アボカドの栄養を活かしてキレイ痩せするための5ステップ

a is for guacamole, oops I mean avocado!
katerha

アボカドは別名「森のバター」と言われ、やわらかく美味しいけれど、脂肪分が多く高カロリーというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

実はアボカドは、25種類以上のさまざまな栄養素がバランスよく含まれたダイエットにピッタリのヘルシーフルーツなのです!

そこで今回は、アボカドの豊富な栄養素を活かして、キレイ痩せを実現するための方法をご紹介します!


アボカドの栄養を活かしてキレイ痩せするための5ステップ


1 アボカドがキレイ痩せにピッタリな理由


アボカドは、25種類以上のさまざまな栄養素がバランスよく含まれた食材です。

ミネラル14種類、食物繊維、植物性タンパク質、リノール酸などが含まれていて、キレイに痩せる効果が期待できます。

お腹スッキリ効果

・食物繊維
・オレイン酸

アボカドに豊富に含まれる不溶解性の食物繊維が、腸の働きを整えて消化プロセスを促進します。

オレイン酸は腸を刺激する効果があるため、便秘解消の効果も期待できます。

体脂肪率が落とせる効果

・ビタミンB2
・β-シトステロール

脂肪分解に効果のあるビタミンB2とβ-シトステロールの相乗効果により、無理なく自然に体脂肪を落とすことができます。


2 肌から直接取り入れる!スキンケアに最適なアボカドの美容成分


「肌から直接取り入れる?」ちょっとビックリされた方がいるかもしれませんね。

アボカドは「食べる美容液」とも言われ、肌に良い成分がたっぷり入ったスキンケアに最適な食材でもあるのです。

アボカドの美肌キープ効果成分

・リノール酸
・リノレン酸
・ビタミンB2
・ビタミンB3
・D-マンノヘプツロース

リノール酸、リノレン酸、ビタミンB2、ビタミンB3は、お肌を乾燥から守ってくれるセラミド生成を助け、D-マンノヘプツロースは肌のハリやツヤをになうコラーゲン生成を助けます。

アボカドの肌あれ、肌の老化の防止効果成分

・ビタミンE
・ルテイン
・ゼアキサンチン
・オレイン酸

ビタミンE、ルテイン、ゼアキサンチンの抗酸化作用は、肌の老化や肌あれの原因となる活性酸素、消去、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

またオレイン酸は、敏感肌や傷ついた肌、日焼けで傷んだ肌、夜ふかしや栄養不足で荒れた肌を修復する効果があります。

肌の良い成分を直接肌から取り入れるために、自宅で簡単にできるアボカド顔パックがなんと言ってもおススメです!

顔のたるみを引き締めるアボカド顔パック実践方法

①アボカドを縦半分に切って種を除き、スプーンを使って果肉を出し、ボウルに入れる
②フォークを使ってアボカドの果肉なめらかになるまでつぶす
③潰したアボカドの果肉を直接顔に塗り、ラップをかけ20分ほどパックする
③洗顔フォームでアボカドの果肉を洗い流す


3 キレイ痩せのためのアボカドの選び方と保存法


おいしくアボカドを食べるために押さえておきたい3つのポイントをご紹介します!

アボカドの選び方と保存法

・アボカドの旬
アボカドは日本でも栽培されていますが、店頭に並ぶものの大変がメキシコからの輸入品です。
基本的にはアボカドの収穫時期は9月初旬以降のため、初秋ごろに日本で出回るアボカドが比較的新鮮なものとなります。
但し、秋ごろに出回るアボカドは固くて熟しにくく、味は少し苦めです。
秋から冬以降に出回るものは柔らかくて熟しやすく、豊かな味わいを楽しめます。

・アボカドの選び方
皮の色は茶色いものが食べごろです。あまりに茶色いものは中が熟成し過ぎているため避けましょう。
皮に張りはが残っていて、表面がツヤツヤしたものは食べごろです。表面がシワシワは熟成が果肉の部分が痛んでいるので避けましょう。
もし買ってもすぐに食べない場合は、皮の色が緑色のものを選びましょう。

・アボカドの保存方法
買ってきた食べごろのアボカドは、ビニール袋に入れて3日ほど冷蔵庫で保存できます。
一度アボカドを切ってしまうと変色して見栄えが悪くなるため、すぐに食べることをおススメします。



4 キレイ痩せには1日1個のアボカドが目安


アボカドは栄養豊富な反面、100g当たり、18.7gもの脂質が含まれる食材です。

ですが安心してください!アボカドに含まれる脂質は、牛肉などの脂質とは性質が違うのです!

アボカドに含まれる脂質はオレイン酸!なんと悪玉コレステロールを減少させてくれる嬉しい効果があります!

悪玉コレステロールが多いと、血液はドロドロになってしまいますが、オレイン酸摂取で悪玉コレステロールを減らせば、血液を元のサラサラに戻すことができるのです。

さらにオレイン酸は腸を刺激する効果もあるため、便秘解消の効果も期待できます。

但し、アボカドのカロリーは100g当たり188kcal、決してローカロリーな食材ではないため、摂取の目安は1日1個がベストです。


5 アボカドの栄養を最大限に活かせるシンプルな食べ方


アボカドの栄養を最大限活かすためには、まず生で食べるのがベスト!

シンプルな食べ方として、スライスしたアボカドをわさび醤油でいただく刺身風アボカドが有名ですが、同じく有名なのがアボカドディップです。

アボカドディップは、アボカドの果肉を潰すだけで簡単に作れますが、さらに牛乳を加えると、アボカドに含まれないカルシウムも一緒に取れる万能ディップを作ることができます。

アボカド×牛乳=万能ディップ

①アボカドを縦半分に切って種を除き、スプーンを使って果肉を出し、ボウルに入れる。
②アボカドの果肉をフォークを使ってなめらかになるまでつぶす
③ボウルに牛乳、レモン汁、塩を加え、潰したアボカドの果肉を混ぜる

焼き野菜や蒸した野菜のソース代わりに万能ディップを使うと、美味しくてヘルシーな食事が楽しめますので、ぜひ試してみてくださいね!。


さて、『アボカドの栄養を活かしてキレイ痩せするための5ステップ』はいかがだったでしょうか?

アボカドは栄養が豊富で身体にも肌にも良いことばかりの反面、1個あたりのカロリーは低くはない食材です。

アボカドを食べれば痩せるということはありませんので、毎日の食事バランスや運動など総合的に考えた上で、アボカドを取り入れてキレイ痩せを目指しましょう!

まとめ

アボカドの栄養を活かしてキレイ痩せするための5ステップ

1 アボカドがキレイ痩せにピッタリな理由
2 肌から直接取り入れる!スキンケアに最適なアボカドの美容成分
3 キレイ痩せのためのアボカドの選び方と保存法
4 キレイ痩せには1日1個のアボカドが目安
5 アボカドの栄養を最大限に活かせるシンプルな食べ方


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext