【寝れないときに寝る方法】羊を数える以外の即寝実践法

【寝れないときに寝る方法】羊を数える以外の即寝実践法

昔から寝れないときに寝る方法として、羊を1匹、2匹と数えるやり方があり、多くの方が試しに数えてみたことがありますよね。

羊を数えるだけで本当に寝られれば良いのですが、実は羊を数える方法は日本文化ではなく、外国由来の方法のため日本語では効果が薄いということをご存知でしたか?

寝れないときに寝るためには、羊を数える以外の眠れる方法を行う必要があるので、布団に入ってから何時間も寝られないという方は実践することが大切です。

そこで今回は、何時間も眠れないときに試しておきたい、すぐに寝られる方法をお伝えします!


【寝れないときに寝る方法】羊を数える以外の即寝実践法5つ


1 身の周りの環境を改善する理由


しっかり寝られるように、部屋や自分は睡眠に適した状態になっていますか?

落ち着かない状態になっていると、すぐに寝られるようにはならないので、一向に眠れないときはすぐにできる所から改善をしましょう。

すぐに改善したい3つの睡眠環境

照明

寝るときに照明を点けっぱなしにしていると、光が目に飛び込んできて寝付きにくくなります。

瞼を閉じていても光を感知するので、なるべく真っ暗な状態にすることが大切ですが、暗いのが怖いときは明るさを調節できる照明を取り入れて、少しずつ慣らしていきましょう。

不快な音

心地良い音は眠気を誘いますが、冷蔵庫やテレビなどから聴こえてくる音は、不快な気持ちにさせることが多い上に、一度気になるとなかなか寝れなくなりますよね。

すぐに寝るためには、音が出ないように電源を切ったり、耳栓を付けたりする必要があるので、寝付きを良くするためにも実施しましょう。

パジャマを着る

パジャマもすぐに寝るためには欠かせない存在で、部屋着のままだと心が落ち着かなかったり、汗の吸水性が弱かったりします。

すぐに寝るためには、心と体を快適な状態にすることが重要になるので、自分が着ている服にも注目しましょう。

寝れないときに寝る方法は色々ありますが、何よりも環境が大事になるので、すぐに寝るためにも部屋の状態や自分が着ている物には注意してくださいね!


2 心と体をリラックスさせる方法


寝れないときに寝る方法には、心と体をリラックスさせて眠気を誘いだすやり方があるので、興奮状態になりやすい方は取り入れることが大切です。

心と体をリラックスさせる4つの方法

音楽

音楽には心を落ち着かせる作用があり、寝る前に鳴らしておくと短時間で眠ることができます。

そして、BGMとして最適な音楽は、ボーカルや起伏の激しい音が入っていない落ち着いた音楽になるので、自分が最も聴きやすいものを選びましょう。

ホットミルク

ホットミルクには、睡眠に必要な成分であるカルシウムやトリプトファンが含まれているので、眠れないときに飲むと効果が発揮されます。

また、ホットミルクには体を内部から温める作用があるので、寝るために必要な体温になりやすくします。

ストレッチ

寝る前はすぐに寝るためにもストレッチを行うことが大切で、自分が気持ち良いと思うぐらいの強さで行うと効果があります。

更に、1日の疲れを取る効果もあるので、寝付きを良くしたり朝の目覚めをスッキリさせたりしたいときは、軽いストレッチを行いましょう。

香り

香りで脳に働きをかけると、心がリラックスして寝付きがよくなるので、眠れないときはアロマを取り入れることをおすすめします。

特に、ラベンダーは安眠作用が強いので、なかなか寝れないときはすぐに取り入れましょう。

すぐに寝るためには、心と体をリラックスさせることが重要になるので、布団に入ると落ち着かない方はできる方法から実践してみてくださいね!


3 すぐに寝られる呼吸法


何時間も眠れないと、つい布団の中でゴロゴロと動いてしまいますよね。

しかし、動けば動くほど眠れなくなるので、体を落ち着かせるためにも呼吸から改善をすることが大切です。

すぐに眠れる478呼吸法の3手順

①4秒鼻から息を吸う

口からは吸わず、しっかり鼻から息を吸うよう意識しましょう。

②7秒息を止める

最初は7秒間が長く感じますが、慣れてくると簡単にできるようになるので実践してみてください。

③8秒ゆっくり口から息を吐く

鼻から吸った息は口から出すようにし、吐き出すときはゆっくり行いましょう。

478呼吸法は仰向けの状態で行う方法になるので、寝るときは横向きやうつ伏せにはならないように気を付けることが重要になります。

寝れないときに寝る方法として、呼吸の改善は非常に有効な手段になるので、すぐに寝れるようにするためにも実践してみてくださいね!



4 眠気を誘う簡単な方法


寝れないときに寝る方法には、アロマオイルや音楽再生機器など、事前に用意しなければならない物が多くありますが、道具を持っていない方は実行することができませんよね。

そこで、特別な道具を用意しなくても眠れる方法をお伝えします!

特別な道具を使わなくても眠れる3つの方法

布団から出る

寝られないときは「早く寝たい」と念じてしまいますが、考えるほど眠れなくなるので、思考から脱出するためにも一旦布団から出ることが大切です。

気分転換のためにトイレに行ったり、ボーっとしたりすると眠気が襲ってきて寝付きやすくなるので、どうしても寝れないときは布団から離れてみましょう。

読書

寝れないときは、眠気を出すためにも難しい本を読むことをおすすめします。

内容が難しいほど眠くなっていくので、家にある本を数冊出して眠気が出てくるまで読んでみましょう。

ただし、本を読むと逆に寝れなくなるという方は逆効果になるので、眠れなくなった経験がある方は避けてくださいね。

不安の解消

不安があるとなかなか眠れませんが、すぐに解消できるものではないので、早めに寝るためにも気になっていることを書きだす必要があります。

不安を書いておくと少し気持ちが和らぐので、安心感を得るためにも紙と鉛筆を用意して実践してみましょう。

スマホやパソコンで行うと、光が強くて目が冴えてしまうので、絶対にアナログで書くことが大切です。

寝れないときは、布団から離れたり読書をしたり、悩みを書きだしたりすると、眠気に襲われやすくなるのですぐに眠れる可能性が高まります。

そのため、長い時間布団の中にいても全く寝れないときは、ぜひ上記3つの方法を試してみてください!


5 眠るために必要な事前準備


寝れないときに寝る方法は確かに効果がありますが、毎日頼ってばかりいても根本からの解決には至りません。

寝れない状態から脱するためには、すぐに眠れるような対策を行っておく必要があるので、快眠を目指すためにも実施しましょう!

すぐに眠るために必要な3つの事前準備

お風呂タイム

ぬるめのお風呂は心と体をリラックス状態にすることができるので、寝付きが悪い方は就寝の1時間前に入浴することが大切です。

スマホやパソコンなどの時間

寝る前までスマホやパソコンを弄っていると、目に強烈な光が入ってきて脳が日中だと錯覚してしまいます。

すぐに寝るためには「今は寝る時間だ」と脳に思わせることが重要になるので、なるべく強い光は浴びないように気を付けましょう。

夜更かし

普段から夜更かしをしていると、自律神経が乱れて寝付きが悪くなるので、早めに寝るためにも規則正しい生活を心がける必要があります。

特に、休日の前夜は夜更かしをする可能性が高まるので、生活リズムを崩さないためにも早寝早起きを守りましょう。

寝る前の事前準備が万全な状態になるほど寝付きやすくなるので、寝れない日々が続いていたらすぐに今までの生活を見直してくださいね!


羊を数えなくてもすぐに眠れる方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

寝れないときに寝る方法は色々ありますが、まずは身の周りの環境を一から見直す必要があり、光や音など睡眠を妨げるものを極力減らすことが大切になります。

そして、心と体の興奮状態を抑えるためにも、静かな音楽やストレッチ、アロマなどを使用して眠りやすくしましょう。

また、寝付きを良くする道具を用意できないときは、呼吸法を改善したり布団から離れてみたりして、眠気を誘いだすことが重要になるので実践してみてください。

加えて、翌日からはすぐに寝るための事前準備行うと寝やすくなるので、寝れない日が続いていたらできる所から生活を改善しましょう!

まとめ

【寝れないときに寝る方法】羊を数える以外の即寝実践法

1 照明や不快な音、寝るときの服装を改善して寝やすい状態にする
2 寝るときは音楽やストレッチで心と体をリラックスさせる
3 寝れないときは478呼吸法を行う
4 眠気は布団から離れて読書をしたり、不安を解消したりするとやってくる
5 1時間前からお風呂に入ったり、スマホを遠ざけたりすると寝付きが良くなる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext