免疫力を高める食べ物で病気知らずの身体になる5つの方法

免疫力を高める食べ物で病気知らずの身体になる5つの方法

「なかなか疲れが取れない、、、」「病気ではないけれど気分や体調が優れない、、、」など体の不調が続くと、体を動かすのが億劫になり、何をしても上手くいかないと感じられるようになりますよね。

このような負のサイクルに陥らないようにするため、日頃の健康管理に役立てたいのが免疫力です!

日々の体調管理から、大きな病気を予防するという意味でも、免疫力を高めておくことはとっても重要!ということで、今回は免疫力を高めてくれる食べ物の種類や効果効用、さらに免疫力を高める方法も併せてお伝えします。


免疫力を高める食べ物で病気知らずの体になる5つの方法


1 免疫って?高めると病気知らずになれる?!


『健康の秘訣は免疫力』という言葉はよく耳にしますが、そもそも免疫力とは何なのでしょうか?

免疫力とは、病気の原因となる菌やウイルスから、体を守るための力です。

体内では、血液中に存在する複数種類の免疫細胞が、全身を巡りながら体に侵入した病原体を体外に追い出したり、ウイルスに感染した細胞を攻撃したりして、病気の発症や悪化を防いでいるのです。

免疫が正常に働いていれば、健康な状態を維持することができますが、何らかの原因で免疫力が低下すると、全身に様々な不調が現れます。

免疫力低下が引き起こす主な体の不調

・風邪をひきやすくなる
・ウイルスや細菌が原因の感染症になりやすくなる
・肌が荒れやすくなる
・アレルギー、アトピーなどの症状が出やすくなる
・お腹を下しやすくなる
・疲れやすくなる

このように、免疫力の低下は、よくある体調トラブルの原因になるばかりか、命に係わる重大な疾患のリスクを高める可能性もあります。

また、免疫力が低下していると、風邪や下痢のような軽度の症状でも、回復が遅れて症状が長引いたり、悪化しやすくなったりします。

免疫力低下の原因には、加齢のように自分ではコントロールできないものもありますが、ストレス、疲労、食生活の乱れや睡眠不足など、日常生活の中での心がけ次第でコントロール可能なものも多いのです。

また、食べ物の中には、免疫力の低下を防いだり、免疫力を高めたりする食べ物があり、そのような食べ物を毎日の食事に取り入れることで、体質を変えることもできますよ。


2 殺菌力を持つ食べ物で免疫力を高める方法


殺菌作用のある成分を含む食品を摂取すると、風邪などの感染症の原因となる細菌やウイルスを殺菌してくれるため、感染を未然に防ぎ、病気を予防することができます。

また、殺菌力を持つ食品は、滋養強壮効果を持ったものが多く、疲労回復や免疫細胞を増やす働きも持っています。

殺菌効果を持つ栄養素と食品

アリシン

ニンニク、玉ねぎ、ネギなどに含まれる香味成分で、殺菌力に優れ、疲労回復や免疫力強化に非常に効果がありますが、性質上熱に弱いので、生で食べるか、サプリメントからの摂取がおすすめです。

プロポリス

蜂蜜の成分で、天然の抗生物質と呼ばれるほどの殺菌、抗菌効果を持ち、非常に高い免疫力アップ効果があります。

また、蜂蜜には、お肌を美しくする美容効果や脂肪燃焼を促進する作用もありますので、積極的に摂りましょう。

カテキン

お茶に含まれる苦み成分で、食中毒や呼吸器疾患、腸管の感染症などを引き起こす細菌の殺菌、インフルエンザウイルスへの抗ウイルス作用など、身近な感染症予防に効果を発揮します。

カカオポリフェノール
チョコレートに含まれる成分で、食中毒菌やピロリ菌の殺菌効果があり、さらに動脈硬化予防、アレルギーの原因物質ヒスタミンの働きを抑制する働きもあります。

抗菌作用を意識して食品を選ぶ方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、仕事や家事の合間に気軽に飲むことができるお茶をはじめ、普段の生活で取り入れやすい食品に、実は抗菌効果の高い成分が含まれているのです。

お伝えした成分や食品を積極的に摂取して、食品の持つ抗菌作用で、感染症に負けない体をつくりましょう。


3 腸内環境を整える食べ物で免疫力を高める方法


腸内環境と免疫って関係あるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、全免疫細胞のうち6割は腸内に存在しているため、免疫力をアップさせるには腸内環境の改善が不可欠です。

異物が入ってきた際、腸でその有害無害を判断し、有害な場合は免疫細胞が排除攻撃しているのです。

そこで腸内環境を整え、免疫力を高めるくれるのが、乳酸菌やオリゴ糖、そして食物繊維です。

中でも、乳酸菌には、腸内で善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きがあり、善玉菌が増えれば腸内環境を良好に保つことができます。

乳酸菌は酸に弱く、腸に到達する前に殆どが死滅してしまいまうため、生きたままの状態で腸に届く乳酸菌も開発され、ヨーグルトなどの乳製品として販売されています。

しかしながら、死滅した乳酸菌は腸内で善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やす働きがあるため、腸内環境を整えるためには、乳酸菌の生死よりも量を意識して摂取することをおすすめします。

腸内の常在菌のバランスには個人差があり、腸内環境改善には、ご自身の体質に合った乳酸菌を摂取する必要があります。

乳酸菌には非常に多くの種類がありますから、実際に購入して食べ比べてみて、体調だけではなくコストや味なども考慮しながら、ご自身に合う乳酸菌を見つけてくださいね。



4 疲労回復効果のある食べ物で免疫力を高める方法


仕事や家事に追われる忙しい毎日、十分な休息を取れず、疲労やストレスが溜まっているという方は多いのではないでしょうか。

心身の疲労やストレスを感じても、特に対処せずにそのままにしていると、自律神経やホルモンバランスが乱れ、免疫力の低下を招く恐れがあります。

過労やストレスが原因の発熱や胃腸炎は、まさに免疫力が低下しているというサインです。

蓄積した疲労やストレスを解消して免疫力を高めるためには、睡眠などの休息や適度な運動に加え、十分な栄養補給も必要です。

バランスの良い食事を摂ることはもちろん、疲労回復効果のある栄養素を含む食べ物も意識して取り入れれば、疲労回復効果がさらにアップします。

そこで、毎日の食事にぜひ取り入れていただきたい、疲労回復効果のある栄養素と食べ物をお伝えします。

疲労回復効果のある栄養素と食べ物

ビタミンB群

細胞へのエネルギーの供給が不十分な状態になると、疲労感を感じやすくなりますが、ビタミンB群には糖質や脂質の代謝を促す働きがあるため、全身の細胞に効率良くエネルギーが届けられ、疲労回復をサポートしてくれます。
豚肉や納豆、卵などに豊富に含まれます。

クエン酸

細胞のダメージを修復するために必要なエネルギーを生産するプロセスで、クエン酸は非常に大切な役割をしています。そのため、クエン酸を積極的に摂取して、エネルギー生産を活発にすると、細胞が修復され疲労も回復します。
柑橘類や梅干しなどに豊富に含まれ、ビタミンBと一緒に摂取するのがおすすめです。

マグネシウム

精神的な疲労やストレスからの回復を助けてくれます。海藻類やナッツ類、ごまなどに含まれます。

カルシウム

精神を安定させ、ストレスの影響を受けにくい状態に整えてくれます。乳製品、小魚などに豊富に含まれます。

疲労回復のためには、疲労やストレスによってダメージを受けた細胞を修復するだけではなく、精神を安定させストレスに強い心をつくる必要がありますので、お伝えした栄養素をバランス良く摂取して、ストレスの悪影響を受けにくい体と心をつくり、免疫力を高めましょう!


5 体温を上げる食べ物で免疫力を高める方法


体温を上げると免疫力がアップする、と聞いたことはありませんか?

実は、体温と免疫力には密接な関係があり、体温が上がり血流がスムーズになると免疫力が高まる一方、体温が下がると免疫力が低下してしまうのです。

平熱が36度以下の低体温の方の割合は若い人を中心に増加しており、加齢や運動不足、過度のストレスによる筋肉量の低下や、エアコンの効いた室内で過ごす時間の増加など、低体温の原因として、生活習慣や環境の変化が挙げられます。

ご自身の健康状態を把握するためにも、平熱を知っておくことは大切です。

平熱のチェック方法

①体温計の正しい測定法を参考にしながら、1日3回、朝昼夜の体温を測定し記録します。
②①を3から4日間続け、全ての測定値の平均を求めます。

②で求められた平均値が平熱です。

たとえ平熱が36度以下であっても、生活習慣を見直し、適度な運動で血流を促進、体温を上げる食べ物を摂取するなどの工夫で平熱を上げれば、免疫力を高めることができます。

そこで、体温を上げる効果のある栄養素と食べ物をご紹介します。

体温を上げる栄養素と食べ物

ショウガオール

ショウガに含まれるショウガオールという成分は、血行を良くし、体をぽかぽかと温め、免疫細胞を活性化させます。
代謝を高めてくれるので、美容効果やダイエットにも効果があります。

カプサイシン

唐辛子やキムチに含まれている辛味成分カプサイシンもまた、血液の流れを良くして、体温を上げ、免疫力を高めます。

ご紹介した栄養素を摂取することはもちろん、入浴やウォーキング、体を冷やさない服装や生活習慣を心がければ、平熱を1度上げることも不可能ではありません。

体の冷えが気になる冬場だけではなく、1年を通して体を冷やし過ぎない生活習慣を意識してくださいね。


免疫力を高める食べ物、そして免疫力を高める方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

免疫力を上げるには、睡眠時間をしっかり取って肉体的な疲れ、そしてストレスによる精神的な疲れを取ることも必要になります。

免疫力を上げる食べ物を食べることと併せて、適度な運動、疲労やストレスを軽減する生活習慣を実践して、常に免疫力の高い状態をキープしましょう。

まとめ

免疫力を高める食べ物で病気知らずの体になる方法

1 ストレス疲労食生活の乱れ睡眠不足などが免疫力低下の主な原因
2 免疫力低下の原因には自分ではコントロールできない加齢もある
3 殺菌効果を持つプロポリスカテキンなどが免疫力回復に効果あり
4 生きたままの状態で腸に届く乳酸菌が免疫力回復効果あり
5 疲労回復効果のあるビタミンB群クエン酸マグネシウムで免疫力が上がる
6 体温を上げるショウガオールカプサイシンで免疫力が上がる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext