食べ物を変えるだけで一気に解決!5つの疲れを取る方法

食べ物を変えるだけで一気に解決!5つの疲れを取る方法

疲れを取る方法として代表的なものは「睡眠」であることは、ほとんどの方が知っていることですよね。

ただ多忙の方にとっては、睡眠時間を思うように取れないことが、悩みだったりするものです。

それならばと、疲労回復に良い食べ物を食べてはいるのに、一向に疲れが取れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は疲労回復に良い食べ物はいろいろありますが、食べ物選びはもちろんのこと、食べ方や食べるタイミンを誤ると、疲れが増すばかりという事態になりかねません!

そこで今回は、普段食べている食べ物を変えるだけで解決できる、疲れを取る方法をお伝えします!


食べ物を変えるだけで一気に解決!5つの疲れを取る方法


1 定番の疲労回復できる食べ物


疲れを取る方法は休憩をしたり眠ったりするなど色々ありますが、普段食べている食べ物にも注目するとしっかり解消することができます。

そして、疲労回復で最も定番な食べ物が豚肉で、疲れを取る成分であるビタミンB1が豊富に含まれています。

ただし、豚肉だけ食べていると逆に疲れの元であるピルビン酸が増えるので、クエン酸の力で抑える必要があります。

クエン酸が多く含まれている5つの食べ物

・レモン
・グレープフルーツ
・ミカン
・お酢
・トマト

豚肉を食べるときはクエン酸が含まれている食べ物も一緒に食べると、ビタミンB1との相乗効果で疲労を取り除くことができます。

また、ビタミンB1は豚肉以外にも大豆や鶏肉にも含まれているので、一つの食べ物だけでなく様々な種類の物を食べてくださいね!


2 脳が疲れているときに効く成分


疲れを取る方法といえば、チョコレートやケーキなどの甘い食べ物がよく効くと聞きますが、本当に効果があるのかと気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

甘い食べ物を日常的に食べていると、太ったり虫歯になりやすくなったりするので、体に良くないというイメージがありますが、頭を使うような作業をしている方にとっては重要な食べ物になります。

甘い食べ物の本当の効果は、体の疲労回復ではなく脳の疲れを取ることで、脳はブドウ糖でしかエネルギーを得られないという特徴があります。

そのため、頭が働かないと感じたときは、脳にエネルギーがなくなっている状態になるので、ブドウ糖が含まれている甘い食べ物を一口食べることが大切になります。

ブドウ糖は体内に溜めることができない成分になるので、デスクワーク中心で頭をよく使う方は疲労回復のためにも甘い物を用意しておいてくださいね!


3 疲れの原因である活性酸素を取り除く食べ物


日々の疲れを増やしている原因は活性酸素で、体の疲労だけでなく様々な症状の元となるので注意が必要です。

活性酸素によって現れる4つの症状

・体の疲労
・老化
・生活習慣病
・シミやしわの増加

活性酸素は体の疲労はもちろん、老化現象や生活習慣病を引き起こすので、取り除くためにも発生原因をなるべく排除して、除去ができる食べ物を食べる必要があります。

そして、活性酸素を除去することができる食べ物がトマトで、豊富に含まれているリコピンが強い抗酸化作用を持っているので疲労回復には重要になります。

加えて、普段の食事にトマトを取り入れると同時に、活性酸素が発生する原因である紫外線やたばこ、ストレスなどをなるべく避けることが大切です。

最も効果的な疲れを取る方法は、活性酸素の原因を排除して体内に発生した分を取り除くトマトを積極手に食べることになるので、疲労がかなり溜まっていると感じたときはぜひ取り入れてみてくださいね!



4 果物を食べるタイミング


人の体は酵素の力によって維持されていて、若い頃は体内で必要な分を生成されていますが、年を取ると作られる量が減っていきます。

酵素が減少すると疲れが溜まりやすくなって、完全に疲労が回復するまでの時間がかなりかかるようになるので、食べ物によって補うことが重要になります。

ただし、酵素が含まれている食べ物は、生の食材と発酵食品の2種類だけで、加熱調理した物には含まれていないので注意しましょう。

そして、最も効率よく酵素を取り入れることができる食べ物が果物になるので、食べる機会が少ない方は普段の食生活に加えてみましょう。

酵素が豊富に含まれている5つの果物

・イチゴ
・バナナ
・リンゴ
・キウイ
・パイナップル

酵素は上記の果物に多く含まれているので、疲労を回復するためにも生のまま食べることが大切です。

そして、果物は食後のデザートという言葉があるように、最後の締めに食べるイメージが強いのですが、酵素の力を最大まで発揮させたいときは食前に食べるのが一番になります。

果物を食前に食べておくと、これから入ってくる食べ物の消化と吸収をスムーズにしてくれる効果があるので、元々体内に合った酵素を無駄にしなくて済みます。

体内にある酵素には限りがあり、全てなくなると死に至るので少しでも長生きするためにも、元々ある酵素を大切に使用しましょう。

そのため、疲れを取る方法として食事の前の果物を取り入れることは、非常に重要な要素になるのでぜひ食生活を改善してみてくださいね!


5 精神的な疲労を回復する食べ物


疲労は肉体や脳だけでなく精神にも現れ、放っていくと心の病気に発展するので、疲れを取る方法を実践する必要があります。

そして、精神的疲労は食べ物によって改善することができるので、心が疲れていると思ったら取り入れてみましょう。

精神的疲労を取り除くことができる食べ物はネギや玉ネギ、ニラなどのネギ類になり、共通して含まれている硫化アリルという辛味成分が心の疲れに効きます。

ただし、ネギ類を加熱調理してしまうと疲労回復の効果が半減してしまうので、できるだけ生で食べるのが一番になります。

辛み成分が強くなる欠点がありますが、お酢を使うと抑えることができるので辛いのが苦手な方は試してみましょう。

また、硫化アリルは水に浸け過ぎると流れ出てしまうので、洗うときは長い時間かけずにサッと行うことが大切です。

心の疲労は体調にも影響してくるので、精神的に疲れていると感じたら悪化する前にネギ類を食べてみてくださいね!


疲労の種類は体と脳、心の3つがほとんどで、それぞれの疲れに合った食べ物を食べる必要があります。

体が疲れているときに食べたい食べ物は豚肉が定番で、加えてお酢をかけると更に疲労回復効果が得られるので試してみましょう。

脳には甘い物にたくさん含まれているブドウ糖が有効で、一口食べると頭の働きが回復するので鈍くなってきたら早めに食べることをおすすめします。

そして、精神的な疲労にはネギ類が効くので、心の疲れを吹き飛ばすためにもできるだけ生の物を食べましょう。

毎日の疲労を取り除くためには、自分がどのような疲れを抱えているかを知ることが重要になるので、原因を知って疲れを取る方法を実践してくださいね!

今回の内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

食べ物を変えるだけで一気に解決!5つの疲れを取る方法

1 体の疲労回復にはクエン酸入りの果物や酢がベスト
2 脳が疲れにはブドウ糖入りの甘い食べ物がベスト
3 疲れの原因である活性酸素を取り除くトマトがベスト
4 果物を食べるタイミングは食前がベスト
5 精神的な疲労を回復するのはネギ類がベスト


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext