縄跳びダイエットと併せて行いたい簡単エクササイズ5つ

Jumping Rope
LongitudeLatitude

「部分痩せではなく、体全体をサイズダウンさせたい」「誰にでも効果の高いダイエット法を知りたい」心の中でこのように思ったことはありませんか?

実は、全身運動である縄跳びダイエットなら、誰でもボディラインの気になる部分をシェイプアップさせることができるのです。

「運動が苦手」「ジムなどに行くのは気が進まない」という方も、簡単で場所をとらない縄跳びダイエットなら気軽に実践できますよね。

しかし、実は縄跳びダイエットは縄跳びだけでは効果がなく、簡単なエクササイズを組み合わせる必要があるのです。

意外とハードな全身運動である縄跳びダイエット、せっかく実践するなら効果の高い方法で行いたいですよね。

そこで今回は、縄跳びダイエットと併せて行いたい簡単エクササイズ5つについてご紹介します!


縄跳びダイエットと併せて行いたい簡単エクササイズ5つ


1 縄跳びダイエットのメリット


小学生のときによくやっていた縄跳び、もう何年もやっていないという方も非常に多いですよね。

実は、縄跳びは手軽にできる全身運動であり、ダイエットに非常に効果的なのです。

そこで、縄跳びダイエットのメリットについてご紹介します!

縄跳びダイエットのメリット

・手軽にできる
縄跳びは安価で購入でき、場所も必要としないので自宅の庭などで気軽に行うことができます。

・消費カロリーが大きい
縄跳びは有酸素運動であり、ゆっくりとしたジョギングと同程度のカロリー消費をすることができます。

・全身運動である
縄跳びは腕や足の筋肉全体を使う全身運動なので、全身くまなくシェイプアップすることができます。

縄跳びダイエットは気軽に挑戦できるので、「ダイエットが続けられるか不安」「運動が苦手」という方にもおすすめです。

ぜひ、縄跳びダイエットで理想の体を手に入れましょう!


2 縄跳びダイエットのデメリット


ダイエット効果の高い縄跳びダイエットですが、実はデメリットも存在するのです。

そこで、縄跳びダイエットのデメリットについてご紹介します!

縄跳びダイエットのデメリット

・ハードである
縄跳びダイエットでは縄跳びを20分以上続ける必要があり、運動の経験がない方にとっては結構ハードな運動になってしまいます。

・脚に負担がかかる
縄跳びでは着地の際に脚で全体重を支える必要があるので、ひざや足首を傷めやすくなってしまいます。

・変化がない
縄を跳ぶ動作をひたすら繰り返す縄跳びダイエットには変化がなく、飽きてしまいやすいことがデメリットとして挙げられます。

縄跳びダイエットは全身のシェイプアップに効果的ですが、デメリットも存在します。

特にひざや足首に持病がある方は注意が必要です。

デメリットも把握した上で、無理のない縄跳びダイエットを行いましょう!


3 ウォーミングアップで効果を高める!


縄跳びダイエットの効果を高めるためには、縄跳びの前のウォーミングアップが重要です。

ウォーミングアップをしっかりと行うことで運動の効果が高まるだけでなく、怪我の防止にもつながりますよ。

そこで、縄跳びダイエットの前のウォーミングアップについてご紹介します!

縄跳びダイエット前のウォーミングアップ

・ウォーキングやジョギング
縄跳びをする前に軽いウォーキングやジョギングで脚を動かしておくことで、縄跳びの効果を高めることができます。

・柔軟体操
特にふくらはぎや太ももを中心に柔軟体操を行ってから縄跳びをすることで、怪我を防ぐだけでなく脂肪燃焼効果を高めることができます。

ウォーミングアップをしっかりと行うことで、体のコンディションを把握して無理なくダイエットを行うことができます。

ぜひ、縄跳びダイエットにチャレンジする際には、縄跳び前のウォーミングアップを習慣にしてみてくださいね!


4 跳び方のバリエーションで効果を高める!


縄跳びダイエットの基本は両足を揃えて跳ぶ方法ですが、ずっと同じやり方で跳び続けるのは飽きてしまいやすいですよね。

また、跳び方を変えることで刺激する筋肉を変え、ダイエット効果を高めることもできますよ。

そこで、縄跳びダイエットにおける跳び方のバリエーションをご紹介します!

跳び方の3つのバリエーション

・片足跳び
けんけんをするように片脚だけで跳ぶことで、脚に掛かる負荷を上げて効率よく脚痩せ効果が得られます。

・ステップ
ボクシングのトレーニングで行われるように「右、右、左、左」とステップを踏んで跳ぶことで体全体へ掛かる負荷を上げることができます。

・二重跳び
二重跳びは縄の回転が多くなるので腕のシェイプアップに効果的です。

様々な跳び方を行うことで、ダイエット効果を高めるだけでなく楽しんでダイエットを続けやすくなりますよ。

ぜひ、縄跳びダイエットの際には色々な跳び方にチャレンジしてみてくださいね!


5 縄跳び後のストレッチで効果を高める!


縄跳びダイエットはハードな運動ですので、筋肉痛を防ぐためには縄跳び後のストレッチが欠かせません。

また、運動後に筋肉をほぐすことで不要な筋肉をつけず、脚のラインをすっきり保つことができるのです。

そこで、縄跳びダイエット後のストレッチについてご紹介します!

太もものストレッチ実践法

①両脚を伸ばして地面に座る
②片方の膝を曲げ、状態を後ろに傾ける
③②の状態を20秒ほどキープする

ふくらはぎのストレッチ実践法

①壁に両手をついて立つ
②脚を前後に開く
③ゆっくりと腰を落とし、20秒ほどキープする

縄跳びは特に脚に負担の掛かる運動法ですので、縄跳びの後は脚のストレッチをしっかりと行いましょう。

ぜひ、縄跳びダイエット後はストレッチで疲れを解消しましょう!


さて、『縄跳びダイエットと併せて行いたい簡単エクササイズ5つ』はいかがでしたか?

縄跳びダイエットの効果を高めるためにはウォーミングアップや跳び方のバリエーション、縄跳び後のストレッチが重要であることがわかりますよね。

今回ご紹介したエクササイズを実行するだけで、縄跳びダイエットの効果を最大限にえることができますよ。

ぜひ、明日から縄跳びダイエットにチャレンジして、理想のボディラインを手に入れましょう!

まとめ

縄跳びダイエットと併せて行いたい簡単エクササイズ5つ

1 縄跳びダイエットのメリット
2 縄跳びダイエットのデメリット
3 ウォーミングアップで効果を高める!
4 跳び方のバリエーションで効果を高める!
5 縄跳び後のストレッチで効果を高める!


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext