お尻痩せでだぶついた脂肪を落としてスリムボディを手に入れる5ステップ

お尻痩せでだぶついた脂肪を落としてスリムボディを手に入れる5ステップ

いくつになっても「プリッ」と上がった、きれいなお尻には憧れるものですよね。

たるんだお腹を引っ込めるためには、食事制限と運動が手っ取り早いことは誰もが知っていることですが、締まったお尻を手に入れるためには、、、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、だぶついた脂肪を落とすお尻痩せで、理想のボディを手に入れる具体的な方法をご紹介します。


お尻痩せでだぶついた脂肪を落としてスリムボディを手に入れる5ステップ


1 たれ尻の原因となるNG行動


そもそも、お尻がたるんで大きくなってしまう理由をご存知でしょうか?

お尻には大殿筋と呼ばれる筋肉があり、この筋肉は意識して使っていないことが、たるみの原因の一つなのです。

その他にも、日常生活の中で自然にたれ尻を助長している行動・行為があります!

たれ尻を助長するNG行動・行為

  • O脚またはX脚などで骨盤のゆがみがあるとき
  • 片足に重心を置いた立ち方をする
  • 猫背になることが多い
  • 冷たい飲み物の飲み過ぎ
  • デスクワークが多い
  • 小股、内股などの歩き方の癖がある

NG行動行為を改めること、そしてお尻に力を入れて、意識して締めることで大殿筋を鍛えることができますので、お尻痩せの第一歩としてやってみてくださいね!


2 骨盤の歪みと血流の改善でお尻を小さくする方法


普段座るときは、どのような姿勢を取っているでしょうか?

足を組んで座る、いわゆる「お姉さん座り」と呼ばれる、足を横向きに揃えた座り方をしている方!要注意ですよ!

実は足を横向きにして座る癖がついてしまうと、骨盤が歪み下半身の血流が悪くなり冷えを促進します。

そうなると大殿筋が衰えるようになってしまうのです!

さらに、腰を絞めつけすぎる洋服を着ることもおすすめできませんので、気を付けるようにしましょう!


3 マッサージでお尻を揉み解してシェイプアップする方法


お尻痩せには、きつい筋トレやエクサズをイメージしがちですが、マッサージで固まったお尻を柔らかくすることで、余分な脂肪が燃焼しやすくなります。

そこで、今日からできるお尻のマッサージ実践法をご紹介します!

お尻痩せのためのマッサージ方法

①湯船にしっかり浸かる。
②お尻を手でほぐすように、上へ上へと押し上げながら全体を揉んでいく。
③太ももの境目の頑固なセルライトをつぶすようにつまみ、ほぐす。
④最後に下から押し上げるように、もう一度よく揉み上げれば終了!

マッサージといっても、クリームなどは不要!湯船に浸かりながら行えるので簡単です。

力の入れ加減は、気持ち良いと感じる強さでOK、そしてマッサージは1回あたり3分程度の短時間でOKです。

ただ、継続して行わないと元に戻ってしまいますので、毎日の習慣にしてしまいましょう!



4 本格的にお尻痩せを目指すためのエクササイズ実践法


「エクスサイズと聞くと逃げ出したくなる、、、」という方もいらっしゃるかもしれませんが、部屋の中で手軽にできるエクササイズであればいかがでしょうか?

お尻痩せのエクササイズは、きつい運動で体脂肪をごっそり落とすのではなく、大殿筋を鍛えるエクササイズですので、慣れてくれば毎日続けることができます!

それでは、部屋でごろりと横になっている時間にできる、超手軽なエクササイズをご紹介します。

まずは、深呼吸をしてから床に仰向けになった状態からスタートしましょう!

大殿筋を鍛えるエクササイズ実践法

①仰向け状態から膝だけを軽く曲げる。
②足に力を入れて胴体、腰、膝がちょうど一直線になるように、ゆっくりと体を持ち上げる。
③②の状態を3秒間キープする
④ゆっくりと呼吸をしながら①の姿勢に戻る

布団の上で行うと体勢が安定しないため、床や畳の上で行うようにしましょう。

もし床が固くて気になる場合は、タオルやヨガ用のマットなどを敷いて行いましょう。

エクササイズのコツは、体を持ち上げたときに、背中が反り過ぎないように注意することですので、まずは寝る前に1回あたり5セットから始めてみましょう!


5 普段の歩く姿勢を意識して小尻をゲットする方法


せっかくエクササイズやマッサージを頑張っても、日常で行っている動作が正しくないと、お尻痩せの効果は出ません。

そこで歩く姿勢を整えて、お尻痩せ効果を上げる方法をご紹介します!

お尻痩せ実現のための正しい姿勢と日常の動作でできること

正しい歩き方の姿勢

壁などにお尻を付けて確認すると良いですが、姿勢を正して歩くというと、胸を張って背を反らせた歩き方を想像する方がいらっしゃいます。
実はこれでは意味がなく、お尻を壁に着けたときに、肩が壁に付く程度で顎を引き、前を向いて歩く姿勢が正しい歩き方になります。

階段の登る降りで意識すること

階段の登る降りでは、つい下を見てしまいがちですが、目線をやや上に上げて、踵までしっかりとつけて登る、そして少しだけ大股を意識することで、お尻に余計な肉が付きにくくなります。

電車の中でもできること

お尻の穴にギュッと力をいれて立つだけでも、大殿筋を鍛えることができます。
もちろん座っているときにも、同様に力を入れると鍛えることができます。

歩き方や姿勢、普段の何気ないことの改善こそが、お尻痩せへの道になりますので、できることからやってみてくださいね!


さて、『お尻痩せでだぶついた脂肪を落としてスリムボディを手に入れる5ステップ』はいかがでしたか?

残念ながら。食事制限だけお尻痩せを実現することは現実的ではありません。

やはり、根本原因であるお尻のたるみを引き締める、地道な努力が必要になって来ます。

ただ、努力といっても苦しくて諦めてしまうようなことではなく、日常生活の中でできることばかりですし、何よりわざわざ時間を確保する必要もないものもありますので、継続はそれほど大変ではありませんよね。

ぜひ憧れのお尻を手に入れるために、コツコツ頑張っていきましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

お尻痩せでだぶついた脂肪を落としてスリムボディを手に入れる5ステップ

1 たれ尻の原因となるNG行動
2 骨盤の歪みと血流の改善でお尻を小さくする方法
3 マッサージでお尻を揉み解してシェイプアップする方法
4 本格的にお尻痩せを目指すためのエクササイズ実践法
5 普段の歩く姿勢を意識して小尻をゲットする方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext