30日でフケやかゆみを撃退するための頭皮乾燥ケア7ステップ

Hair Blowing
Hair Blowing / Jenn Durfey

髪のケアは徹底しているけれど、頭皮に関しては何も、、、という方は多いのではないでしょうか?

頭皮も肌の一部であり、放っておくと空気の乾燥や紫外線、血行不良による栄養不足など様々な原因によって、知らぬ間にフケやかゆみといったトラブルを引き起こしてしまいます。

そこで今回は、肌のターンオーバーに合わせ30日で頭皮の乾燥を改善して、フケやかゆみを撃退する具体的な方法をご紹介します!


30日でフケやかゆみを撃退するための頭皮乾燥ケア7ステップ


1 髪の仕上がりよりも大切なこと!刺激の少ないシャンプー選び


サラサラ、ツヤツヤといった髪の仕上がりや、好みの香りなど、シャンプー選びに関してこだわりがある方は多いですよね。

ですが、もし乾燥によるフケやかゆみが気になるのなら、以下のようなシャンプーを選ぶことがやっぱり不可欠になります!

そこで乾燥から頭皮を守るシャンプー選びのポイントをご紹介します!

乾燥から頭皮を守る!シャンプー選び4つののポイント

・高級アルコール系シャンプーはNG
・シャンプーの宣伝文句に左右されない
・アミノ酸系シャンプー
・頭皮専用の薬用シャンプー

高級アルコール系シャンプーとは、ドラッグストアやスーパー等で手に入る、低価格で泡立ちがよく、洗浄力が強いもの。ラウリル硫酸ナトリウムを始めとする「ラウリル」や「硫酸」という単語の入った成分が含まれている場合は、頭皮への刺激が強いため、避けるのが賢明です。

一方、アミノ酸系のものは、値段が少々高くなりますが、適度な洗浄力で、また頭皮に必要な皮脂を残すため、頭皮乾燥のケアにはピッタリです。

フケやかゆみが気になる方は、成分を見てシャンプー選びをしましょう!


2 頭皮への刺激を減らす!髪を正しく洗う方法


ルーチン的になんとなく髪を洗っていませんか?洗髪の方法は、人に教えてもらうわけではないため、実は間違った方法で髪を洗い、頭皮が乾燥している可能性も大です!

そこで、頭皮と髪への刺激を少なくする正しい髪の洗い方をご紹介します!

シャンプーの基本!正しい洗髪方法

①シャンプー前に軽くブラッシングをし、埃や汚れをうかせる
②38℃のお湯で、しっかりと頭皮と髪を洗い流す
③シャンプーを必要な分量だけ手にとり軽く泡立てて、指の腹を使い頭皮を包むイメージで優しく洗う
④洗う以上に時間をかけて、髪と頭皮をよくすすぐ

通常、お湯だけである程度の汚れを取り除くことが可能です。予備洗いを念入りにして、シャンプーを使っての洗髪時間を短くするのがポイントです。

乾燥によるフケやかゆみが酷い場合は、しばらくの間、シャンプーなしでお湯だけで洗ったり、シャンプー洗いとお湯洗いを交互で行ったりして、頭皮への刺激を極力減らしましょう!


3 手作りビネガーシャンプーで頭皮乾燥を改善する方法


殺菌や消毒作用のあるお酢・ビネガーですが、実は髪を洗うことができるのをご存知でしたか?

実はお酢の成分が入ったシャンプーは、水分量や皮脂量を正常にする効果があり、頭皮環境の改善にはうってつけなのです!

そこで自宅でビネガーシャンプーを作る方法と使い方をご紹介します!

手作りビネガーシャンプーの作り方と使い方

【ビネガーシャンプー作り方】
①洗面器に40℃のお湯を8割程度入れる
②小さじ2のお酢を加える
③やさしくかき混ぜたらでき上がり!
※ビネガーシャンプーに使うお酢は、砂糖や塩が含まれていない純粋なものを使うようにしましょう。

【ビネガーシャンプーの使い方】
①お湯で予め頭皮を洗い流す
②ビネガーシャンプーの中に頭を浸す
③5分間頭皮をやさしくマッサージする
④お湯で洗い流す
⑤リンスを頭皮につけないように注意しながらトリートメントする

「お酢=臭い」が気になる方も多いと思いますが、意外にも洗った髪が乾くと自然とお酢の臭いは消えますので心配不要です!

頭皮の乾燥を改善するために、毎日でなくても週に数回と決めて、ビネガーシャンプーを実践しましょう。



4 熱風から頭皮を守る!ドライヤーの正しい使い方


洗髪後、髪を乾かすのに必要なドライヤーですが、正しく使えていますか?

というのも、私たちが思っている以上にドライヤーは高温なため、誤った使い方をすると頭皮や髪を傷め、フケやかゆみの原因となるのです!

そこで、乾燥から守る正しいドライヤーの使い方をご紹介します。

正しく使って頭皮を守る!ドライヤーのあて方

①洗髪後、タオルで水分をしっかりと拭き取る
②温度調節が可能なら、熱くない温風で髪から20cm以上のところから、まんべんなくドライヤーをあてる
③冷風をまんべんなくあてて、ほんのわずかに髪が湿っているぐらいに仕上げる

髪を濡れたまま放ってくと雑菌の原因にもなりますし、また水分が蒸発することで、頭皮と髪がより乾燥しやすくなります。

洗髪後はすみやかにタオルドライして、短時間で効率的に頭皮と髪を乾かすようにしましょうね!


5 頭皮を保湿し乾燥を改善!自宅でできるヘッドスパ


ヘッドスパというと、美容院でお願いするものと思っていませんか?ですが!ポイントさえおさえれば、実は自宅でもセルフヘッドスパができるのです!

そこで今夜からできるセルフヘッドスパの実践方法をご紹介します!

自宅でできる!お手軽なセルフヘッドスパ

①埃や汚れを落とすために髪をブラッシングする
②大さじ1程度のオイルを手にとり、頭皮にのせる
③指の腹を使い頭皮全体になじませ、頭皮をやさしくまんべんなくマッサージする
④蒸しタオルを頭に巻いて5分程度おく
⑤お湯でオイルをしっかりと洗い流す
⑥シャンプーで洗髪する

オイルは、オリーブオイルや椿オイル、ホホバオイルの使用がお薦めです!

ヘッドスパは、乾燥した頭皮に潤いを与え、マッサージすることで血行を促進、頭皮環境の改善が期待できますので、週に1~2回を目安に実践すると良いですよ!

ぜひ試してみてくださいね!


6 頭皮への刺激を最小限に!生活習慣の見直し


頭皮が乾燥する原因の一つが、加齢による皮脂分泌の減少ですが、その他には、生活習慣に問題があることも多く、それらを見直しすることで、乾燥によるフケやかゆみを改善することが可能です。

頭皮をあらゆるストレスから守る!生活習慣のポイント

・頭皮に空調の風が当たらないようにする
・髪の毛の分け目を定期的に変える
・整髪剤などの使用を控える
・血行を悪くするストレスを溜めない
・睡眠不足にならないように気をつける
・紫外線が頭皮に当たらないようにする

頭皮も皮膚の一部!頭皮への内的、外的刺激を減らすことで、ターンオーバーが正常に行われ、頭皮の環境が整うようになります。

ぜひ日々の生活で見直せるものからやってみましょう!


7 身体の中から頭皮ケア!積極的に摂取したい栄養素


私たちの身体を作る食事、疎かにしていませんか?

バランスのよい食生活を心がけると、栄養がしっかりと隅々まで届けられ、頭皮乾燥を始めとする様々なトラブル解消につながります。

そこで、頭皮の状態を正常にするのに効果的な栄養素をご紹介します!

栄養で頭皮環境を改善!積極的に摂りたい栄養素

・ビタミンA
新陳代謝の促進を助ける、皮膚の乾燥を予防する
・ビタミンE
毛細血管を拡張し血行促進することで、栄養が隅々にまで届けられる
・ビタミンB6
頭皮や髪の健康を保つ
・オメガ3系脂肪酸
乾燥を防いで潤いを与える

1日3回の食事を大切にし、健康な頭皮を手に入れましょう!


さて、『30日でフケやかゆみを撃退するための頭皮乾燥ケア7ステップ』はいかがでしたか?

フケやかゆみがあると不潔な印象を与えてしまうため、何度もシャンプーしたりと過剰なケアをしがちですが、頭皮は皮膚の一部です。

日頃から丁寧にスキンケアをしているのと同じ感覚で、頭皮ケアを実践することで、正常にターンオーバーが行われ、乾燥によるフケやかゆみが改善されるようになりあす。

また、血行を良くするために頭皮マッサージ以外にも、軽い運動や入浴もぜひ習慣にするのが良いですよ!

ぜひ今回ご紹介した方法を使ってフケやかゆみのない清潔な頭皮を手に入れてくださいね!

まとめ

30日でフケやかゆみを撃退するための頭皮乾燥ケア7ステップ

1 髪の仕上がりよりも大切なこと!刺激の少ないシャンプー選び
2 頭皮への刺激を減らす!髪を正しく洗う方法
3 手作りビネガーシャンプーで頭皮乾燥を改善する方法
4 熱風から頭皮を守る!ドライヤーの正しい使い方
5 頭皮を保湿し乾燥を改善!自宅でできるヘッドスパ
6 頭皮への刺激を最小限に!生活習慣の見直し
7 身体の中から頭皮ケア!積極的に摂取したい栄養素


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext