医者が太鼓判を押す7つのおすすめダイエット法

医者が太鼓判を押す7つのおすすめダイエット法

「最近ちょっと太ってきちゃった」「どうせダイエットするなら健康的に綺麗になりたい」「体を壊すようなダイエットは嫌だな」こんな風に思ったことはありませんか?

痩せようと頑張っている人は多いですが理想的な体型になるのはなかなか難しいものですよね。

でもダイエットで無理をしすぎてしまい、体調を崩したのでは元も子もありません。

体に過度の負担をかけないで上手に痩せるために、どんなダイエット方法が効果的なのか知りたいと思いませんか?

そこで今回は、医者が太鼓判を押しておすすめする、7つのダイエット方法をご紹介します。


医者が太鼓判を押す7つのおすすめダイエット法


1 確実にカロリーを制限しつつ栄養バランスをとる方法


痩せるためには食事を減らすのが鉄則で、摂取カロリーが消費カロリーよりも少なくなるように調節する必要がありますが、無理な食事制限をしていると栄養が偏ってしまう場合があります。

やっかいなことに、栄養バランスが偏ってしまうと順調に痩せなくなってしまいます。

でも、毎日毎日栄養バランスのしっかりとれた料理を作るのは、忙しい現代人には難しいものですよね。

そこで頼りになるのがサプリです。薬局に行けばビタミン、鉄分、ミネラルなど不足しがちで取り入れにくい栄養素のサプリが手に入ります。

ダイエット中はサプリを食事と併用して使うのがおすすめ。ただしあくまでも栄養補助としてサプリを使いましょう。

また、飲むだけで痩せる!と煽るようなサプリには、キツイ成分が含まれていることもあるため注意しましょう。


2 カンタン!誰にでもできる有酸素運動とは?


有酸素運動として痩せる効果が高いのはウォーキングです。

ウォーキングは場所を選ばず、誰でも簡単に始められます。

まずは近くのコンビニへ行く程度でも良いし、音楽を聴きながら楽しんで歩くのもおすすめ!

慣れてきたら本格的にシューズとウェアをそろえて時間を測って歩きましょう。

大切なのはウォーキングの習慣をつけ、ずっと続けることです。

1カ月も続けていれば、自然と体の基礎代謝が上がっていますよ。

ウォーキングは体力がつき、徐々に痩せられ、リバウンドもしない健康的なダイエット方法です。


3 腰へ負担をほとんどかけない運動とは?


かなりの肥満体型だったり、体が弱くちょっと動いただけで体重が膝にかかってしまって辛いという人におすすめなのはスイミングです。

水の中だと浮力が働くため、体が軽く感じられます。

体重が重い人でも骨や筋肉への負担が少ないのがスイミングの魅力です。

また頑張って泳ぐことで肺や心臓が鍛えられます。

市民プールなら利用料はスポーツジムに通うよりも安くすみます。

プールへ行って、ひと泳ぎする習慣をつけ、体を傷めずにダイエットしましょう!


4 ちょっとずつカロリーを減らすコツとは?


カロリーを減らさないといけないけれど、食事を完全に抜くのは辛いという人におすすめなのが置き換えダイエットです。

置き換えダイエットとは、朝、昼、晩のどれか1食を低カロリーでシンプルな食品に置き換える方法です。

置き換えダイエットの具体的なやり方

・朝ご飯を野菜たっぷりスムージー、ヨーグルトにする
・昼ごはんをバナナミルクにする
・おやつをビタミンドリンクにする
・夕ご飯をミールタイプの健康食品にする

置き換えダイエットを実践するうえで気をつけたいポイントは、カロリーが低くても栄養バランスのとれた食品を取り入れることです。

また、どうしてもお腹が空いて仕方ないという人は、置き換えダイエットと並行して仕事をしたり、外出したりと空腹を紛らわすための活動をするようにしましょう。

栄養バランスを崩さないように置き換えダイエットを続けていれば、じわじわと健康的に痩せられてリバウンドもしません。ぜひ取り組んでみるようにしましょう。

関連記事
ヨーグルト置き換えダイエットで2週間3キロ痩せ!実践5つのコツ


5 マンネリ防止!モチベーションを保つ方法


ダイエットをすぐ止めてしまう人は、やる気が続かないという欠点があります。

また自己管理ができておらず、自分がどれくらいのカロリーを摂取しているのか、自分の適正体重が何キロなのかを理解できていません。

飽きっぽい人が本気でダイエットを続けるためには、毎日体重計に乗って、体重の増減と体脂肪率をチェックし表に記録するレコーディングダイエットがおすすめです。

レコーディングダイエットは毎日体重を表に記録することで、繰り返しダイエットしていることを脳に思い出させる効果があります。

自分の体のパターンも分かってくるため、どのくらい食べたら体重が何キロ増えるのかを把握できるようになります。

体重をグラフに記入して可視化しているので、減った時の喜びも大きいですよね。

ダイエットへのモチベーションを高め維持し続けるという意味で、レコーディングダイエットはとても効果的です。

食事制限や運動と並行して、毎日体重の記録をつけるようにしましょう。


6 効果絶大!絶対に痩せる方法とは?


絶対にダイエットできる方法は、荒治療ですが、生活パターンをまるごと変えてしまうことです。

例えば以下のような生活改善ができます。

生活をまるごと変える例

・毎日飲み会が続く職場から、体を動かす仕事に転職する
・通勤を車から自転車、徒歩にする
・ダイエットジムに入会し、毎日通う(大金を払えば本気になれる)
・真剣なスポーツチームに参加する(練習が厳しいほど良い)
・買い食いを防ぐため現金を一切持ち歩かないようにする
・冷蔵庫に食材を一切保存せず、食生活をまるごと変える

例に挙げたのはどれも思い切った荒治療ですが、本気で痩せたいなら生活パターンを変えてしまうのはとてもおすすめです。

人が太ってしまう原因は、食べ過ぎや運動不足が毎日積み重なった結果です。

そのことを逆に応用し、毎日の積み重ねで痩せられるようなパターンを作りましょう。


7 なによりも1番ラクなダイエット方法とは?


1番ラクをして痩せられる方法は、良質な睡眠をたっぷり取ることです。

人の身体は睡眠中にメンテナンスを行っていて、ぐっすり良く眠れていれば、成長ホルモンが多く分泌され、代謝がよくなるので脂肪も多く燃焼されます。

つまり、眠っているだけで、かなりのダイエット効果が見込めるのです。

逆に睡眠時間が足りていないとストレスがたまり食欲が増進され、太りやすい体質になってしまいます。

良質な睡眠のためにはベットを清潔にしたり照明を落ち着いたものにして環境を整えるのがおすすめです。

寝る前に興奮を高めるような活動は避け、睡眠を妨げるアルコールの摂取なども控えましょう。

そして毎日ぐっすり眠ることで脂肪をドンドン燃やすようにしましょう。

関連記事
短時間睡眠は寿命に影響が!健康維持のための睡眠法6つ


さて、『医者が太鼓判を押す7つのおすすめダイエット法』はいかがでしたか?

やはりダイエットの基本は食事、運動、睡眠です。

また体重の測定と記録も、やる気を維持するためには大切だということがわかりました。

自分の生活を見直して、出来ることからぜひ日常生活に取り入れるようにしましょう。

まとめ

医者が太鼓判を押す7つのおすすめダイエット法

1 確実にカロリーを制限しつつ栄養バランスをとる方法
2 カンタン!誰にでもできる有酸素運動とは?
3 腰へ負担をほとんどかけない運動とは?
4 ちょっとずつカロリーを減らすコツとは?
5 マンネリ防止!モチベーションを保つ方法
6 効果絶大!絶対に痩せる方法とは?
7 なによりも1番ラクなダイエット方法とは?


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext