体脂肪率を減らすために食べておきたい3つの食材とレシピ

体脂肪率を減らすために食べておきたい3つの食材とレシピ

自分の体脂肪率を把握することは、メリハリのある体作りをするためには必要不可欠なもので、理想の体型を目指す指針になります。

そして、大抵の人は自分の体脂肪率の多さに悩んでいるのではないでしょうか?

体脂肪が多いと不健康になりやすく、生活習慣病になる確率も上がってしまうので、なるべく早く対策をすることが大事です。

健康維持や美容のためにも、体脂肪は溜めずに燃やしたいところですが、闇雲に行うとなかなか減らせません。

そこで今回は、体脂肪率を減らすための3つの食材と、時間がなくても簡単にできるレシピをご紹介します!


体脂肪率を減らすために食べておきたい3つの食材とレシピ


1 優先的食べたい食材はブロッコリー


体脂肪率を減らしたいと考えたとき、優先的に食べておきたい食材がブロッコリーです。

ブロッコリーは栄養価がとても高くて、低カロリーに加えて腹持ちが良いので、他の余計な食べ物を食べずに済む優秀な食材になります。

また、ブロッコリーに含まれている成分の中にテストステロンの生成を促すものがあります。

テストステロンの量が少ないと、肥満になりやすいので積極的に作っていきたいものになりますが、お腹に脂肪が多くついていると分泌量が減ってしまいます。

そのため、脂肪を燃焼させるためにもテストステロンを生成する成分が含まれているブロッコリーを食べる必要があります。

お腹の脂肪が少なくなるにつれて、体内から作り出されるテストステロンの量も多くなるので、大幅に体脂肪率を減らすことができます。

更に、ブロッコリーにはミネラルの一種である「クロム」が含まれていて、脂肪の燃焼を手助けしてくれます。

クロムは体内に少ししかなくて、摂取するのが難しいミネラルですが、体脂肪率を減らすためには欠かせない成分です。

ブロッコリーにはクロムが豊富に含まれているので、理想の体型にするためにもぜひ食べてくださいね!


2 簡単でお手軽なブロッコリーのレシピ


体脂肪率を減らすためにも食べておきたいブロッコリーですが、簡単で誰にでも作れるのが塩茹でです。

塩と一緒にオリーブオイルを入れたりと、アレンジがたくさんできますので、忙しいときにササッとできる簡単なレシピになります。

これだけで体脂肪率を減らすことができるので、普段の食事に取り入れてみてくださいね!


3 アボカドにも脂肪を燃焼させる成分が含まれている


ブロッコリーの他に、体脂肪率を減らすことができる食材がアボカドです。

アボカドには、L-カルニチンというアミノ酸が含まれていて、余分な脂肪を燃焼してくれるエネルギーを作り出します。

このL-カルニチンが不足していると、いくら脂肪を燃焼させようとしてもなかなか減らすことができません。

そのため、体脂肪率を減らすためにはアボカドも積極的に食べて、L-カルニチンを増やすことが大切になります。

そして、脂肪を燃焼させる効果があるとはいえ、アボカドは高カロリーなのではと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アボカドに含まれている成分の中では最も多いとされる脂質ですが、そのうちの半分以上は「オレイン酸」という脂肪酸です。

このオレイン酸は、悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロ-ルを増やす働きをする成分です。

善玉コレステロールが増えると、血液がサラサラになって代謝が良くなり、脂肪がつきにくくなるので、結果的に体脂肪率を減らすことにつながります。

アボカドは脂肪分が多くても、それ以上に脂肪を燃焼させる働きがあるので、体脂肪率を減らしたい方はぜひ食べてみてください!


4 更に代謝を改善するアボカドレシピ


代謝を改善させるアボカドレシピは、血液をよりサラサラにするために、納豆をプラスすることをおすすめします。

アボカドと納豆の血液サラサラレシピ

材料

  • アボカド:1個
  • 納豆:1カップ

作り方

①アボカドを切る
最初に、アボカドを食べられる量だけ一口サイズに切ります。
②納豆に混ぜる
切ったアボカドは、納豆と混ぜ合わせます。
納豆に付属しているしょうゆは、お好みで使用してください。

これもブロッコリー同様簡単なレシピになりますが、血液をサラサラにしてくれる玉ねぎやキノコ、海藻類を入れても大丈夫です。

体脂肪を減らすためにもブロッコリーとアボカド、どちらも毎日積極的に食べたい食材です。

忙しくてなかなか料理をする機会がない方は、ぜひここで紹介したレシピを試してみてくださいね!



5 コーヒーに含まれるカフェインの効果


ブロッコリーとアボカド、この2つの食材に加えて飲んでおきたい飲み物がコーヒーです。

コーヒーに含まれている成分で、最も有名なものといえばカフェインですよね。

カフェインは眠気覚ましとして効果があるので、朝にコーヒーを飲む方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、カフェインにはリパーゼという消化酵素が含まれていて、脂肪を分解する効果があります。

そのため、コーヒーを飲むと脂肪が燃焼しやすくなり、体脂肪率を減らすことにつながります。

ブロッコリーやアボカドと一緒に、コーヒーも食卓に加えて食べると、更に体脂肪率を減らすことができるので、ぜひ試してみてください!


6 食べ過ぎを防ぐために豆乳や牛乳を飲む


ブロッコリーとアボカドが体脂肪率を減らすからといって、あまりにもそればかり食べ過ぎてしまうと、栄養の偏りが発生して逆効果になります。

食べ物は適切な量を食べることで、その力を発揮します。

そして、同じものばかり食べていると飽きやすく、つい高カロリーのものを食べてしまうので、すぐに元の体脂肪率に戻ってしまいます。

それを防ぐためには食事を取る前に、豆乳や牛乳を飲むことをおすすめします!

事前に飲んでおくと、その後の食事での満腹感がすぐに得られて、食べ過ぎを抑えることができます。

ただし、豆乳や牛乳は何でも良いわけではなく、含まれている糖分が高いものを飲んでしまうと、体脂肪率を減らすことができません。

そのため、購入するときは糖分量が少ないものを選ぶことが大切です。

これはコーヒーが苦手な方にもおすすめできるので、ぜひ取り入れてみてください!


7 炭水化物も脂肪を燃焼させるためには必要


「炭水化物を摂取すると脂肪を増やしてしまうのでは?」と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに炭水化物は、体脂肪率を減らそうとしている方にとっては、とても気になる要因なのでなるべく摂らないようにしたいものです。

しかし、それは「たくさん摂取すると体脂肪が増える」ということであって、完全に炭水化物を摂らないでいると脂肪を燃焼することができません。

炭水化物がないと脂肪の燃焼が止まってしまい、体脂肪率を減らすことができなくなります。

そのため、炭水化物は完全になくすのではなく、量を少しだけ控えめにすることが脂肪を燃焼させる秘訣です。

炭水化物の量は控えめに、その代わり野菜を多くすることで体脂肪率を減らすことができるので、食事を作るときに意識してみてくださいね!


さて、『体脂肪率を減らすために食べておきたい3つの食材とレシピ』はいかがでしたか?

ブロッコリーとアボカドには、体脂肪率を減らすための成分が豊富に含まれており、さらにコーヒーを取り入れると体脂肪撃退効果がアップします。

コーヒーが苦手な方でも、食前に糖分量が少ない豆乳や牛乳を飲むことで、満腹感が得られて食べすぎも防ぐことができます。

そして、朝昼晩3回の食事に少なめの炭水化物を入れることで、脂肪燃焼の速度をかなり上げることができ、体脂肪率を減らせます。

なかなか体脂肪率が落ちないと悩んでいる方は、理想の体型を手に入れるためにも、ブロッコリー、アボカド、コーヒーを食事に取り入れてみてください!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

体脂肪率を減らすために食べておきたい3つの食材とレシピ

1 優先的食べたい食材はブロッコリー
2 簡単でお手軽なブロッコリーのレシピ
3 アボカドにも脂肪を燃焼させる成分が含まれている
4 更に代謝を改善するアボカドレシピ
5 コーヒーに含まれるカフェインの効果
6 食べ過ぎを防ぐために豆乳や牛乳を飲む
7 炭水化物も脂肪を燃焼させるためには必要


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext