効果てきめん!腹筋ローラーでポッコリお腹をへこませる6つの方法

******PROFILE UPDATED*******Hold your body against mine, Make me feel like we are one, dont be shy. **********Ps. I have 8 invitations for GoogleWave, anyone interested FlickrMail me w/ your E-Mail address. only first 8 will get it.*******

薄着の季節になってくると、どうしても気になってくるのが、、、お腹です。

ポッコリしたお腹は見た目にも美しくありませんので、ワンサイズ上の服を買ってお腹を隠そうとします。悲しいですが、大きめの服はダボっとして逆に太って見えてしまうもの。

できれば、スポーツ選手のように割れた腹筋までとはいかなくても、すっきりしたお腹周りに戻りたいですよね。

そこで今回は、使うだけで割れた腹筋になると評判の腹筋ローラーを使って、効果的にお腹をへこませる方法をご紹介します。


効果てきめん!腹筋ローラーでポッコリお腹をへこませる6つの方法


1 お腹痩せに腹筋ローラーがお薦めの理由


腹筋ローラーとは、インナーマッスルや上半身の鍛錬を目的とした筋トレグッズで、短期間で腹筋や背筋、腕や胸が同時に鍛えることができるという優れもの!実は他のダイエットグッズにはない良いところがたくさんあります!

そこでダイエットに腹筋ローラーをおススメするポイントをまとめてみました。

腹筋ローラーがダイエットにお薦めするの理由

トレーニングスペースは畳一畳ほど

腹筋ローラー自体がそれほど大きくないので、置く場所にも困りません。

コストがかからない

腹筋ローラーは、ダンベルのようにレベルが上がるごとにいちいち買い直す必要がありません。

最高レベルの負荷をかけられるトレーニングができる

腹筋ローラー1つで初めて使う人から上級者まで使えます

腹筋ローラーは最初のブーム期は高価でしたが、その後はリーズナブルなものが出回るようになったので、1,000円ほどでネットや量販店で買えるところも良いですよね!

ぜひ腹筋ローラーを使って、ご自宅で気軽にシェイプアップを始めてみましょう!


2 お腹のポッコリの原因と撃退法


お腹を引き締めるためには、腹筋を鍛えることも大切なのですが、実はお腹のポッコリは脂肪だけではなく、内臓下垂が原因のこともあります!

内臓下垂とは、内側の筋肉が衰え胃などの内臓を支えきれなくなり、本来の位置から下に下がってしまうことです。胃下垂になってしまうと、お腹が出るだけではなく消化も悪くなってしまうのです。

そこで出番になるのが腹筋ローラーです!腹筋ローラーは目に見える腹筋を鍛えるだけではなく、インナーマッスルを鍛えて、下がってしまった内臓を元の場所に戻す効果があるのです。

つらくて苦しい、そして腰を痛めるリスクを伴う腹筋運動を続けるよりは、腹筋ローラーで効率良くインナーマッスルを鍛えるほうが良いですよね!

そして腹筋ローラー運動と併せて食欲をコントロールすることも、ぽっこりお腹撃退には必要不可欠です。

そうは言っても食欲は人間の三大欲求の一つなので抑えるのは大変ですが、空腹をコントロールして食欲を抑える方法はありますので、気になる方は手っ取り早く痩せるための食欲抑制法7つも併せてチェックしてみてください!


3 正しい腹筋ローラーの使用法と注意点


腹筋ローラーの10往復が、腹筋の100回分以上に相当する負荷があることをご存知でしたか?

腹筋ローラーなら短い時間と少ない労力で、効率良く腹直筋とインナーマッスルを鍛えることができます!

そこで腹筋ローラー運動を最大限生かすための、正しい使用法をご紹介します!

腹筋ローラーの正しい使用法

①床に膝をつき、腹筋ローラーをセットする。
②腹直筋を意識しながらゆっくり前へ転がす。
③自分が転がせるところまで転がす。
④腹直筋を意識しながらゆっくりと引き戻し、元の位置まで戻る
⑤①~④までを1往復とし、初心者は1日10往復から始める
⑥慣れてきたらセット数を増やしていく

腹筋ローラーは腹直筋を意識しながらトレーニングするのがポイントです!

初めての人は壁に向かって転がすとやりやすいので、ゆっくりと壁に向かって腹筋ローラーを転がすところから始めると良いですよ!

ただ、腹筋ローラーは手軽で簡単にエクササイズができますが、正しく使わないと体を壊す原因となってしまいます。特に腰には要注意です!

腹筋ローラー使用時の注意点

・腹筋ローラーを持つとき、猫のように両方の手首を曲げる
・腹筋ローラーを転がすときは自分のおへそを見るように意識する
・体調に合わせて無理をしない

腹筋ローラーは、一見すると体への負荷が軽いように思いますが、意外と負荷がかかっています。

腹筋ローラーを使った次の日にお腹周りや腰に痛みがあるようであれば、その日は使用せずに様子を見ることをおススメします!

また、腰痛防止には、腹筋ローラーをゆっくりと転がすこともポイント!慌てて転がすと転倒の恐れがありますので、ぜひ気をつけましょう!


4 腹筋ローラーと組み合わせると効果倍増のエクササイズ実践法


ポッコリお腹に効くエクササイズ、そして腹筋ローラーを組み合わせると、実は効果が倍増します!

体を動かすと筋肉痛もほぐれていきますし、お腹周り以外の部分も痩せることができます。

そこでおススメしたいのが、腹筋ローラーの後にジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることです!

腹筋ローラー+有酸素運動のメリット

・腹筋ローラーを行うと、脂肪を分解する成長ホルモンが分泌され代謝が上がる
・ジョギングなどの有酸素運動は脂肪を燃やす
・組み合わせることにより脂肪の燃焼効率が上がりより痩せやすくなる
・体を動かすことにより筋肉痛もほぐれる

腹筋ローラー運動+有酸素運動の実践方法

①100回を目安に腹筋ローラー運動を行う
②有酸素運動として、軽いジョギングを40分行う
③体全体のストレッチを3分間行う
④10回を目安に腹筋ローラー運動を行う

腹筋ローラーで代謝が上がった後に有酸素運動をすると、普段よりも脂肪の燃焼率が上がるため、効率よくダイエットができます!

同じエクササイズをするなら、脂肪燃焼の効率が良い方法をとったほうが目標の体重に早く近づけますよね。

脂肪燃焼効果を最大化するために、効果を腹筋ローラー運動、有酸素運動共に食事の前に行うようにしましょう!


5 腹筋ローラーで効果を確実に出すための秘訣


腹筋ローラーは転がすだけの簡単なエクササイズですが、やってみると意外にハードです。

そのキツさに「今日はやめておこう」と投げ出してしまうかもしれません。

腹筋ローラー運動がズルズルと先延ばしになると、いつまで経っても痩せることはできませんよね。

そこでダイエットの意志をキープし続けるための秘訣をご紹介します。

腹筋ローラーで効果を出すための秘訣

・毎日コツコツやる
・腰を痛める・筋肉痛を恐れない
・Youtubeなどにある腹筋ローラーの動画を見てイメージをつかむ
・腹筋ローラーに慣れてきたら、TVを見ながら行う
・プロトレーナーのような理想のお腹をイメージする

腹筋ローラー運動は毎日楽しく継続することが何よりも大切ですので、まずは1日10回を1週間続ることを目標に頑張ってみましょう!


6 代謝アップに効果のある腹筋ローラー運動応用編


膝を付いて腹筋ローラーを前後に転がす、基本となる腹筋ローラー運動が継続できるようになったら、さらなる腹筋引き締め効果を狙うために、腹筋ローラー運動応用編をスタートしましょう。

腹筋ローラー運動応用編

膝から下を浮かせて腹筋への負荷を高める

①腹筋ローラー運動の基本の姿勢になる
②①の状態からつま先を浮かせて膝だけで下半身を支える
③腹筋ローラー運動を行う

腹筋に加えて背筋を鍛える

①腹筋ローラー運動の基本の姿勢になる
②①の状態から膝を浮かせてつま先だけで下半身を支える
③②の状態でお腹を引っ込める
④③の状態から腕立て伏せ運動を行う

腹筋への負荷を高めればさらなるお腹の引き締め効果を、そしてお腹を引っ込めて腕立て伏せをすることで、ドローイン効果で代謝アップを狙うことができます。

いずれも慣れないと難しい腹筋ローラー運動の応用編ですので、行う場合に気をつけるようにしましょう!


さて、『効果てきめん!腹筋ローラーでポッコリお腹をへこませる6つの方法』はいかがでしたか?

ポッコリお腹を効果的に引き締めるためには、腹筋ローラーを使ったエクササイズをすれば必ず理想の体型になれます。

ただ、腹筋ローラーだけのエクササイズを無我夢中でやるのもいいですが、どうせなら効率よく痩せられるよう、今回紹介した腹筋ローラーと有酸素運動を組み合わせたエクササイズを実践してみてください。

くびれのあるスラリとしたお腹を想像して、早く理想に近づくことができるようにダイエットに取り組みましょう!

まとめ

効果てきめん!腹筋ローラーでポッコリお腹をへこませる6つの方法

1 お腹痩せに腹筋ローラーがお薦めの理由
2 お腹のポッコリの原因と撃退法
3 正しい腹筋ローラーの使用法と注意点
4 腹筋ローラーと組み合わせると効果倍増のエクササイズ実践法
5 腹筋ローラーで効果を確実に出すための秘訣
6 代謝アップに効果のある腹筋ローラー運動応用編


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext