運動不足な人が患う可能性のある5つの怖い病気に備える方法

運動不足な人が患う可能性のある5つの怖い病気に備える方法

仕事に家事にと現代人はとにかく忙しいもの、そうすると意識して体を動かす時間が持てなくなるものですよね。

生活の中に意識して体を動かしている人、動かしていない人との間には、体調不良や病気のリスクに違いがあるため、「できれば」ではなく「必ず」定期的な運動習慣を持つことが重要になります。

そこで今回は、運動不足の方が患う可能性がある病気にはどのようはものがあるのか、さらに備えるために取り入れたい運動習慣についてお伝えします。


運動不足な人が患う可能性のある5つの怖い病気に備える方法


1 運動不足によって起きる最も怖い病気


長く運動不足の状態になっていると、命を落としてしまうほど怖い病気を患う可能性があるので、体を動かす機会が少ない方は注意しましょう。

命に関わる可能性がある2つの病気

動脈硬化

動脈硬化は動脈にコレステロールや中性脂肪などが詰まって硬くなる病気で、患うと体を動かすのに必要な血液や栄養、酸素などが十分に送られなくなってしまいます。

そして、供給が途絶えてしまうと非常に危険な病気に発展してしまうので、運動不足が原因の動脈硬化には注意しましょう。

心筋梗塞や脳梗塞

命に関わるほど危険な病気といえば心筋梗塞や脳梗塞で、動脈硬化によって心臓や脳へと続く血管が詰まると血液や栄養などが送られなくなります。

運動をする習慣がない方ほど起こりやすくなる病気になるので、早い内から運動不足を解消しておきましょう。

運動不足で発症する病気は年を取るほどリスクが高まるので、予防のためにも早い内から体を動かすように意識してくださいね!


2 生活習慣病に要注意


運動不足で発症しやすい病気には生活習慣病があり、誰でも患う可能性がある上に放置していると生活に支障が出るので早めに運動を取り入れましょう。

運動不足で患う可能性がある3つの生活習慣病

肥満

運動不足の状態が長く続くと、脂肪を燃焼させるための消費エネルギーが足りなくなって肥満になってしまいます。

更に、筋肉が弱まるので疲れやすい体になり、色々な病気の引き金となるので、運動不足を解消して肥満を予防しましょう。

高血圧

高血圧の原因といえば塩分ですが、運動不足による肥満でも血圧が上昇するので、運動習慣をしっかり取り入れましょう。

高血圧を放っていると、動脈硬化を引き起こして心筋梗塞や脳梗塞に繋がるので、血圧が高めの方は運動不足を解消することが重要になります。

糖尿病

一度患うと完治が難しいのが糖尿病で、原因は糖質が多い食べ物の摂り過ぎになり、防ぐためには運動を取り入れる必要があります。

運動をすると糖質をエネルギーとして消費することができるので、糖尿病の予防のためにも毎日体を動かしましょう。

生活習慣病は症状が現れ始めたら手遅れになるので、患う前に定期的な検診を行って体調を管理することが大切です。

特に、運動は意識しないと行うことがほとんどないので、体を動かすための時間を作って運動不足を解消してくださいね!


3 運動不足によって発症する精神的な病気


運動不足によって現れる病気は身体面だけでなく、精神的な病気にも繋がるので心が晴れない日が続いていたら注意しましょう。

特に気を付けたいのがうつ病で、患うと精神的にポジティブになれない上に塞ぎ込んでしまう可能性が高く、酷いときには自殺をする場合があります。

また、心の不調は次第に体にも現れ、いつまでも疲労感が抜けなかったり、だるさを感じるようになったりします。

そして、うつ病を予防するための運動は、脳に必要なセロトニンを分泌しやすくなる屋外で行うのが効果的になるので、落ち込むことが多いと感じていたらうつ病に備えるためにも運動を始めてくださいね!



4 女性によく見られる症状とは?


運動不足による症状には便秘があり、特に女性の方は悩んでいることが多いのではないでしょうか?

便秘になる原因は運動不足以外にも、ストレスや食生活の変化、水分不足など色々あり、解消するためには普段の生活の見直しも必要になります。

そして、便の排出を促すためには運動が大切で、毎日怠らず行うと腸の働きが改善される上に、血行も良くなって便秘が原因の体調不良も治すことができます。

また、排便には腹筋に力を込めることも重要で、筋力が男性と比べて低い女性は日常生活に筋トレも入れることが大切になります。

運動を行うと腸の働きが改善されて、更に筋肉が付くようになるので、便秘に悩んでいる方は運動不足を疑って、早めに解消するためにも運動を取り入れてみてくださいね!


5 病気に備えるために必要な運動方法


様々な病気を防ぐためには毎日体を動かす必要がありますが、どんな運動が効果的なのか気になりますよね。

病気に備えるための運動は疲れるほど激しいものではなく、空いた時間に気軽に行えるのが特徴になるので、あまり運動をしない方でも長く続けることができます。

病気に備えるために取り入れたい3つの運動

有酸素運動

有酸素運動は運動不足による病気の予防のためには欠かせない運動で、毎日15分以上取り入れると効果が現れます。

そして、おすすめの有酸素運動がウォーキングや水泳で、体への負担が少ないのが特徴になるので長く続けることができます。

運動不足の方が始めるには丁度良い運動になるので、普段あまり体を動かさない方はぜひ実践してみてください。

ストレッチ

ストレッチは強張った筋肉をほぐす運動で、デスクワークが中心となっている方におすすめです。

また、入浴後や寝る前にも気持ちが良いと思えるぐらいの強さで筋肉を伸ばすと、病気の備えになるのでリスクを下げるためにも実践してみましょう。

筋トレ

腕立て伏せやスクワットなどの筋トレは、体の筋肉が鍛えられる上に、代謝が良くなって健康的な体にしてくれるので病気の予防に繋がります。

ただし、いきなり激しい筋トレをしてしまうと体を痛めてしまうので、まずは10回程度を目安に行い、慣れてきたら徐々に回数を増やしましょう。

普段の生活に運動を取り入れると、運動不足による病気を予防することができるので、まずは15分ぐらいの時間を作って始めることが大切です。

そして、運動の効果を高めるためには栄養のバランスが取れた食事も重要になるので、偏った食事をしていたら改善してみてくださいね!


運動不足な人がかかる可能性のある病気、さらに運動不足解消方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

運動不足によって発症する病気の中には、心筋梗塞や脳梗塞のように命に関わるほど怖い病気があるので、普段の生活に運動を行う時間を作ることが大切になります。

運動の習慣ができると、誰もが患う可能性がある生活習慣病の予防に繋がるので、将来の病気のリスクを下げるためにも運動不足はしっかり解消するようにしましょう!

まとめ

運動不足な人が患う可能性のある5つの怖い病気に備える方法

1 命に関わる可能性がある動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞
2 肥満・高血圧・糖尿病などの生活習慣病
3 体を動かさないことがメンタル悪化につながる
4 運動不足で慢性便秘になる可能性
5 有酸素運動やストレッチが運動不足解消に向いている


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext