視力低下の6つの原因がヤバイ!生活習慣改善で視力を回復する方法

視力低下の6つの原因がヤバイ!生活習慣改善で視力を回復する方法

基本的に人は目を頼りに生きていて、視力が低下すると眼鏡やコンタクトを使用しないと生活が困難になるので、視力低下を招く行為は避けることが重要になります。

低下した視力はなかなか治りにくいのですが、生活習慣の改善で回復する可能性があるのですぐにでも実践してみましょう。

そして、視力を回復するためには原因となる行為を一切やらないようにして、毎日規則正しい生活をする必要があります。

不規則な生活を送っていると、目に疲れが生じて視力が低下してしまうので、回復させるためにも一度見直すことが大切です。

そこで今回は、視力の低下を招く日常生活の行為と、生活習慣で回復する方法をご紹介します!


視力低下の6つの原因がヤバイ!生活習慣改善で視力を回復する方法


1 最も多い視力低下の原因


視力低下の原因で最も多いのが、長時間同じ場所を見て目を酷使することで、休憩を取らずに作業をしていると疲れ目や眼精疲労になって視界が霞んできます。

そのため、長時間同じ場所を見て作業していたと思ったら適度に休憩を挟んで、休んでいる間は目を使うような行為をしないようにする必要があります。

視力低下を招く3つの行為

・パソコンやスマートフォンの使い過ぎ
・携帯ゲーム機の画面の見過ぎ
・近くにある物をじっくり見る

目を使う作業をした後の休憩時間は、ついスマートフォンや読書などをして暇をつぶしてしまいますが、休んでいる間に目を使ってしまうようでは意味がありません。

休憩している間はできるだけ遠くの景色を見ることが重要になるので、まずは近くの物体から目を離すようにしましょう。

部屋を見渡す程度でも効果があるので、視力を回復させるためにも長時間作業をしたら、一度目を離すようにしてくださいね!


2 部屋の中の環境に注意


視力低下は長時間同じ場所を見て作業していなくても、部屋の中の環境によって下がる場合があるので気を付ける必要があります。

特に、電気を点けなかったりカーテンを開けなかったりする部屋で目を使う作業をしていると、非常に見えにくいため顔を近づけてしまいます。

暗い部屋の中で何かを見ようとすると、目の筋肉を酷使することになるので視力の低下につながります。

そのため、明かりのない部屋にいる機会が多い方は、電気を点けないのが視力低下の原因になるので、作業をするのに適した環境になっているかしっかりチェックしてくださいね!


3 眼鏡やコンタクトの度数の確認


視力低下の原因の一つに、眼鏡やコンタクトの度数が関わっている場合があるので、使用している方は確認することが大切になります。

特に、度数が強過ぎる物を使っていると、近視が進行しやすくなる上に目が常に疲れている状態になるので、視力が低下したと思ったら使っている眼鏡やコンタクトに注目してみましょう。

そして、遠くの物までよく見える眼鏡やコンタクトで、近くの物を見続けていると目の筋肉に負担がかかって次第に影響が出てきます。

そのため、視力低下を防ぐように度数を調節する必要があり、生活をする上では1.0程度で十分になるので、遠くまで見ることがない方は調整しましょう。

また、運転やスポーツを行う方は遠くの物を見る機会が多いので、度数が1.2程度になるように調整すること大切になります。

眼鏡やコンタクトを使用していて視力が低下する場合は、度数がきつ過ぎないようにして用途に合わせた使い方をすることが重要になるので、物が見えにくくなってきたときは調節してみてくださいね!



4 視力低下を招く姿勢とは?


視力低下は普段の姿勢が原因である場合があるので、作業をしているときに変な体勢になっていないかよく思い出してみましょう。

視力が低下する2つの姿勢

・猫背
・寝転ぶ

視力の低下を招く姿勢は物を近距離で見てしまいがちになり、加えて左右どちらかの目で見る場合が多いので、乱視や視力差が出てきやすくなります。

正しい姿勢にするためには、常に背筋を伸ばすよう意識する必要がありますが、慣れていないと無意識の内に悪い状態になってしまいます。

そのため、視力を回復するために姿勢を正そうと考えたときは、生半可な気持ちではなく本気で取り組むことが大切になるので、少しずつ正しい姿勢を保つ意識を持つようにしましょう。

正しい姿勢を意識する生活を続けると次第に良くなっていくので、視力の低下を防ぐためにも寝転んで作業をしたり、猫背になっていたりするときは改善するようにしてくださいね!


5 最初に見直す生活習慣


視力を回復させるためには、目を休ませる時間をしっかり作る必要があるので、長時間同じ場所を見続けて疲れ目や眼精疲労になっている方は、視力低下を防ぐためにもしっかり確保しましょう。

特に、睡眠は目の疲れ以外にも様々な疲労を取ることができるので、夜更かしをせずに7、8時間は寝ることが大切です。

寝る時間が遅くなるほど、疲れを取るために必要なホルモンが分泌されなくなるので、なるべく早く眠るようにして視力の回復に努めることが重要になります。

そして、寝る直前までパソコンやスマートフォンを眺めていると、目に負担がかかる上に寝付きにくくなるので最低でも就寝の1時間前には止めるようにしましょう。

視力低下の原因の大半は目の使い過ぎのため、1日で溜まった疲労を取り除くためにも、十分な睡眠時間を確保してくださいね!


6 視力を回復させる習慣


視力を効率よく回復させるためには、普段の生活の中に運動を取り入れる必要があり、体を動かしていない状態が続いていると目に必要な栄養が送られにくくなります。

栄養を運ぶためには血液の流れを良くすることが重要になり、血行不良になると目の機能が衰えて視力低下の原因となってしまうので、簡単な運動を習慣付けるようにしましょう。

特に、パソコンをよく使うデスクワークを行っている方は、体中の血液が滞りやすい上に疲れ目や眼精疲労になりやすいので、すぐにでも取り入れることをおすすめします。

作業の合間に運動を取り入れると血行改善の他に、遠くの景色を見て目を休ませることができるので視力の回復につながります。

運動は目の機能を正常に働かせたり、回復させたりすることもできるので、あまり体を動かす機会がない方は時間を見つけて取り組んでみてくださいね!


視力低下の原因はパソコンやスマートフォンの見過ぎだったり、暗い場所での作業だったりと日常生活の中に溢れています。

更に、普段使っている眼鏡やコンタクトの度数がきつ過ぎても視力が低下してしまうので、今の状態から悪化させないためにも身の回りには注意する必要があります。

そして、視力を回復させるためには睡眠と運動の時間の確保が大切で、日常生活に取り入れると目の疲れが解消されたり、目の機能を正常な状態にしたりすることができるので、視力の低下を防げるようになります。

規則正しい生活を心がけて、少しでも目に負担をかけないようにすることで視力の低下を防げるので、視界が霞む状態が多くなったらすぐに実践してみてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

視力低下の6つの原因がヤバイ!生活習慣改善で視力を回復する方法

1 最も多い視力低下の原因
2 部屋の中の環境に注意
3 眼鏡やコンタクトの度数の確認
4 視力低下を招く姿勢とは?
5 最初に見直す生活習慣
6 視力を回復させる習慣


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext