人参の食べ過ぎが原因の6つの体へのデメリット

人参の食べ過ぎが原因の6つの体へのデメリット

人参は体に良いので普段の食事にぜひ取り入れてほしい食材になりますが、健康のためにと思って食べ過ぎてしまうと逆に悪い影響を受けてしまいます。

特に、人参の主な栄養素であるβカロテンは摂取し過ぎると肌が黄色に変化するので、1日で食べる最適な量を意識してコントロールする必要があります。

また、生の人参を食べ過ぎると消化不良を起こして下痢になる場合があるので、お腹があまり強くない方は控えるようにしましょう。

人参は適切な量を食べると豊富な栄養を吸収できるので、健康的な体になりたいときは1日の目安量を知ることが大切です。

そこで今回は、人参の食べ過ぎで起きる体への影響と、適切な量を食べることで得られるメリットをご紹介します!


人参の食べ過ぎが原因の6つの体へのデメリット


1 適切な人参の摂取量の目安とは


人参は健康を意識したときに必ず食べておきたい食材の一つで、強い抗酸化力を持っていたりビタミンAに変換したりするβカロテンの量が豊富です。

そして、人参は緑黄色野菜に分類され、1日に約100g摂取できれば十分になりますが、100gは人参1本分の量になるので他の食材と一緒に食べる必要があります。

また、人参の量は50gぐらいが適切で、1/3分ぐらいを目安にしてたくさん食べないようにしましょう。

人参は健康に良くても食べ過ぎると効果は得られないどころか、逆に体調不良になってしまうので適量を守るようにしてくださいね!


2 人参を食べることで得られるメリット


人参は適量を食べると様々な健康効果を得られたり、美容面においても良い影響が現れたりするので、食べ過ぎない程度に取り入れることをおすすめします。

人参を食べることで得られる3つのメリット

体調が良くなる

かなり疲労しているときに食べたいのが人参で、疲れを回復させるミネラルやビタミンが豊富に含まれています。

更に、鉄分も含まれているので、貧血気味の方は体調を整えるためにも普段の食事に人参を加えることをおすすめします。

腸内環境の改善

人参には多くの食物繊維が含まれているので、便秘になっている方はぜひ食べてほしい食材になります。

食物繊維は腸内の環境を整えて、不要な物を排出する効果があるのでデトックスさせたいときには非常に有効です。

腸内環境が改善されると健康的な体になるので、あまり人参を食べない方はぜひ食べてみましょう。

美容効果

人参には抗酸化作用があり、年を取ると増えてくるシミやしわを予防する効果が期待できるので、将来の美容を意識したときには欠かせない食材になります。

また、肌の状態だけでなく髪の健康も保つことができるので、いつまでも綺麗でいたいときは人参を食べましょう。

適量の人参を食べるだけで様々な効果を得ることができるので、健康や美容を意識したときは必ず取り入れて、決して食べ過ぎないようにしてくださいね!


3 生の人参で起こる消化不良に注意


人参は健康のためには欠かせない食材ですが、生の人参は消化不良を起こしやすいので注意が必要です。

人参はすりおろした物を飲めば下痢を止めることができますが、生のまま食べ過ぎてしまうと逆に下痢になってしまいます。

また、消化器官があまり強くない方も生で食べると下痢を起こしてしまうので、弱い方は食べる量を抑えることが重要になります。

そして、下痢にならないためには調理方法が大切になり、おすすめの方法は加熱調理になるので実践してみましょう。

人参は加熱調理の方が栄養の吸収効率が上がるので、下痢を防ぐためにも食べ過ぎに気を付け、できるだけ生で食べないようにしてくださいね!



4 人参の食べ過ぎで起きる可能性のある症状


人参は健康に良い食材ですが、食べ過ぎると病気を引き起こす場合があるので、食べるときには十分注意しましょう。

特に、人参に含まれている主な成分であるβカロテンは、視力の回復や肌の調子を整えるといった効果がありますが、食べ過ぎで過剰摂取すると柑皮症になってしまいます。

柑皮症は皮膚に色素が沈着して黄色くなるのが特徴で、手や足の裏に症状が現れやすいので色が変わっていたら注意しましょう。

治すためにはβカロテンの摂取量を減らす必要があるので、人参を食べ過ぎている方は早めに量を控えめにし、治らなかった場合は別の病気が考えられるので病院へ行くことが大切です。

また、柑皮症が悪化すると全身が黄色くなるカロチン血症の状態になるので、皮膚の色が一部分しか変わっていない内に摂取を止めましょう。

そして、βカロテンは人参以外の食べ物にも含まれているので、特に多いミカンやカボチャを治るまではなるべく食べないようにしてくださいね!


5 人参に含まれるビタミンCを壊す酵素に注意


人参にはたくさんの栄養が詰まっているのでぜひ食べてほしい食材になりますが、ビタミンCを壊す酵素が含まれているので、食べ過ぎには注意する必要があります。

人参に含まれている酵素はアスコルビナーゼと呼ばれていて、調理方法を考えないとビタミンCの摂取が上手くいかなくなってしまい、足りなくなると肌トラブルが起きやすくなります。

そして、アスコルビナーゼの働きを弱くする方法は熱と酸を加えることで、酢やレモン汁をかけたり茹でたりするとビタミンCの摂取を阻害せずに済みます。

特に、人参を生のまま食べ過ぎると、いくらビタミンCが豊富に含まれている物を食べても破壊されてしまうので調理方法は工夫してくださいね!


6 妊娠中は人参の食べ過ぎに注意すべき理由


人参にはビタミンAに変換されるβカロテンが含まれているので、赤ちゃんのためにも食べない方が良いと聞きますが、体内に十分な量があれば変化は起きないので心配する必要はありません。

そして、人参に含まれている成分の中で気を付けたいのはカリウムで、通常量であれば問題ありませんが食べ過ぎてしまうと、過剰摂取になって細胞の働きを低下させるので気を付けましょう。

人参を食べるときの問題は毎日大量に食べ過ぎてしまうことで、健康上何も心配はないといっても許容量を超えて食べてしまうと影響が出てしまいます。

そのため、妊娠中は人参を食べる量に気を付けて、栄養バランスの良い食事にすることが重要になります。

どんなに健康に良い食材でも、食べ過ぎは体にとってかなりの悪影響になるので、節度を守って食べるようにしてくださいね!


人参の1日分の適量は50gで、しっかり守ると体にとって良い効果をもたらしてくれますが、食べ過ぎると体調を崩してしまうので注意する必要があります。

特に、生の人参は下痢を引き起こしたり、ビタミンCを破壊する酵素が強く働いていたりするので、加熱調理を行うことをおすすめします。

また、加熱調理をしていても食べ過ぎると肌が黄色くなる柑皮症という病気になってしまうので、健康に良いからといって連日大量に食べないようにしましょう。

食べ過ぎはどんなに健康な方でも体調を崩してしまい、妊娠中であれば赤ちゃんも影響を受けてしまうので適量を守るようにしてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

人参の食べ過ぎが原因の6つの体へのデメリット

1 適切な人参の摂取量の目安とは
2 人参を食べることで得られるメリット
3 生の人参で起こる消化不良に注意
4 人参の食べ過ぎで起きる可能性のある症状
5 人参に含まれるビタミンCを壊す酵素に注意
6 妊娠中は人参の食べ過ぎに注意すべき理由


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext