも、太ももを細くすることができるのでダイエットも期待できます。

体全体のラインが綺麗になるので、お尻が垂れてきたと思ったらスクワットを行って、若々しい体を作りましょう!


5 寝ながらできるトレーニング法


ヒップアップができる方法の中には、寝ながらやるトレーニング法があるので、普段からゴロゴロしがちな方はぜひ試してみてください。

寝ながらやるヒップアップの手順

仰向けに寝て膝を曲げる

まずは仰向けに寝て、足を肩幅まで開いた後に膝を曲げ、腕は体の横にくっつけておきましょう。

お尻を上げる

体勢が整ったら、お尻を少しずつゆっくり上にあげて、膝から肩にかけて真っ直ぐになるようにしましょう。

元の姿勢に戻す

元の姿勢に戻すときはお尻からではなく、背中からゆっくり戻しましょう。

繰り返す回数は5回ぐらいが目安になり、忙しくても短時間でトレーニングができるのでなるべく毎日続けましょう。

ヒップアップさせるためのスクワットも同時にやっておくと更に効果が増すので、お尻が垂れさがっていると悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね!


さて、『ヒップアップでだらしないお尻を引き締める5つの対策法』はいかがでしたか?

お尻が垂れ下がる原因は、自分に合っていないサイズの物を身に着けていたり、姿勢が悪かったりしていることが多いので、垂れを悪化させないためにも確認は必須です。

また、膝を曲げて歩く癖がある方は、お尻の大臀筋が弱まって垂れ下がりやすくなるので、膝を伸ばして歩くことが大切になります。

そして、姿勢を直した後はヒップアップさせるためのスクワットが重要で、毎日継続して行うとお尻が綺麗に引き締まります。

最初はすぐに疲れて続けることが難しいのですが、無理はせず少しずつ回数を重ねていくと効果が現れます。

寝ながらヒップアップができるトレーニング法もあるので、忙しかったりダラダラしがちだったりするときは、短時間で行えるのでぜひチャレンジしてみてください!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

ヒップアップでだらしないお尻を引き締める5つの対策法

1 着用する物が原因の場合がある
2 椅子に正しく座る
3 お尻を垂れさせない歩き方
4 ヒップアップさせるスクワット
5 寝ながらできるトレーニング法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext