三半規管が弱いと起こるめまいや乗り物酔いを治す5ステップ

三半規管が弱いと起こるめまいや乗り物酔いを治す5ステップ

せっかく旅行に来たのにバスで酔って気持ち悪くて全く楽しめなかった、、、なんて経験はありませんか?

乗り物酔いしやすい人は、考えただけでも憂鬱な気分になりますよね。

一方で、まったく乗り物酔いしないという人もいますよね。

実は乗り物酔いしやすい人、乗り物酔いしにくいの人の違いは、三半規管が強弱と関係しているのです!

そこで今回は、乗り物酔いしやすい人必見!三半規管を鍛えて乗り物酔いしにくい体質に変える方法、そして乗り物酔いを簡単に治す方法をご紹介します。


三半規管が弱いと起こるめまいや乗り物酔いを治す5ステップ


1 乗り物酔いが起こるメカニズム


三半規管とは鼓膜の内側の中耳にある器官です。

三半規管の内部はリンパ液で満たされており、リンパ液が移動することで体の平衡感覚を感じる仕組みになっています。

そもそも乗り物酔いする原因は、三半規管から脳への平衡感覚の伝達が上手くいかないためです。

例えば、急に立ち上がったときにめまいや立ちくらみを起こすのも、三半規管からの平衡感覚の伝達が関連しています。


2 三半規管を鍛えて乗り物酔いを防ぐ方法


「乗り物酔いが起こるメカニズムはわかったけど、体質だから治しようがないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は三半規管は、簡単なトレーニングで鍛えることができるのです。

三半規管を鍛えるというのは、簡単に言えば平衡感覚を鍛えるということで、バランス感覚が必要な運動やトレーニングを行うことです。

そこで自宅で簡単にできる三半規管トレーニングの実践法をご紹介します。

三半規管を鍛えるトレーニング

でんぐり返り

小さな頃にでんぐり返しをやったことはありますよね。
実はでんぐり返しを毎日継続して行うことで平衡感覚を鍛え、三半規管を強くすることができるのです。
トラックドライバーやバスの運転手、パイロットなど、乗り物に乗ることが仕事の方々が、乗り物酔い克服のためにでんぐり返しトレーニングを行っています。
トレーニングは乗り物に乗る前に、でんぐり返しを5回行うだけでOKです。

肩のストレッチ

三半規管にあるリンパの流れが悪くなると、めまいや乗り物酔いを起こしやすくなります。
そこで首や肩のストレッチなどのマッサージをして、血流とリンパの流れをスムーズにしてあげると、三半規管の機能を高めることができます。
トレーニングは、乗り物に乗る前に、5分間首回しや肩回し、耳引っ張りを行うだけでOKです。

トランポリン運動

自宅にトランポリンがある方だけになりますが、毎日5分間トランポリン運動をすると、平衡感覚を鍛えて、三半規管を強くすることができます。

トランポリンは全身の筋肉を鍛えたり、姿勢を正して骨盤のゆがみを矯正する効果、そしてインナーマッスルも鍛える効果もあります。

家庭用の1人しか乗れないミニトランポリンがホームセンターやスポーツ用品店、通販で販売されていますので、乗り物良い克服と同時に、美容やダイエットにチャレンジしたい方は、ぜひ導入を検討してみてくださいね。


3 乗り物に乗る前にチェック!乗り物酔いを防ぐ対策


乗り物酔いは、先天的に三半規管が弱い場合の他にも、いくつか条件が整うと起こることがあります。

例えば、普段は乗り物酔いなんてしないのに、疲れが溜まっている時に乗り物に乗ったら気分が悪くなってしまった、なんて経験はないでしょうか?

実は、睡眠不足や過労などの体調不良は、三半規管の機能を弱めてしまい、乗り物酔いしやすい体の状態を作ってしまうのです。

また、ストレスなどの過度な精神的緊張も同じように、三半規管の機能を弱くします。

乗り物酔いしない人も、日ごろから体調管理をしっかりと行い、ストレスレスを心がけましょう。


4 自律神経のバランスを整えて乗り物酔いを治す方法


乗り物酔いしやすい人の中には、バスや飛行機などの乗り物に乗る前に、ドラッグストアなどで市販の酔い止め薬を購入して服用される場合が多いのではないでしょうか。

酔い止め薬は飲むと眠くなるので、乗り物酔いしないものだと勘違いされている方がいらっしゃいますが、ちょっと違います。

実は酔い止め薬は、自律神経のバランスを整え、三半規管の働きを強める抗ヒスタミン酸が含まれているため、乗り物酔いを緩和できるのです。

そして眠くなるのは、抗ヒスタミン酸のもう一つの効用のためなのです。

酔い止め薬は、子ども用と大人用、そして錠剤、カプセル、ドリンクタイプと種類があるため、薬剤師さんのアドバイスを受けて最適なものを購入しましょう。


5 乗り物酔いしてしまった後の対処方法


乗り物酔いしてしまって困っているという方のために、すぐできる緩和法をご紹介します。

乗り物酔い緩和4ステップ

体が楽になるように姿勢に変える

座席を後ろに倒して、ベルトを緩めたり、シャツのボタンをはずすなど、体が楽になるように姿勢に変えましょう。

澱んだ空気を入れ替える

自動車やバスに乗っているのであれば、窓を開けて車内の空気を入れ替える換気を行いましょう。
新鮮な空気で深呼吸をすれば、体の緊張を緩めることができます。

近くではなく遠くを見る

窓から遠くの景色を見るようにし、体と視界のずれを小さくすると、三半規管の機能を正常化することができ、乗り物酔いを抑えられます。

冷たい飲み物を飲む

冷たい飲み物を飲めば、乗り物酔い特有の胃の不快感や吐き気を抑えることができます。

飛行機で乗り物酔いを起こした小さな子どもに、キャビンアテンダントが勧める乗り物酔い解消法が、氷を口に含む方法です。

その理由は、小さな子どもは冷たい飲み物を飲んでも吐き出してしまうため、ゆっくり溶ける氷を使うのだそうです。

乗り物酔い緩和の方法には入れませんでしたが、一番効果のある方法は乗り物から降りることです。

気分が良くなるまで歩いたり、ストレッチすれば、次第に乗り物酔いが良くなりますよ。


さて、『三半規管が弱いと起こるめまいや乗り物酔いを治す5ステップ』はいかがでしたか?

乗り物酔いしない人でも、空腹や食べ過ぎで胃腸の機能が低下したときは、自律神経のバランスを崩れているので乗り物酔いしやすくなります。

乗り物に乗る前は食べ過ぎや飲みすぎに注意し、胃腸の調子を整えておくことも重要です。

そして乗り物に酔いやすい、めまいが起こりやすい方は、日ごろから三半規管を鍛えることを意識すれば、乗り物酔いを克服することができますので、今回紹介した方法を参考にしてみてくださいね!

まとめ

三半規管が弱いと起こるめまいや乗り物酔いを治す5ステップ

1 乗り物酔いが起こるメカニズム
2 三半規管を鍛えて乗り物酔いを防ぐ方法
3 乗り物に乗る前にチェック!乗り物酔いを防ぐ対策
4 自律神経のバランスを整えて乗り物酔いを治す方法
5 乗り物酔いしてしまった後の対処方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext