EMSの効果は限定的?腹筋を割る前にやっておくべき食事制限とトレーニング

EMSの効果は限定的?腹筋を割る前にやっておくべき食事制限とトレーニング

EMSは「辛い筋トレをしないで腹筋を割りたい!」という気持ちに応えた筋トレマシーンですが、何も考えずに使っていても効果は現れないので注意しましょう。

EMSの効果を引き出すためには、腹筋を割るために必要なことを知って、更には食事内容にも気を配るようにしなければなりません。

食事は太っていなくても、腹筋を割るためには非常に重要な要素になるので、EMSの使用と同時に行うことが大切になります。

また、EMSは運動が苦手な方でも腹筋を割ることができますが、早めに割りたいという場合はやはり筋トレが必要になるので、余裕があれば少しずつ取り入れるようにしましょう。


EMSの効果は限定的?腹筋を割る前にやっておくべき食事制限とトレーニング


1 腹筋を割るために必要なこととは?


腹筋を割るトレーニングは数多くあり、毎日しっかり実践すると綺麗に割れますが、他にも大切な要素はあるので同時に行うことが大切になります。

そして、EMSを使っていても必要なことをしていないと効果は現れないので、腹筋を割るためのトレーニングを始めるときはよく覚えておきましょう。

腹筋を割るために必要な2つの要素

食事制限

腹筋を割るためには腹部の脂肪を少なくする必要があり、厚みがあるといつまで経っても効果が現れないので、食事制限をすることが重要になります。

食事制限をすると、カロリーが抑えられるので体重が減少して内臓脂肪がなくなるので、まずは食べる量を減らしましょう。

そして、内臓脂肪が少なくなった後は皮下脂肪を落とすことが大切で、今度は食事内容を考える必要があります。

皮下脂肪を減らすためには、徹底して高カロリーな物を避けるのが必須になるので、腹筋を割るためにも実践してみましょう。

ただし、炭水化物は完全に抜くのではなく、量を減らすことが重要になるのでしっかり食事内容を見直してくださいね。

日頃の筋トレ

早めに腹筋を割るためには、当然ではありますが日頃から筋トレを行うことが大切になります。

しかし、筋トレは筋肉を酷使する行為のため、普段から鍛えていない方が行うと途中で限界が来てしまいます。

そのため、腹筋を割りたいと思ったときにはEMSの力を借りて、辛い筋トレを行う回数を調節する必要があります。

もちろん、EMSの使用と同時に適度な筋トレを行うと、早い内から効果を実感できるので自分の体力に合わせた方法を取りましょう。

EMSの効果を効率的に得るためには、食事と筋トレをうまく調節する必要があるので、なかなか実感できないときはぜひ試してみてくださいね!

2 腹筋を割るための食事

腹筋を割るためには、EMSの使用と同時に食事内容に気を配る必要があるので、高カロリーな食べ物を食べることが多い方はしっかり行いましょう。

そして、食事は朝昼夕それぞれしっかり食べることが重要になるので、絶対に欠かさないようにしてください。

腹筋を割るために必要な3つの食事

朝食

朝食は最も重要で、寝ている間に減ったエネルギーを回復させるためには必須な時間になるので、抜くことが多い方はしっかり食べる必要があります。

朝食を食べずにいると、体は筋肉からエネルギーを補充しようとするので、腹筋を割りたいときは食べるのを忘れずに体内に入れましょう。

昼食

昼食は朝食よりも少し多めの量を食べて、昼を乗り越えられるだけの体力を回復させましょう。

内容は野菜や肉、魚などのバランスを考えたメニューが一番良いので、偏った食事にしないことが大切になります。

夕食

夕食は昼食のときと同じようにバランスを考えたメニューでも大丈夫ですが、自分の体の状態を見て決めましょう。

今日1日の食事内容を見て、炭水化物を摂り過ぎたと思ったら抜いたり、逆に足りないと感じたら少し多めに入れてみたりして、体脂肪率を調節することが重要になります。

いずれも食事の内容は低カロリーを意識することが大切で、高カロリーの物ばかり摂っていると脂肪がついて、EMSを使っていても腹筋が割れにくくなってしまいます。

そのため、腹筋を割りたいときは3回の食事を抜かず、炭水化物や栄養バランスに気を付けてしっかり食べるようにしてくださいね!



3 お腹周りの脂肪を落とすための方法


腹筋が割れない原因はお腹の周りにある脂肪のため、落とさないとEMSを使っていてもなかなか効果が現れません。

そのため、脂肪を減らして腹筋が割れるような習慣を取り入れることが重要になり、食事内容はもちろん軽い運動も行う必要があります。

そして、激しい運動は長続きしない上に、体に余計な負担をかけてしまうので、腹筋を割ろうと思ったときは軽い気持ちでできる運動を取り入れましょう。

お腹周り脂肪を落とすための有酸素運動

・ウォーキング
・ジョギング
・サイクリング
・水泳
・縄跳び

脂肪は有酸素運動でしか燃えないので、落としたいときは自分の体力に合わせた運動を習慣化させることが大切です。

特に、ウォーキングは普段運動をしていなくてもあまり負担をかけずに行えるので、脂肪を落として腹筋を割りたいときは、無理をせずできる所から始めてくださいね!


4 運動で脂肪を落とすときの注意点


腹筋を割るためには、EMSの効果だけでなく有酸素運動や筋トレを少しずつ取り入れるようにすることが大切ですが、体に負担をかけないトレーニングをする必要があります。

運動で脂肪を落とすときの注意点

激しい運動

腹筋を割るために脂肪を落とそうとしたとき、いきなり自分の体力を超えた運動を行うと、体に負担をかけて節々が痛くなる場合があるので、徐々にステップアップするようにしましょう。

筋肉痛が残っているときは無理しない

今まであまり運動をしてこなかった方は、軽い運動であっても筋肉痛が発生する可能性があるので、適度な休憩を取ることが重要になります。

筋肉痛がなくなるまで休ませることで、負担をかけずに続けられるのでしっかり回復してから再び運動を始めましょう。

最初に負担をかける動きをすると、体に疲れが溜まって運動をするのが億劫になるので、腹筋を割るためにも激しい運動は避けて、なるべく休憩も取り入れるようにしてくださいね!


5 EMSの役割とは?


EMSの効果を得るためには、使用と同時に食事制限や有酸素運動を取り入れて、脂肪をつきにくくすることが大切になりますが他にも役割があります。

EMSは今まで鍛えてこなかった腹筋に使用するほど効果的で、トレーニングしにくい部分に使うと力が発揮されます。

特に、脇腹の筋肉や背中の筋肉は、初心者の方が鍛えようとしてもなかなかうまくいかないことが多いので、EMSを使用して効率的に行うことが大切になります。

腹筋を割るためには背中やお尻なども一緒に鍛えないと、筋肉が発達しない上に怪我の元になる可能性があるので、EMSを使って刺激を与えるようにしましょう。

腹筋を効率よく割るためには、鍛えにくい部分の筋肉も必要になるので、EMSを使用して全身をバランスよくトレーニングするようにしましょう。


EMSを使って腹筋を割るためには、炭水化物の量を減らしたり高カロリーの食べ物を避けたりする必要があるので、なかなか割れないと悩んでいる方は自分の食生活を見直すことが重要になります。

更に、お腹周りに脂肪が溜まっていても腹筋は割れないので、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行って燃やすこともEMSの効果を得るためには必須です。

そして、EMSは背中や脇腹の筋肉など鍛えにくい部分に使うと、効率よく腹筋を割ることができるので時間を無駄にしないためにも使ってみましょう。

全身の筋肉を鍛えると腹筋は割れやすくなるので、EMSをうまく活用してしっかりトレーニングを行ってくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

EMSの効果は限定的?腹筋を割る前にやっておくべき食事制限とトレーニング

1 腹筋を割るために必要なこととは?
2 腹筋を割るための食事
3 お腹周りの脂肪を落とすための方法
4 運動で脂肪を落とすときの注意点
5 EMSの役割とは?


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext