小豆ダイエットで痩せない人に共通する5つのNG実践方法

小豆ダイエットで痩せない人に共通する5つのNG実践方法

小豆ダイエットは、小豆の煮汁を飲んで痩せることができる非常に簡単な方法になりますが、「全く痩せないばかりか、かえって太った」という方もいらっしゃいます。

「毎日煮汁を飲んでいるのに痩せないのはなぜ?」と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、実は小豆ダイエットは間違ったやり方を実践している場合が多い方法であるとご存知でしょうか?

小豆にはダイエットに役立つ栄養が豊富に含まれていて、有効成分をしっかり取り込むと痩せられるので、一向に効果が現れない方は今までのやり方を見直して正しい方法を行うことが大切です。

そこで今回は、小豆ダイエットで痩せないときに行っている間違った方法と、体重を落とすための正しいやり方をお伝えします!


小豆ダイエットで痩せない人に共通する5つのNG実践方法


1 小豆ダイエットでよくある失敗とは?


小豆ダイエットは小豆の煮汁を飲む方法になりますが、失敗してしまう方には共通点があるので、まずはよくあるNG行為を確認しましょう。

小豆ダイエットでよくある3つのNG行為

飲み過ぎ

小豆ダイエットで気を付けたいのが飲み過ぎで、たくさん飲んでしまうと太るだけでなく、体調を崩してダイエットの継続が困難になります。

また、煮汁を作ると量が多くなることがあり、消費しようと飲む量を増やしてしまう場合がある

ので、痩せるためにも飲み過ぎないようにしましょう。

食事制限

小豆の煮汁を飲むことでダイエットはできますが、普段の食事を食べ過ぎていたら効果は得られません。

ダイエットを成功させるためには、食事の量も制限する必要があるので、予め食べる量を決めて食べ過ぎないようにしましょう。

冷蔵庫保存した煮汁

煮汁を作った後は、余った分を冷蔵庫で保存する方が多いのではないでしょうか?

保存すること自体は全く問題ありませんが、再び飲む場合は常温か加熱してホットにする必要があります。

冷たいまま飲むと食欲が促進されて食べ過ぎに繋がるので、防ぐためにも常温以上の温度にしましょう。

小豆ダイエットで失敗する方は、煮汁を飲み過ぎたり食べ物を食べ過ぎたりしている可能性が高いので、痩せるためにも量の制限を意識してくださいね!


2 残った小豆の処理方法


小豆の煮汁を取った後は、残った小豆がもったいないので「何かに使えないかな」と考えてしまいますよね。

一番お手軽な使い道は、小豆の栄養を摂るために食べてしまうことですが、量に気を付けないと太る原因となります。

少量であればご飯やサラダに混ぜることで、腹持ちが良くなり食べる量を減らせますが、小豆の煮汁はほとんど毎日作るので大量に残ってしまいます。

全て消費しようとして、毎日たくさん食べてしまうとダイエット効果を得られないので、余った小豆は状態にもよりますが1ヶ月ぐらい保存できるので、小分けにして冷凍しておきましょう。

ただし、あまりにも残った量が多くなったときは、もったいなくても捨ててしまうことが大切になるので、無理をして食べないようにしてくださいね!


3 味付けや一緒に食べる物に注意する理由


小豆ダイエットで太ってしまう理由には、味付けに問題があったという場合があるので、失敗してしまった方は見直すことが大切です。

更に、一緒に食べる食べ物にも注意する必要があるので、太る原因を知ってしっかり対策をしましょう。

小豆ダイエットで太る2つの原因

味付け

小豆の煮汁は人によってはかなり飲みにくい飲み物になるので、味付けを工夫する必要があります。

甘めが好きなら甘味料を使用したり、スープに入れて飲みやすいようにしたりなど、自分が飲める味付けにすることは非常に大切です。

ただし、味付けはカロリーオーバーが起きやすく、特に甘味料は美味しくてたくさん入れてしまうことが多いので、痩せるためにも制限しましょう。

一緒に食べる食べ物

小豆の煮汁に何も入れなくても、一緒に食べる物として甘い食べ物を用意しているときは気を付ける必要があります。

甘い物は量に注意しないとすぐにカロリーオーバーになるので、ダイエットを成功させるためにも少なめを意識することが大切です。

小豆ダイエットで失敗する理由は、甘い物の摂り過ぎによるカロリーオーバーになるので、つい食べてしまう方は少しずつでも量を減らしてくださいね!



4 小豆ダイエットを行う期間


小豆ダイエットで失敗する方は、途中で諦めてしまうという共通点があるので、効果が現れるまで継続する必要があります。

小豆ダイエットは早くて2週間ほどで効果が実感でき、長く続けるほど更に痩せやすくなるので、変化が出るまでしっかり続けましょう。

ただし、どんどん太っていく方はやり方を間違えている可能性が高いので、「2週間経ったら以前より太った、、」という場合は、太る原因を早めに見つけることが重要です。

ダイエットはすぐに効果が現れないと挫折する方が多いのですが、何よりも諦めないことが肝心のため、正しい方法を毎日実践して確実に成功させましょう!


5 正しい小豆ダイエットの方法


小豆に含まれるポリフェノールは、糖や脂肪の吸収を抑える働きをするので非常に高いダイエット効果を得られますが、正しい方法を行わないとなかなか痩せることができません。

小豆ダイエットの正しい方法

・1日3食の食前に飲む
・毎食ごとの飲む量はコップ1杯分
・1日で計400mlぐらい飲む

小豆ダイエットは、毎食コップ1杯分を食前に飲むことで脂肪の吸収を抑えられますが、一気に飲むと効果が現れません。

確実に痩せるためには1日の量を守り、毎日続けることが重要になるので、まずは間違った方法を行っていないか確認をしてくださいね!


小豆ダイエットで痩せない人に共通するやり方と、正しい実践方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

小豆ダイエットで痩せないときは、太ってしまうやり方を行っている可能性が高いので、改善するためにもまずは間違った実践方法を知る必要があります。

特に、煮汁の飲み過ぎや普段の食事の食べ過ぎはよくある失敗になるので、自制するよう意識したり1日の食事の計画を立てたりして対策をしましょう。

他にも、煮汁を取った後の小豆をたくさん食べたり、甘くしようと甘味料を使ったりすると、簡単にカロリーオーバーを起こして太ってしまいます。

小豆ダイエットを成功させるためには、正しい方法をしっかり守って、効果が現れるまで継続することが重要になるので、痩せられないからと諦めずに毎日行ってくださいね!

まとめ

小豆ダイエットで痩せない人に共通する5つのNG実践方法

1 小豆ダイエットでよくある失敗は飲み過ぎと食べ過ぎの2つ
2 残った小豆は少量であれば普段の食事に混ぜて残りは捨てることが大事
3 甘味料や甘い物を食べるときはカロリーオーバーに注意する
4 小豆ダイエットを行う期間は最低でも2週間
5 小豆ダイエットの正しい方法は1日3食の食前にコップ1杯分飲む


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext