腹筋ローラーなしで美しいくびれを作る6つの方法

Belly girl
Robert McDon

「痩せているけど、下腹部だけポッコリとした寸胴、、、」「昔からぽっちゃり体型だけど、最近やたら下半身が大きくなってきた、、、」など、女性にとって体型の悩みは尽きないですよね。

着やせする服でごまかしたり、歳だから仕方がないと諦めてしまうのはもったいないと思いませんか?

ですが、日々のちょっとした努力の積み重ねで、メリハリのある体型を手に入れることができるのです!

そこで今回は、腹筋ローラーを使わなくてもOKな美しいくびれを作る方法をご紹介します。


腹筋ローラーなしで美しいくびれを作る6つの方法


1 生活習慣改善でくびれ作り!冷え知らずな体質になる方法


冷えは、美と健康の大敵であることは周知の事実、身体がいつも冷えていると、お腹に脂肪が蓄積されやすく、くびれがなくなってしまいます。

メリハリ体型になるためには、腹筋ローラーなどを使う運動もいいですが、まずは冷え体質から脱却することも大切なのです!

身体を芯から温めるためには以下のような方法があります。

温めてくびれを作る!日常生活で実践できること

・38℃〜40℃のお湯で入浴する
入浴は心身の疲れをとり、身体の中から温めるのに大変効果的です。
・手足を動かして血行を促す
パソコン仕事や読書などに没頭すると、血行が悪くなります。30分〜1時間に1度、手足や指を意識的に動かしましょう。
・手首、足首、首、お腹、腰を冷やさない
夏でも薄手の上着やスカーフを常に携帯したり、腹巻きを活用しましょう。ローライズのボトムや、サンダル等に注意。
・身体を温める食材を摂る
ニンニクやショウガ、ネギ、ごぼうなどを使った料理を作ったり、サラダよりも温野菜を積極的に食べましょう。
・寒くても全身厚着をしない
着込みすぎると、体温調節機能を低下させてしまいます。上半身は薄着、下半身は厚着が基本です。
・冷たいものは飲まない
暑くなるとどうしても冷たいものが欲しくなりますが、そこはグッと我慢!

どれもいたって簡単なことばかりですが、出来ていないこともあるのでは?冷え体質を改善して、お腹に脂肪をつけないようにしましょう!


2 腰をねじる運動が効果的!余分な脂肪を落とす方法


女性らしいくびれを作るためには、今ある全ての脂肪ではなく、余分な分だけを減らすことがポイントです。

通常「消費カロリー>摂取カロリー」を意識した食生活を心がけると余分な脂肪はつかないのですが、実際のところはなかなか難しいため、ウエストをねじる動きのある運動を実践しましょう。

そこでくびれ作りにピッタリな簡単に実践できる運動をご紹介します!

腹筋ローラー不要!お腹の脂肪を撃退する運動

・ラジオ体操
・ヨガ
・フラフープ
・コアリズム

ウォーキングなどの有酸素運動も脂肪を落とすには効果的ですが、こういった運動は、基本的に全身の脂肪を落とすのにピッタリな方法ですので、もし、お腹周りだけをスッキリさせたいのであれば、ウエストねじりのある運動をおススメします。

運動がどうしても苦手という方は、食事のカロリー計算を徹底したり、全身をめいいっぱい使って、家事や掃除をするようにしましょう!


3 くびれ作りには適度な筋肉が必要!簡単エクササイズの実践方法


くびれを作るためには、余分な脂肪を落とす他にも、適度な筋肉をつける必要があります。

そのためには、学校時代に行ってきた腹筋運動ではなく、横腹の筋肉(腹斜筋)を鍛えなければなりません

そこでちょっとした空き時間にできる簡単エクササイズをご紹介します!

座ったままできるツイスト運動

①背筋をまっすぐに伸ばし、イスに軽く腰掛ける
②右足を上に脚を組み、右方向に上半身をねじる
③反対側も同様、上半身をねじる
②と③を5回繰り返して1セットです。これならオフィスでも出来ますよね。

腹筋ローラーなどの道具なしで手軽に実践でき、くびれ作りには効果的なツイスト運動をぜひ習慣にしましょう!


4 インナーマッスル鍛えてくびれ作り!ドローインの実践方法


腹筋ローラーなどを使わず、いつでもどこで行える上、くびれ作りに即効性があるのがドローイン、聞いたことのある方、またはすでに試してみたという方も多いのではないでしょうか?

ドローインとは、簡単に言うと、お腹のインナーマッスルを鍛える呼吸方法のことで、このインナーマッスルが弱っていると、メリハリのない体型になってしまうのです。

そこでドローインを正しく実践する方法をご紹介します。

正しく実践してくびれ作り!効果的なドローイン実践法

①足を肩幅の広さに開き、背筋をピンと伸ばして立つ
②ゆっくりと口から息を吐いてお腹をへこませたまま、息を吐ききる
③お腹をへこませた状態で、鼻からゆっくり細長く息を吸う
②と③を繰り返し10分間行いましょう。

ドローインのポイントは次の通りです。
・へそ付近を意識して呼吸を行う
・背筋が曲がらないように気をつける

単なる呼吸方法と思いきや、やってみるとかなりハードです!!

10分間が無理なら、最初は5分からでもいいので、毎日継続することを目標にし、美しいくびれを作りましょう!


5 骨格はくびれ作りの素となる!骨盤を歪ませない生活習慣


美しいボディラインを目指すなら、歪みのない骨格が不可欠で、特に骨盤は日頃の行動や姿勢に大きく左右されやすく、骨盤の開きや歪みによって、内臓が垂れ下がり、皮下脂肪がつきやすくなります。

また見た目が悪いだけではなく、健康を損ねる可能性もあるため、以下の点に心当たりのある方はすぐに改善しましょう!

今すぐ改善!骨盤を歪ませるありがちな習慣

・左右どちらかの手足ばかり使う
カバンを利き手にもつ、どちらかの足にいつも重心をおく、横座り、足を組む。左右、バランスよく身体を使いましょう。
・毎日ヒールの高い靴をはく
骨盤の歪みだけでなく、血流も悪くしてしまいます。お洒落なスニーカーやヒールの低い靴もたくさんあります。高さにこだわらず、いろんな靴を楽しんでもいいのでは?
・横向きで寝る癖がある
重さによって身体半分に負担がかかります。特にいつも同じ側を下にして寝る人は気をつけましょう。

歪みのない骨格についた適度な筋肉と脂肪が、美しいくびれを作ります。骨盤の歪みが酷くならないようにしましょう!


6 バランスの良いくびれを作る!ヒップを鍛えるエクササイズ


ウエストは決して太くない、下腹部も出ていない、なのにくびれがないという方は、ヒップを鍛えてみることをおススメします。

ヒップの筋肉を鍛えることで、ヒップとウエストに差が出来て、メリハリが出るでしょう。

そこでキレイなヒップになるためのエクササイズをご紹介します。

ヒップ鍛えてくびれ作り!エクササイズ

①体をまっすぐに横向きに寝る
②息を吐きながら、上側にある足を45°ぐらいまであげていく
③息を吸いながら足をおろしていく(足を床にはつけない)
②と③を繰り返し5回で1セット、1日3セットが目安です。

腹筋ローラーを使わなくても、くびれを作るためにできることはたくさんあります。

ヒップを鍛えることもその1つ、バランスの良いくびれを目指しましょう!


さて、『腹筋ローラーなしで美しいくびれを作る6つの方法』はいかがでしたか?

くびれを作るというと、食事制限をして体重を落とすことばかりが思い浮かびますが、女性らしい体型を維持するには、適度な脂肪は絶対に必要、その上で筋肉を程よく鍛えボディメイクすることが大切なのです!

筋トレのために腹筋ローラーを使ってもOKですが、まずは自分が実践できる範囲で毎日継続し、美しいくびれを手に入れましょう!

まとめ

腹筋ローラーなしで美しいくびれを作る6つの方法

1 生活習慣改善でくびれ作り!冷え知らずな体質になる方法
2 腰をねじる運動が効果的!余分な脂肪を落とす方法
3 くびれ作りには適度な筋肉が必要!簡単エクササイズの実践方法
4 インナーマッスル鍛えてくびれ作り!ドローインの実践方法
5 骨格はくびれ作りの素となる!骨盤を歪ませない生活習慣
6 バランスの良いくびれを作る!ヒップを鍛えるエクササイズ


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext