ヨーグルト置き換えダイエットで2週間3キロ痩せ!実践5つのコツ

2週間3キロ痩せが実現!ヨーグルト置き換えダイエット実践5つのコツ
ヨーグルトといえば便秘に効く、というイメージが強いですが、今そのヨーグルトの持つダイエット効果が注目を浴びています。

ヨーグルトは、カルシウム、ビタミン、ミネラルだけでなく、タンパク質も含んでいる万能食品のため、他の置き換えダイエットなどでありがちな体重は落ちたけれど、体脂肪が変わらず筋肉量が落ちてしまうようなことが、ヨーグルトダイエットでは起きにくいのが特徴です。

そこで今回は、理想のボディを手に入れるためにヨーグルトをどのように活用すれば良いのか、具体的な食べ方も含めてご紹介します。                       


ヨーグルト置き換えダイエットで2週間3キロ痩せ!実践5つのコツ


1 ヨーグルトが持つ4つの健康美容効果とは


美容や健康にも優れた食品であるヨーグルトの素晴らしい効用効果をご紹介します。

ヨーグルトが持つ優れた効用効果

脂肪分解効果

ヨーグルトに含まれるカルシウムは吸収率が高く、脂肪を分解する効果があります。
また、腸内環境を整えることで有名な乳酸菌にも、代謝を良くし、脂肪を分解する効果があることが分かっています。

腸内環境を整える

ヨーグルトといえば便秘解消効果がよく知られていますが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内環境を整え、お通じをよくしてくれます。
それだけではなく、腸内の余分な脂肪や老廃物も排泄してくれるので、ウエストダウンにもつながります。

美肌効果

ヨーグルトを食べて腸内環境が良くなれば、ニキビ予防や美肌効果もあります。

生活習慣病予防効果

血中の中性脂肪やコレステロールを分解し、血管を綺麗にしてくれる効果もあるので、糖尿病やメタボ、動脈硬化にも効果がああります。

さらにヨーグルトは、体の免疫力を高めてくれるため、貧血や風邪予防といった、体調不良になるリスクを減らすこともできます。


2 ヨーグルト置き換えダイエットの行う前の注意点


実際にヨーグルトダイエットを行ううえでの注意点をご紹介します。

ヨーグルトダイエットの3つの注意点

使うのは無糖のプレーンヨーグルト

市販のヨーグルトは、砂糖や生クリームがたっぷりのものが売られていることがあります。
これではカロリー脂肪分共に上がり、ダイエットの効果が弱くなってしまいます。
必ず無糖のヨーグルトを使いましょう。

甘みを足すならはちみつやオリゴ糖にする

どうしても甘みがないと食べられないという方は、はちみつや黒糖、オリゴ糖といった天然の甘味料がおススメです。
オリゴ糖は腸内で善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

食べる量は1日300gを目安にする

ヨーグルトは食べるほど痩せる食品ではありません。
1日当たり300g、多くとも500gを目安にしましょう。
ヨーグルトを1食置き換えに使うのであれば、1回300gが目安です。

ヨーグルトだけ食べるのではNG

ヨーグルトが栄養バランスがいいからと言って、1日3食ヨーグルトだけというのはNGです。

1日の食事がヨーグルトだけだと、カロリー、栄養ともに不足し、体調不良やリバウンド原因になってしまいます。

無理なくヨーグルトダイエット続ける秘訣は、ヨーグルトを1食だけ、おやつとして置き換えるイメージです。


3 ダイエットに効果的なヨーグルトを食べる時間帯


人間の身体は、夜の時間帯のほうが、脂肪を蓄積しやすい時間帯となっています。

夕食をヨーグルトに置き換えることで、カロリーや脂肪分をカットしつつ、必要な栄養素はヨーグルトから摂取できるです。

さらに、脂肪燃焼に効果があるカルシウムが吸収されて、体内で脂肪を燃やし始めるの時間帯も夜、腸内環境が整えられる時間帯も夜です。

デトックス効果と朝スッキリの便通のために、ヨーグルト置き換えダイエットは夕食で行うようにしましょう。


4 ホットヨーグルトがダイエット効果をアップさせる理由


善玉菌の活動がより活発化し、カルシウムの吸収率アップを狙うのであれば、冷蔵庫から取り出したばかりのヨーグルトを食べるのはNG!

ぜひヨーグルトに熱を加えて作るホットヨーグルトを試してみましょう!

ホットヨーグルトの作り方

用意するもの

・プレーンヨーグルト:200g
・水:大さじ2杯
・オリゴ糖:大さじ1
※はちみつ可
・耐熱容器

作り方

①プレーンヨーグルトと水とオリゴ糖を耐熱容器に入れてよく混ぜる
②耐熱容器にラップをせずに、電子レンジで500Wで1分50秒(600Wで1分40秒)温める
③よくかき混ぜれば出来上がり!

もしヨーグルトが冷たいようであれば、追加で10秒温めましょう。

ただし、温めすぎるとヨーグルトが分離してしまうので、注意するようにしましょう。


5 無理なく体重を落とせるヨーグルトダイエット実践期間


ヨーグルトダイエットでの急激な体重減少は、リバウンドを招く恐れがあり、最終的なダイエット失敗の原因になります。

そこでヨーグルト置き換えダイエットは、最低1週間は継続、できれば2週間は行うようにしましょう。

元の体重や体質にもよりますが、通常であれば2週間で3㎏程度の体重マイナス効果がヨーグルトダイエットで見込めます。

医学的にリバウンドのリスクが少ないのが、1か月で2~3㎏のペースで体重を落とすことですので、まさにヨーグルトダイエットはかなり効率よくダイエットができることになります。

また、ヨーグルト1食置き換えダイエットを始めたものの、ヨーグルトだけでは我慢できない、毎日ヨーグルトだけだと飽きそうな場合は、アレンジを加えて楽しむことも大切です。

ヨーグルトに果物をトッピングする、ヨーグルトを材料に入れたスムージーを使って置き換える、といった方法でも効果があり、味付けも楽しめますよ。


さて、『ヨーグルト置き換えダイエットで2週間3キロ痩せ!実践5つのコツ』はいかがでしたか?

ヨーグルト置き換えダイエットは無理な食事制限をすることないので、どなたでも取り組めるダイエット方法です。

さらにヨーグルトダイエットを続けることで、肌のコンディションや便秘改善など、体調面が改善する点も良いですよね。

今までいろいろな置き換えダイエットを試してきたけれど、うまくいかなかった方や、これからダイエットを始めようという方は、ぜひヨーグルト置き換えダイエットを実践してみてくださいね!

まとめ

ヨーグルト置き換えダイエットで2週間3キロ痩せ!実践5つのコツ

1 ヨーグルトが持つ4つの健康美容効果とは
2 ヨーグルト置き換えダイエットの行う前の注意点
3 ダイエットに効果的なヨーグルトを食べる時間帯
4 ホットヨーグルトがダイエット効果をアップさせる理由
5 ヨーグルトダイエットで目指せる!2週間に3キロダウン


今、あなたにオススメ

    

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext