肌リセットに最適!ピーリング石鹸6つの効果と活用法

Hacerlo crecer con muchisima delicadeza.

多くの女性の悩みの種といえば、ニキビ跡、肌のくすみ、毛穴の汚れや開き、シミやそばかすですね。

メイクで隠そうとすると、ファンデーションが厚塗りになってしまったり、不自然に見えてしまったりと、本当になんとかしたいですね。

いまくすみやシミ・ソバカスのある肌をリセットすることができるピーリング石鹸が注目されています。

そこで正しく使うと肌の悩みから永遠に卒業できるピーリング石鹸の効果と正しい洗顔法についてご紹介します!


肌リセットに最適!ピーリング石鹸6つの効果と活用法


1 ピーリング石鹸でケミカピーリングと同じ効果が?


エステやクリニックで施術されるケミカルピーリング。フルーツ酸を用いて肌の表面を溶かし、ニキビ、ニキビ跡、シミ、シワ、角質層を取り除く施術です。

ケミカルピーリングは、肌への浸透は表皮のみで0.2mmほどしかありませんので、お肌への負担は少なくて本来はいらない古い角質を取り除いて綺麗なお肌を手に入れることができます。

ただ、ケミカルピーリングは、エステやクリニックに通わなくはならないうえに、料金も高いのがネックですよね。

そこで自宅で、エステで行うケミカルピーリングと同じ効果を得られるのが、ピーリング石鹸を使う洗顔なのです。

ピーリング石鹸はドラッグストアや通販で、数百円~数千円程度で販売されていますので、まずは手頃に試せるものから始めてみましょう!


2 使って大丈夫?ピーリング石鹸のメリットと注意点


ピーリングに使われる酸をAHAと呼びますが、AHAはリンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸などの総称でフルーツ酸とも呼ばれています。

エステやクリニックで用いられるAHAの濃度は20~30%ですが、市販されているピーリング石鹸の酸の濃度はほとんどが1~10%、毎日の洗顔に安心して使うことができるものです。

AHAの中でもピーリング効果が期待できるものはグリコール酸で、多くのピーリング石鹸に使われています。

「肌を溶かすほど効果が高いものを日常的に使って大丈夫?」と不安になりますが、グリコール酸は身体に存在する毒性の無い物質なので、皮膚の表面からグリコール酸を吸収したとしても副作用はありませんし、発癌や、アレルギーの心配もありません。

グリコール酸を主成分に使ったピーリング石鹸は、他のピーリング剤に比べて炎症を起こしにくい特徴もあるため、安心して使うことができます!


3 綺麗になるピーリング石鹸の選び方


たくさんの種類があるピーリング石鹸ですがが、肌質にあったピーリング石鹸を選ばないと思わぬ肌トラブルになってしまうこともあります。

そこで、肌質別でのピーリング石鹸の選び方と使い方についてご紹介します。

ピーリング石鹸の選び方

敏感肌の方向けピーリング石鹸の選び方

  • AHAの濃度が低い(0.6%〜1%)タイプを選ぶ
  • ピーリング石鹸での洗顔は週1回が目安
  • 泡パックを3分程度して水で流す
  • 低刺激のタイプのため、ピリピリした感覚を感じませんが、効果はあります。

普通肌の方向け・ピーリング石鹸の選び方

  • AHAの濃度が標準的(4%前後)なタイプを選ぶ
  • ピーリング石鹸での洗顔は週1回が目安
  • 泡パックを3~5分程度して水で流す

ニキビ跡が目立つ・脂性肌の方向け・ピーリング石鹸の選び方

  • AHAの濃度が高い(5%以上)タイプを選ぶ
  • ピーリング石鹸での洗顔は週1回が目安
  • 泡パックを5~10分程度して水で流す

5%以上の濃度のピーリング石鹸は週1回だけの使用にして、その他の日は低い濃度のピーリング石鹸での洗顔をすることで綺麗な肌になれます。

また、AHA濃度が高く洗顔後は肌が火照った感じが残るため、洗顔後すぐに冷やした美容パック、もしくは冷やした濡れタオルで肌が落ち着くまでクールダウンしましょう!


4 ピーリング石鹸の正しい洗顔で効果倍増する方法


「ピーリング石鹸はあまり効果がない」という声を聞くこともありますが、それはいつもの洗顔と同じ方法で洗顔していることが原因の場合が多いのです。

そこでピーリング石鹸の効果を十分に引き出し、しっかり実感するための正しい洗顔法をご紹介します。

ピーリング石鹸の正しい洗顔法

下準備

  • 顔をぬるま湯で肌を十分濡らしておく
  • ピーリン石鹸を泡立てネットを使ってしっかり泡立てる
  • 洗顔石鹸に比べて泡立ちが悪いのでしっかりと泡立てましょう

顔に泡をのせる

顎や額などの比較的に肌の強い部分から最初に泡をのせ、目元や唇には泡はのせない方がベターです。どうしても泡パックをしたいときはごく短い時間にしてください。

洗顔する

  • 泡で洗うように優しく洗顔する
  • 使用しているピーリング石鹸の泡パック目安時間が過ぎたら洗い流す
    (肌がピリピリしてきたら酸によって角質が剥げてきている証拠ですので、泡を優しく洗い流しましょう)

肌をクールダウン&保湿をする

※ピーリング石鹸を使用した後は肌がとても敏感になっていて、乾燥しやすい状態ですのですぐにたっぷりと保湿してください。

ピーリング石鹸は刺激が強すぎるため、泡パックを顔全体にするのはNG!十分気を付けましょう!


5 ピーリング石鹸+αで肌の悩みを解消する方法


ピーリング石鹸で泡パック洗顔を行うことで、一皮むけた肌への美容成分などが浸透しやすい状態が作れるため、ビタミンC誘導体配合の化粧水を肌にたっぷりと使うことで、これまで悩んでいた3つの肌トラブルをスッキリ解決することができます。

ピーリング石鹸+αで肌の悩みを解消する方法

シミ・ソバカスの悩み解消

ピーリング石鹸によって古い角質が剥がれてくると肌の色が均一に明るくなり、そしてシミ・ソバカスの解消効果のあるビタミンC誘導体が浸透しやすくなってきます。

ピーリング石鹸で泡パック洗顔を行い、すぐにビタミンC誘導体配合の化粧水をたっぷり使い浸透させることで美白効果がMAXになります!

小じわの悩み解消

ピーリング石鹸で洗顔することで肌内部のコラーゲンの生成が促進されてきます。肌の弾力が戻ることで、表皮がしっかり伸ばされます、さらに潤いも保つことができるようになるので小じわがなくなります!

そのためにピーリング石鹸で泡パック洗顔を2日に1度程度行い、ビタミンC誘導体配合の化粧水か、APPS配合の化粧水をたっぷり浸透させましょう。

毛穴が目立つ悩み解消

毛穴は皮脂を分泌するための器官のため、皮脂や角質が詰まりやすく黒ずみとなります、黒ずみのない毛穴でも、毛穴部分がくぼんでいるため目立ってしまうのです!

ピーリング石鹸で泡パック洗顔をすることで余計な皮脂や角質を取り除く事ができるので、肌がやわらくなり毛穴もだんだんと目立たなくなり、ファンデーションの厚塗りが不要になります!

6 ピーリング石鹸使用後で気をつけたいポイント

エステサロンなどでのピーリング施術後には、施術当日の入浴厳禁などの絶対に守らなければならない注意点がありますが、ピーリング石鹸を使用した後も、エステサロンでの施術後と同様に注意していただきたい点があります。

ピーリング石鹸使用した当日の注意点

入浴

ピーリング石鹸を使用した後に入浴しても問題ありませんが、肌への負担を考慮して湯船に浸かるのは15分以内にしましょう。

サウナ

肌への負担を考慮して、サウナ利用はやめておきましょう。

メイク

しっかりと肌への保湿をした後であれば、メイクしても問題ありません。

日焼け止め

ピーリング石鹸使用後は肌が敏感になっているため、屋外へ出る場合には必ず日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めはピーリング石鹸を使用して2~3日は継続して塗ることをおススメします。

もし、ピーリング石鹸使用後にしっかり保湿しているにも関わらず、肌の赤みやほてりを感じたり、乾燥やかゆみが3日以上続くようであれば、皮膚科で診てもらうようにしましょう。


さて、『肌リセットに最適!ピーリング石鹸6つの効果と活用法』はいかがだったでしょうか?

女性の悩みの主な原因にあげられるニキビ跡、肌のくすみ、小じわ、毛穴などがピーリング石鹸での泡洗顔+ビタミンC誘導体配合の化粧水で消えてしまうなんて、こんな嬉しいことはないですね。

さらにエステやクリニックに通う手間やコストもかからなくなるので、まさに一石二鳥です!

ぜひ今回紹介した肌別ピーリング石鹸の選び方、正しい洗顔法で古い角質と一緒に肌の悩みの種もすっきり溶かして、うる肌美人に変身しましょう!

まとめ

肌リセットに最適!ピーリング石鹸6つの効果と活用法

1 ピーリング石鹸でケミカピーリングと同じ効果が?
2 使って大丈夫?ピーリング石鹸のメリットと注意点
3 綺麗になるピーリング石鹸の選び方
4 ピーリング石鹸の正しい洗顔で効果倍増する方法
5 ピーリング石鹸+αで肌の悩みを解消する方法
6 ピーリング石鹸使用後で気をつけたいポイント


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext