ヤバいお腹の風邪の原因と今すぐにできる5つの方法

Deadly Listeria Food Poisoning: Who are at Risk?

お腹の風邪は感染性胃腸炎といって、ウイルス性と細菌性の2つに分かれています。

いずれの場合も、一般的な風邪である気道感染症と同じように発熱がある他は、胃痛や腹痛に始まり、下痢や嘔吐の症状が出る怖い病気なのです。

「あれ?いつもとお腹の様子が違うかも?」と違和感を感じたり、「なんだかいつもの風邪とは違うかもしれない、、」と不安になるのであれば要注意です!

そこで今回は、気になるお腹の風邪の具体的な症状と対処法をご紹介します。



ヤバいお腹の風邪の原因と今すぐにできる5つの方法


ステップ1 誰にでも簡単にすぐできる、症状を和らげる方法


お腹の風邪は普通の風邪と異なり、ウイルスや細菌が原因となっているため激しい胃痛や腹痛を伴うのが特徴です。

胃痛や腹痛のひどい痛み和らげるために、患部を温めるようにしましょう。

ホットカイロや湯たんぽなどで痛む部分をピンポイントで温めてあげると、激しい痛みを少しずつ和らげていくことができます。

もし、ホットカイロや湯たんぽが身近にない場合は、ホットドリンクが入っていたペットボトルや、ホットコーヒーが入っていたフタ付の缶にお湯を注ぐことで、代用することもできます。

くれぐれも、患部を温めたいからと入浴やシャワーを浴びるのは、痛みを悪化させる可能性があるので控えるようにしましょう。


ステップ2 飲めば治るは間違い?薬を飲まないで治す方法


お腹の風邪はウイルスや細菌が原因で起こるため、根本原因であるウイルスや細菌を身体から排出しない限り回復することはありません。

そのために身体には、強制的にウイルスや細菌を排出しようと、嘔吐や下痢の症状を起こす自然な働きが備わっています。

ですが、ここで下痢止めや吐き気止めの薬を服用してしまうと、身体に備わっている驚異的な回復システムの働きを邪魔することになってしまいます。

どうしても嘔吐や下痢に耐えられない場合に限り、整腸剤を服用するを程度に留めておきましょう。


ステップ3 胃と腸を休ませる最も効果的な方法


お腹の風邪が原因の下痢や嘔吐の症状が治まるまでは、出来るだけ食べ物を摂らず、胃や腸を休ませてあげることが大切です。

まず食べ物を摂ると、弱っている胃や腸を消化で酷使することになり、お腹の風邪の回復が遅れることになります。

症状改善にもっとも良い方法は、一切食べ物を摂らない絶食!お腹の症状が現れ出したときから2食分の食事を抜きましょう。

絶食といっても、水分補給は当然ながらOK!普通の水やスポーツドリンクでも良いのですが、用意できるのであれば飲む点滴と呼ばれる経口補水液が最適です。

経口補水液は、一般的な風邪である気道感染症や脱水症状を伴う熱中症対策にも有効なので、ドラッグストアや調剤薬局で予め購入しておくとよいですよ。


ステップ4 回復してきた胃や腸に負担のかからない食事方法


嘔吐や下痢の症状が治まって、少し食欲が出てきたときにオススメなのが葛湯です。

葛を水で溶かして熱を加えたものが葛湯で、抹茶やゆずレモンなどの、お湯を注ぐだけでできる甘い葛湯もありますが、おそらく甘味を感じるものは気持ち悪くなって、吐き出してしまうはずです。

そこでオーソドックスな葛粉と水だけで作る、お腹にやさしい葛湯の作り方をご紹介します。

お腹にやさしい葛湯の作り方

材料

本葛粉:大さじ1
水:180cc
塩:少々

作り方

①鍋にお水を入れます。
②別の小皿などの容器に本葛粉大さじ1を入れます。
③鍋のお水から大さじ1をとって葛粉に加えよく混ぜます。
④鍋に③3の葛粉を加え火にかけます。
⑤始めは白濁していますが透明になったら塩少々を加えて、出来上がり。

葛には薬効成分があり、葛根湯などの原料になるほど優れた生薬として知られています。

普段から本葛粉を用意しておけば、お腹の風邪だけではなく、胃痛などが起きたときに使うことができますし、本葛粉は片栗粉の代わりとして、とろみづけなどのお料理で使うこともできますよ。


ステップ5 それでもダメときに行う最後の方法


ステップ1からステップ4まで実行すれば、お腹の風邪は徐々に回復します。

大人の場合は軽い食事ができるようになるまで2日ほどはかかります。

軽い食事といっても、葛湯やうどんをやわらかく煮たもの、お粥などの流動食から口にして、徐々に胃を慣らしておくようにしましょう。

ただ、症状が治まらなかったり、安静にしているのに酷くなるようであれば、素直に病院で診察を受けましょう。

その場合、病院に行く前にお腹の風邪の症状を覚書として持っていけば、的確な診察を受けることができます。

お医者さんに知らせるべきお腹の風邪の症状

・下痢や嘔吐の症状はいつから始まったか
・下痢や嘔吐の回数(大まかに)
・下痢や嘔吐以外の症状の有無
・発症してからの1日ごとの水分量

かかり付けの内科病院にいくか、内科を受診することのできる総合病院に行きましょう。


さて、『ヤバいお腹の風邪の原因と今すぐにできる5つの方法』はいかがだったでしょうか?

お腹の風邪は、普段からたっぷり睡眠、正しい食生活、ストレスを溜めない生活を心掛けること、そして貝類などの生ものを食べないようにすることが大切です。

それでもお腹の風邪にかかってしまったのであれば、今回ご紹介した方法を活用してみてくださいね。

まとめ

ヤバいお腹の風邪の原因と今すぐにできる5つの方法

ステップ1 誰にでも簡単にすぐできる、症状を和らげる方法
ステップ2 飲めば治るは間違い?薬を飲まないで治す方法
ステップ3 胃と腸を休ませる最も効果的な方法
ステップ4 回復してきた胃や腸に負担のかからない食事方法
ステップ5 それでもダメときに行う最後の方法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext