エラ張りを治して小顔になるための咬筋をほぐす6つの実践方法

エラ張りを治して小顔になるための咬筋をほぐす6つの実践方法

エラが張っている方が小顔になるためには、咬筋という耳の下にある筋肉をほぐす必要があるので、張りがコンプレックスとなっていたらすぐにでも実践することが大切になります。

効率よくほぐすためには、普段の生活で起こる癖を改善することが重要で、歯の食いしばりや頬杖をつくといった行為をしていないか確認をしましょう。

エラが張るような癖を直すと、咬筋の発達を防ぐことができて小顔になりやすくなるので、まずは無意識の内にやっている行為を思い出して少しずつ直していくことが大事です。

そこで今回は、エラの張りの原因となる咬筋をほぐすため方法をご紹介します!


エラ張りを治して小顔になるための咬筋をほぐす6つの実践方法


1 咬筋という筋肉とは?


エラの張りに関係しているのが咬筋という筋肉で、奥歯を噛み締めることで盛り上がるエラの上にあります。

咬筋は食べ物を噛むときに使っている筋肉のため、エラの張りをほぐして小顔にするためには対策をしっかり実践して、必要以上の発達を防ぐことが大切です。

無意識の内に使っている場合も多いので、筋肉の発達につながる行為を知って、癖になっているようなら意識して直しましょう。

自身の生活習慣を見直したり、マッサージを行ったりすると咬筋の発達を抑えてほぐれるので、エラの張りで小顔にできないと悩んでいる方は、原因と対策法をしっかり把握してくださいね!


2 エラの張りの詳しい原因


エラ張りの原因は基本的に咬筋の状態にあるので、小顔にするためにも思い当たる物があったら見直しましょう。

エラが張りやすくなる2つの原因

咬筋の必要以上の発達

エラの張りの原因は咬筋の必要以上の発達のため、鍛える行為をできるだけ減らすことが重要になります。

咬筋が発達する行為

・ガムを噛む
・歯を食いしばる
・間食をする機会が多い

咬筋は毎日動かす筋肉のため全く使わないようにすることはできませんが、ガムや間食などは自分の意思で抑えられるので実践しましょう。

そして、歯の食いしばりも咬筋が発達する原因になるので、無意識の内に行っていたりスポーツで食いしばったりする機会が多い方は、気付いたときに止めるように意識することが大切です。

咬筋のコリ

咬筋もコリを感じる部分のため、生活習慣を見直して悪化させないようにする必要があります。

咬筋がコリやすくなる4つの生活習慣

・緊張やストレスによる食いしばり
・頬杖をつく
・頻繁に固い食べ物を噛む
・寝ているときの歯ぎしり

咬筋のコリの原因は無意識な食いしばりや頬杖、歯ぎしりなど色々ある上に癖になりやすい物ばかりのため、自覚したときにはすぐに直すようにしましょう。

エラが張りやすくなる原因となる行為を直すと小顔に一歩近づくので、まずは生活習慣や癖を確認して改善してくださいね!


3 エラが張りやすくなる癖を直す方法


エラの張りを直して小顔にするためには、癖になっている行動の確認が必要になるので、無意識の内に行っている物があったら気付くと同時に止めるようにしましょう。

エラが張る2つの癖

頬杖

無意識に行う癖で最も多いのが頬杖で、エラの張りだけでなく顔の歪みの原因となるので、すぐに直し始めることが重要になります。

そして、頬杖は姿勢が悪いと思わずついてしまうので、姿勢を正して頬に手を持って行かないように意識する必要があります。

最初はなかなかうまくいかないことが多いのですが、気付いたときに止めるようにしていくと次第に直っていくので、エラの張りを改善するためにも頬杖を解消しましょう。

食いしばり

食いしばりが癖になっていると咬筋が鍛えられている状態になるので、エラの張りを改善するためにも少しずつ直していきましょう。

食いしばりを直すためには舌のポジションが非常に重要で、口を閉じているときは上顎にくっつけるようにすると歯の接触を防ぐことができます。

舌が上顎にしっかりくっついている状態が正しいポジションになるので、食いしばる癖がある方は実践してみましょう。

エラの張りを改善するためには無意識の内に行っている癖を直すことが重要になるので、小顔になりたいと思ったら意識して解消してみてくださいね!


4 睡眠時の歯ぎしりに注意


咬筋の発達原因の一つに歯ぎしりがあり、睡眠中に起きやすい現象になるので環境を見直して抑えることが重要になります。

歯ぎしりを抑える方法

・ストレスを溜めない
・枕の高さや硬さを変える
・アルコールを控える
・歯の噛み合わせを改善する

歯ぎしりが起きる原因は主にストレスですが、枕やアルコールなども発生する要因になるのでできる所から改善しましょう。

また、どうしても改善しないときは歯医者に行って相談をして、必要であれば治療を受けることが大切です。

特に、噛み合わせが原因だった場合、治療をしてもらわないと歯ぎしりが治らないので、エラの張りを改善するためにも歯医者に行ってくださいね!


5 小顔になるための食べ方


エラの張りを改善して小顔になるためには、なるべく咬筋を使わないようにすることが重要になりますが、食事をしているときはよく噛む必要があります。

食べ物をよく噛んでから飲み込むと満腹になりやすくなるので、食べる量が少なくなり結果的にあまり咬筋を使わないようにすることができます。

また、しっかり噛むようになるとエラの張りだけでなく、ダイエットにもつながるので美容面を意識したときは食べ方に注意しましょう。

そして、咬筋の発達を防ぐためには噛み過ぎないこと以外に、食べ物の柔らかさにも注目することが大切です。

固い物を食べ続けていると、噛み砕くために咬筋が発達してエラの張りにつながるので、固さがある物を食べ過ぎないようにしましょう。

加えて、ガムのように何回も噛む必要がある食べ物も咬筋を使い過ぎてしまうので、毎日食べる習慣がある方は少しずつ数を減らすようにしてくださいね!


6 咬筋をほぐすマッサージ方法


咬筋を効率よくほぐすためにはマッサージが大切で、継続して行うとエラの張りが解消されて小顔になることができます。

咬筋をほぐすマッサージの手順

①口を開いた状態で、エラの部分に人差し指と中指、薬指を置いて円を描くように5回ぐらいマッサージをします。
②5回終わったら手の平をエラに置き、少し強めに押しつけて10回ほど後ろの方に押し上げます。
③1分ぐらい①と②のマッサージを繰り返します。

咬筋をほぐすマッサージを毎日空いた時間に行うと、エラの張りが解消されて小顔になりやすくなるのでぜひ試してみてくださいね!


エラが張る原因は、咬筋という筋肉の必要以上の発達やコリによる物のため、解消して小顔になるにはほぐしてあげることが大切になります。

そのため、まずは発達やコリの原因である咬筋の使い過ぎや頬杖、歯ぎしりなどの癖を意識して改善する必要があります。

特に、無意識の内に行いがちな頬杖や食いしばり、寝ているときの歯ぎしりはなかなか直りにくいのですが、気付いたときにはすぐに止めるようにして、歯ぎしりを起こさないための対策を実施することでかなり改善できます。

そして、エラの張りをほぐすマッサージを毎日行うと、次第に解消されて小顔になりやすくなるのでぜひ実践してみてくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

エラ張りを治して小顔になるための咬筋をほぐす6つの実践方法

1 咬筋という筋肉とは?
2 エラの張りの詳しい原因
3 エラが張りやすくなる癖を直す方法
4 睡眠時の環境に注意
5 小顔になるための食べ方
6 咬筋をほぐすマッサージ方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext