病院へ行く必要なし!自宅でしつこい肩こりを治す6つの方法

Massage

「肩がずっしりと重い、、、」とか「肩がパンパンに張って痛い、、、」といったしつこい肩こり、、、辛いですよね。

肩こりを軽減するために、病院へ行ったり、薬を服用したりと、色んなことを試しているけれど、一時的に回復するものの、またぶり返すパターンが多いのではないでしょうか?

肩こりはそもそも、日頃の生活習慣が原因で起こることが多いため、原因を見極めて改善することが完治への近道なのです!

そこで今回は、わざわざ病院に行かずに、自宅で肩こりを治すための具体的な方法をご紹介します!


病院へ行く必要なし!自宅でしつこい肩こりを治す6つの方法


1 朝の目覚めに肩スッキリ!自分にあった枕の選び方


十分な睡眠をとっているにも関わらず、朝起きた時点ですでに肩こりが辛い方は、使っている枕が合っていない可能性があります。

例えば、自分にとって枕が高すぎる場合は、首が前に傾いてしまい、肩や首筋が緊張した状態に。

また、一見気持ち良さそうなフワフワとした柔らかい枕は、首もとの支えがないため、これもまた肩や首に負担をかけるのです。

そこでどんな枕が肩こり改善に効果があるのかをご紹介します。

首肩の負担を少なくする理想の枕チェック法

自分にあった高さであること

壁に背中を合わせて立ち、軽くあごを引いた時にできる壁と首の距離イコール適切な枕の高さです。
もし使っている枕の高さが合っていない場合は、微調整してみましょう。
低すぎるならタオルを枕下に、高すぎるなら肩から背中上部にかけてタオルを足してみましょう。

寝返りを打ちやすいこと

寝返りは、血液やリンパ液の流れを促進させるため、肩こりの予防や改善のために大切なこと!
適度に固い枕は、反発力で寝返りを打ちやすいためおススメです。
膝をたてて横になり、手を使わずに簡単に横向きになれるものが、寝返りをうちやすい枕です。

首が安定していること

枕に首が自然と沿う安定感のあるものが、首への負担が少なくなり肩こりも楽になるでしょう。
低反発の枕は、安定する点では良いのですが、逆に寝返りが打ちにくくなることが多いです。

まず自分に合った枕を使って安眠、そして肩こり改善をしていきましょう!


2 現代生活の必需品が肩こり原因!首肩に負担大な姿勢改善


何らかの作業に没頭していると、首や肩に負担がかかる姿勢をしていることが多く、それが癖になり、しつこい肩こりの原因になります。

例えば、悪い姿勢の典型的な例が、仕事に生活には欠かせないパソコン作業です。

自分で見えないからこそ要注意!パソコン作業時の悪い姿勢

  • あごが前に突き出ている
  • 肩に力が入っている
  • 首が後ろに反り、縮んでいる

悪い姿勢が長時間続くことで、血行が悪くなり、筋肉が硬直します。

そして、肩こりが治らないまま、同じことの繰り返しで、症状は悪化するばかりとなります。

そこでパソコン使用時の悪循環を改善する方法をご紹介します。

できることから実践!悪い姿勢の改善方法

1時間に1回、休憩する

背筋をぐーっと伸ばしてみましょう。
また、眼精疲労からくる肩こり予防のために、遠くをぼんやり眺めたりして目を休めることも大切です。

机と椅子の高さバランスに注意する

椅子に対して、机が高すぎたり、逆に低すぎると、腕や肩などに負担がかかります。
キーボードに手を置いたとき、上腕部から肘にかけて90°~100°が自然な角度で、肩に変な力が入らないですよ。

わざわざ病院に行かなくても、姿勢を正すだけ肩こりは随分楽になるものです。

ぜひ自分の姿勢が問題ないかチェックしてみてくださいね!


3 ストレートネックを改善して肩こりを治す方法


ストレートネックは、文字通り首がまっすぐに歪んでいる状態のことです。

正常な首の湾曲は、本来30度から40度であるところを、ストレートネックの場合は30度以下になっています。

ストレートネックになると、首や肩周りだけではなく、体のさまざまな場所に支障を来すようになります。

ストレートネックが原因で起こる症状

肩こりや首こり

ストレートネックにより、頭の重さを支える首や肩の筋肉に負担がかかるため、肩こりや首こりが起こるようになります。

首の痛み

肩こりや首こりによる筋肉収縮と血液の流れの悪化により、首が痛むようになります。

頭痛やめまい

歩いたり走ったりといった衝撃が、首の湾曲がまっすぐになることで頭部により伝わりやすくなるため、頭痛やめまいが起こるようになります。

自律神経失調症やうつ状態

首にある自律神経がストレートネックになると圧迫されると、体がだるい、頭痛やめまい、食欲不振や吐き気、イライラや不眠といった症状が起こるようになります。

ストレートネックの原因は、長時間のうつむき姿勢を継続して取り続けることが癖になることで起こります。

デスクワークが多い方はもちろんのこと、根を詰める仕事や家事、そしてスマートフォンの見過ぎなど、長時間うつむいて何かに集中することを普段から行っている方は、ストレートネック要注意です。

さらに自分に合わない高い枕を使っていたり、加齢による腰や骨盤の歪みに起因する体全体のバランスが崩れることもストレートネックになる原因になります。

そんな怖いストレートネックを自分でチェックする方法、そして改善する方法を併せてご紹介します。

ストレートネックのチェック方法

①壁に背中を向けて立つ
②顎を引いて壁に頭が付くかチェック

もし頭が壁に付かない場合には、ストレートネックである可能性があります。

ストレートネックの改善方法

用意するもの

  • バスタオル

改善方法

①バスタオルを肩幅サイズになるまで折りたたむ
②バスタオルを丸めて筒状にする
③バスタオルを畳や床の上に置き、首を上に乗せて仰向けになる
④3分間そのままの姿勢を取る

首や肩が疲れてきたなと思ったら、1日3回までで1回あたり5分まで必ず守って実践してみましょう。

ストレートネックにならないためには、うつむき状態を継続しないこと、そして背筋を伸ばすことを座っているとき、歩くときにも常に意識することです。

ストレートネックは百害あって一利なしですので、できるだけ早く改善するようにしましょう。


4 食事で体質改善!肩こりに効果的な栄養素


肩こりで病院にかかる前に、ぜひチェックしていただきたいのが毎日の食事です!

肩こりを治すためには、何よりも血行を促進する栄養素、筋肉の疲労によって生じる物質である乳酸の分解を助ける栄養素、この2つをしっかり摂取することが不可欠なのです!

食事で体質改善!肩こりに効果的な栄養素

ビタミンE

血管を拡張し血行を促進します。
アボカド、オリーブオイル、かぼちゃ、アーモンド

EPA/DHA(不飽和脂肪酸)

血行を促進、筋肉細胞を生成します。
サバやイワシなどの青魚、くるみ、ツナ缶、マグロ

クエン酸

乳酸を分解して疲労回復に効果的で、血行を促進します。
レモン、グレープフルーツなどの柑橘類、酢、梅干し

ビタミンB群(特にB1)

乳酸の代謝を助け、疲れをとります。
レバー、豚ヒレ肉、ウナギ、カツオ、玄米

ミネラル類

筋肉や神経の働きに関係します。カルシウムは関節の痛み、カリウムは筋肉疲労、筋肉を弛緩します。
大豆製品、小魚、昆布、ヨーグルト

その他肩こりに改善のために欠かせない栄養素が、筋肉を作るための材料であるタンパク質です。

ぜひ紹介したものをバランスよく摂取して、血行促進と筋肉疲労を改善していきましょう!


5 アルニカオイルで肩こりを楽にする方法


ヨーロッパでは古くから使われているアルニカという薬草でできたマッサージオイルをご存知ですか?

アルニカオイルは硬くなった筋肉を弛緩し、疲労回復が期待できるため、肩こりでお悩みの方には特にお薦めです!

そこで、アルニカオイルを使った肩こり改善マッサージの方法をご紹介します。

アルニカオイルを使った肩こり改善マッサージ方法

①風呂上りに少量のアルニカオイルを手の平で温める
②優しくアルニカオイルを肩に塗り伸ばす
③少しだけ力を入れて3分間マッサージする
※マッサージする箇所に傷がある場合は、治るまで使用を控えましょう

わざわざ病院に行かなくても、少量のアルニカオイルで肩こりが随分楽になりますので、ぜひ実践してみてくださいね!


6 肩甲骨ストレッチで肩こりを撃退する方法


肩こりが酷いと、肩まわりにだけフォーカスしがちですが、肩甲骨のケアを行うことも肩こりを改善するには不可欠です!

同じ姿勢で長時間いたり、現代人に多い口呼吸が原因で肩甲骨の動きが悪くなり、肩や背中などにも負担がかかってしまいます。

そこで、簡単にできる肩甲骨ストレッチの実践方法をご紹介します!

肩こり撃退!肩甲骨ストレッチ

①両手を両肩に軽く置きます。
②前後に各5回、大きめにゆっくりと回します。
※肩甲骨がガチガチに固まっている場合は、無理をしない程度に動かしましょう。

毎日最低でも朝晩の2回は実践していただければ、肩や背中のこりが取れて楽になってきますよ!

ぜひ肩甲骨ストレッチを毎日の習慣にしましょう!


さて、『病院へ行く必要なし!自宅でしつこい肩こりを治す6つの方法』はいかがでしたか?

病院に行く前に肩こり改善のためにできることが案外あることにお気づきいただけたのではないでしょうか?

肩こりは、デスクワークや料理など、同じ姿勢で長時間いることや、猫背、筋力の弱さが原因で引き起こされる場合が多いのですが、その他に気をつけないといけないのがストレスです。

ぜひストレスケアも併せて、しつこい肩こりを治していきましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

病院へ行く必要なし!自宅でしつこい肩こりを治す6つの方法

1 朝の目覚めに肩スッキリ!自分にあった枕の選び方
2 現代生活の必需品が肩こり原因!首肩に負担大な姿勢改善
3 ストレートネックを改善して肩こりを治す方法
4 食事で体質改善!肩こりに効果的な栄養素
5 アルニカオイルで肩こりを楽にする方法
6 肩甲骨ストレッチで肩こりを撃退する方法


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext