みかんダイエット実践で太る人がやっているNG実践方法

みかんダイエット実践で太る人がやっているNG実践方法

冬の定番果物であるみかんには、ダイエットに役立つ栄養が豊富に含まれているので、美味しさを楽しみながら痩せたいですよね。

しかし、痩せるためにみかんを食べ始めたものの「痩せるどころか太った!」という方は、やり方を間違っている可能性が高いとご存知でしょうか?

みかんダイエットを成功させるためには、色々ある間違った方法をやっていないか確かめる必要があり、加えて正しい方法も知っておくことが重要になります。

そこで今回は、みかんダイエットで太ってしまう原因と、成功させるための正しい方法お伝えします!


みかんダイエット実践で太る人がやっている5つのNG実践方法


1 みかんに含まれているダイエットの有効成分


みかんダイエットを行って太ってしまったという方は「本当にみかんで痩せられるの?」と、疑問に思ってしまいますよね。

みかんにはダイエットに有効な成分が主に3つ含まれているので、これからダイエットを始める方や逆に太ってしまった方は、しっかり吸収できるような方法を実践することが大切になります。

ダイエットに有効な3つの成分

ペクチン

ペクチンは食物繊維の一種で、肥満の原因であるコレステロールの吸収を抑えてくれる働きをします。

コレステロール値が高いと太ってしまうので、ペクチンの力で体への吸収をしっかり防ぐことが重要です。

クエン酸

クエン酸は疲労回復や血流の改善などの効果があるので、健康を維持するためには大切な成分になります。

更に、クエン酸によって体調が整えられると、代謝が改善されて脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエット成功のためにも豊富に含まれているみかんを取り入れましょう。

ビタミンC

ビタミンCといえば美肌効果があるというイメージが一般的ですが、ダイエットの天敵であるセルライトの生成を抑える働きがあります。

セルライトは脂肪の燃焼に必要な代謝を悪くしてしまうので、ビタミンCを摂取して確実に痩せましょう。

みかんに含まれている上記の成分を毎日摂取できると、ダイエットを成功させられるので、まずはNG法を確認して正しいやり方を実践してくださいね!


2 置き換えダイエットに向いていない理由


ダイエットの方法の1つに置き換えがあり、主食の代わりに痩せる効果がある食べ物を食べるというやり方になりますが、みかんで行うと太る要因となるので注意しましょう。

みかんにはたくさんの栄養が含まれていますが、体に必要な成分全てが入っているわけではないので、置き換えダイエットとして活用すると栄養不足になります。

栄養不足になると体調を崩してしまう上に、仮に痩せられたとしても頬がこけていたり、顔色が悪かったりといった状態になる可能性が高いです。

更に、置き換えダイエットを行うときは、1個ではお腹が満たされないのでみかんを食べる量が多くなってしまいます。

みかんを食べ過ぎると、肌の色が黄色くなる柑皮症になる可能性が高まり、治すためには柑橘類を食べないようにする必要があるので、ダイエットの継続が困難になります。

そのため、ご飯の代わりとして置き換えずに、みかんダイエットの正しい方法を知って実践しましょう!


3 やってはいけないNG習慣


みかんの皮を剥いたときに出てくる、内皮と呼ばれる白いすじを捨てる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

みかんの白いすじは苦いので反射的に剥いてしまいますが、ダイエットに必要なペクチンは果肉ではなくすじの方に含まれています。

そのため、白いすじがない缶詰のみかんでダイエットを行っている方は、効果が現れないので皮付きのみかんを買うことが大切になります。

そして、すじごと食べるためにも剥いてしまう習慣がある方は、忘れずにそのままの状態で食べてダイエットを成功させましょう!



4 みかんダイエットを行うときの心構え


みかんダイエットを成功させるためには、痩せられる成分の摂取が大切ですが、何よりも毎日続けることが非常に重要になります。

特に、みかんダイエットの場合は他の方法よりも効果が現れるまでの期間が長く、途中で諦めてしまうことが多いです。

ダイエットの肝は、効果的な成分を毎日摂取して体質を改善することになるので、継続できるように工夫しましょう。

ダイエットを続けるための4つのコツ

・食べる時間を決めて習慣化させる
・痩せている自分を想像する
・すぐに達成できる目標を作る
・ゴールを設定しておく

何事も継続することは難しく、最初はやる気があっても次第に飽きてきてしまうので、飽きることを想定して始める必要があります。

習慣化させたり小さな達成感を味わったりすることは、ダイエットを続けるためには大切な要素になるので、すぐに諦めてしまう方はやり方に工夫してみてくださいね!


5 みかんダイエットの正しい実践のコツ


みかんダイエットを成功させるためには、正しい知識を身に付けて実践する必要があるので、始める前にしっかり確認しておきましょう。

みかんで痩せるために知っておきたい2つの正しい方法

みかんを食べる量

みかんにはダイエットに有効な成分が含まれているので、たくさん食べると効果があると考えてしまいますが、必要以上に食べると肥満の原因となります。

ダイエットを成功させるための適切な量は、1日3個がベストとされているので絶対に守りましょう。

みかんを食べるタイミング

みかんは食事の前に食べるのが効果的で、事前に食べておくとコレステロールの燃焼を助けてくれます。

更に、みかんは水分量が多く少量の食事でも満腹感を得られるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

みかんは1日3回の食事の前に食べておくことで効果を発揮できるので、痩せるためにも毎日やり方を守って実践してくださいね!


みかんダイエットを行って太ったときの原因や、正しい実践方法お伝えしましたが、いかがでしたか?

みかんにはダイエットに役立つ成分が豊富に含まれていますが、やり方を間違うと逆に太ってしまいます。

特に、主食の代わりにみかんを食べる置き換えダイエットをしていると、必要以上に食べてしまう可能性が高い上に、栄養不足に陥りやすくなります。

更に、白いすじを剥いてしまうのも問題で、ダイエットに有効な成分は果肉ではなくすじに含まれているので意識してしっかり食べましょう。

みかんダイエットは、3回の食事の前に1個食べておくことが重要になるので、食べ過ぎに気を付けて毎日しっかり継続してくださいね!

まとめ

みかんダイエット実践で太る人がやっているNG実践方法

1 ダイエットに役立つ成分はペクチンとクエン酸とビタミンCの3つ
2 置き換えダイエットは栄養不足になったり食べ過ぎたりするので向いていない
3 白いすじは剥かずにそのまま食べる
4 毎日続けるためにも習慣化させたり目標を決めたりすることが大事
5 みかんは1日3個を食前に食べるのが正しいダイエット方法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext