水泳ダイエットで5キロ痩せるための実践メニュー&食事のコツ

水泳ダイエットで5キロ痩せるための実践メニューと食事コントロールのコツ5つ

痩せるための方法は世の中にたくさんあり、水泳ダイエットも効果が期待できる物として人気ですが、痩せたと実感するためには実践メニューと食事に気を付ける必要があります。

水泳ダイエットは健康的に痩せることができるので、肥満状態が気になる方はぜひ実践してほしいのですが、初めて行う方がいきなり無理をすると長続きしないので少しずつメニューを追加するやり方が最適になります。

そして、水泳ダイエットを成功させるためには普段の食事にも気を配ることが重要で、消費カロリー以上にカロリーを摂取してしまうと痩せられないので注意しましょう。

そこで今回は、水泳ダイエットを成功させるための実践メニューと、食事をコントロールのコツをご紹介します!


水泳ダイエットで5キロ痩せるための実践メニュー&食事のコツ


1 水泳ダイエットの効果とは?


水泳ダイエットは健康的に痩せたいときにおすすめの方法で、特に血行改善の効果が非常に大きいのが特徴になります。

血行不良はダイエットだけでなく健康にも影響が現れるほど重要で、改善されないままでいると体内の老廃物が排出されなくなったり、栄養が行き渡らなくなったりします。

老廃物が体内に溜まっていると、脂肪が付きやすくなるとされているセルライトができるので、健康的に痩せるためにはしっかり排出する必要があります。

更に、血行不良になって栄養が行き渡らなくなると、体が冷えて何をしても痩せることができなくなるという状態になるので、血の巡りを改善するためにも水泳ダイエットをおすすめします。

水中では陸にいるより大きな圧力がかかり、動くだけで水圧によってマッサージされるので、血流が大幅に改善されて体内の老廃物を排出してくれます。

そのため、水泳ダイエットは太る原因である老廃物を効率的に流してくれるので、健康的に痩せたいと思ったときは取り入れてみましょう。

また、水泳ダイエットは水の浮力のおかげで足腰に負担をかけなくて済むというメリットがあるので、陸で行う運動が長続きしない方は実践してみることが大切です。

水泳ダイエットは週4で行うと劇的に痩せられるので、確実に成功させたいときはしっかり時間を確保して行ってくださいね!


2 水泳ダイエット初心者が最初に行うメニュー


水泳ダイエットは泳がなくてはならないと思ってしまいますが、初めて行う方は継続させるためにもまずは歩くことをおすすめします。

水中を歩くだけでも足に負荷がかかって思うように動かすことができないので、歩くためにも全身の筋肉を使うようになります。

筋肉を使うようになると痩せるために必要な様々な効果を得ることができるので、最初は泳がず水中の散歩から始めましょう。

水中を歩くことで得られる4つの効果

・バランスの良い筋肉が付く
・脂肪の燃焼
・代謝が良くなる
・ストレスの解消

全身を使う水中の散歩を継続して行うと、適度な筋肉が付いて脂肪が燃焼されやすくなります。

更に、筋肉は代謝を改善する働きがあり、ダイエットを成功させるためには欠かせない存在になるので、痩せたいときはしっかり付けることが大切です。

そして、ダイエットを継続させるためには楽しく行うことも重要で、ストレスが溜まったままだと長続きしません。

ただ歩くだけでも水泳ダイエットは効果を発揮する上に、運動することによるストレス解消にもつながるので、体の脂肪をしっかり燃焼したい方は何も考えず楽しく歩きましょう。

早く痩せたいために体に負担がかかるほど泳いでしまうと、長続きせず途中で投げ出す可能性が高まるので、初めて水泳ダイエットを行うときは楽しんで継続させやすい状態にしてくださいね!

関連記事
水中ウォーキングで痩せない人がやっているNG実践法と改善策6つ


3 取り入れておきたい追加メニュー


水の中を歩くのに慣れてきた頃に追加したいメニューが平泳ぎで、クロールや背泳ぎに比べると泳ぎやすい部類に入ります。

ダイエットは激しい運動を短時間で行うより、水泳のように軽い物を長時間行う方が最も効果があるので平泳ぎで30分以上かけて泳ぎましょう。

平泳ぎを継続して行うとただ歩くより更に脂肪燃焼の効率が上がり、痩せるために必要な筋肉も適度に付きます。

特に、平泳ぎは腹筋が鍛えられるので、お腹の脂肪を燃焼して引き締まった筋肉を手に入れたいときは実践してみましょう。

また、歩くより消費カロリーが増えるので、水中を歩くのに慣れてきたときは確実に痩せるためにも平泳ぎを取り入れてみてくださいね!



4 消費カロリーを大きくするための泳ぎとは?


水泳ダイエットは水中散歩と平泳ぎによって成功させられますが、更に消費カロリーを増やしたいときは動きが大きいクロールを取り入れることをおすすめします。

もちろんクロールもゆっくりと長い時間かけて泳ぐことが大切ですが、動きが大きい分フォームが乱れやすいという特徴があります。

フォームが乱れるとカロリー消費の効率が悪くなったり、余計な筋肉が付いたりするので、脂肪だけを燃焼したい方にはあまりクロールをおすすめできません。

ただし、クロールは正しいフォームで1時間ゆっくり行うと、人によりますが約1300kcalも消費できるほどの力があるので、泳ぎに自信がある方は実践してみましょう。

そして、効果が現れる距離は200mぐらい泳いだ後になるので、クロールでたくさんのカロリーを消費したいときは正しいフォームと体力の維持が必要になります。

クロールでダイエットを行うのはとても難しいのですが、消費カロリーの多さには目を見張るものがあるので泳げる方はぜひ実践してみてくださいね!


5 水泳ダイエット中の食事


水泳ダイエットの効果を得るためには、消費カロリーが摂取カロリーを超えないといけないので、毎日の食事に気を付ける必要があります。

そして、摂取するカロリーの多さ以外にも、エネルギーの消費量にも注意することが大切で、極度に食事制限をしてしまうと水泳ダイエットを行うための体力もなくなってしまいます。

極度の食事制限を続けていると、水泳が終わった後に暴飲暴食をしてしまうこともあるので、ダイエット中でも1日3回の食事は欠かさないようにしましょう。

水泳ダイエットは消費カロリーが大きいのが特徴になるので、3回食事を摂っても太ることはほとんどありません。

ダイエットでの食事の問題は食べ過ぎによるカロリーオーバーになるので、どうしても食べたくなったときはバナナやジュースなど、糖分が含まれている物を食べて空腹感を抑えることがコツになります。

特に、水泳ダイエットをする前か後に摂取すると、カロリーオーバーを防げるので何かを食べたくなったとき用に1つ準備しておきましょう。

水泳ダイエット中の食事は抜き過ぎも食べ過ぎもNGになるので、食べるときは腹八分目ぐらいを意識してくださいね!


水泳ダイエットは主に、水の圧力によって血行を促進して老廃物を流すことを目的とする方法で、週4以上行うと劇的な効果を望めます。

そして、初めて行う方が無理をすると体に負担がかかる場合があるので、まずは水中を歩いて楽しむことが重要になります。

ダイエットは継続することが何よりも大切のため、水泳を楽しんでから追加メニューとして平泳ぎを行いましょう。

また、正しいフォームで行えるのであればクロールが最も消費カロリーが高くなるので、泳ぎに自信がある方は実践することが大切です。

水泳ダイエット中の食事に関しては、1日3食をしっかり食べて痩せるためのエネルギーを溜める必要があるので、極端に抜いたり食べ過ぎたりしないでくださいね!

まとめ

水泳ダイエットで5キロ痩せるための実践メニュー&食事のコツ

1 水泳ダイエットの効果とは?
2 水泳ダイエット初心者が最初に行うメニュー
3 取り入れておきたい追加メニュー
4 消費カロリーを大きくするための泳ぎとは?
5 水泳ダイエット中の食事


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext