深呼吸が美容健康に効果的な4つの理由と正しい実践法

深呼吸が美容健康に効果的な4つの理由と正しい実践法

普段呼吸は意識しなくてもすることができますが、緊張した時や不安な時などは呼吸が浅くなり、上手く息が吸えない状態になることがありますよね。

呼吸が上手くいかないと、常に酸素不足の状態になってしまうため、イライラが募ったり体に十分な栄養が行き渡らない原因にもなるため、そんな時にこそ深呼吸をすることが必要なのです。

深呼吸は浅い呼吸をリセットすることで、体をリラックスさせ、様々な健康、美容効果をもたらしてくれます。

そこで今回は、深呼吸が体にもたらしてくれる効果と共に、深呼吸の正しいやり方についてお伝えします。                         


深呼吸が美容健康に効果的な4つの理由と正しい実践法


1 なぜ深呼吸が体にいいの?


意識しなくても呼吸はできますが、深呼吸は一旦体にある息を吐ききってからでないと、十分な酸素を吸い込むことができませんよね。

実はその一連の動作が、体に様々な効果をもたらすのです!

深呼吸が体に与える4つの影響

副交感神経が優位になる

日中活動している時には交感神経が活発に働いていますが、ストレスでも交感神経が優位になります。

通常は寝る時には切り替わって副交感神経が優位になりますが、自律神経が乱れ、交感神経が優位のままだと寝不足など体に影響が出てしまいます。

深呼吸で副交感神経を優位にすることで、体がリラックスします。

血管が広がることで血行が良くなる

副交感神経は、緊張した筋肉を緩めるため、体の血管やリンパ腺が広がることで、血行が良くなります。

血液が新鮮な酸素や栄養を運ぶ働きが活発になりますので、免疫力が上がり、むくみの改善や肩こり、冷え性といった症状を改善します。

内臓の働きを刺激する

呼吸をする際、肺を広げたり収縮する時に横隔膜が肺の入っている胸郭を支えています。

この横隔膜が深呼吸の際に大きく動くため、内臓が刺激され活動が活発になります。

普段の呼吸は肺の肋骨を動かす胸式呼吸をしていますが、深呼吸の時にはお腹を使う腹式呼吸になるので、内臓の働きが刺激され、便秘解消につながります。

基礎代謝を高める

基礎代謝とは、生命維持のため、動かなくても消費されるエネルギーのことですが、代謝が行われるためには十分な酸素が必要です。

深呼吸で多くの酸素を取り込むことで、代謝の働きをアップさせますので、深呼吸が習慣になれば基礎代謝が上がり、脂肪燃焼の効果につながります。

さらに深呼吸をすることで、体のバランスが取れるようになるだけでなく、体の筋肉を鍛えることにもつながるのです。


2 こんなことが!?浅い呼吸がもたらす悪循環


浅い呼吸とは、息を吐く力、そして吸う力が低下している状態ですよね

息を吸う、吐く時に必要となる呼吸筋を始め、呼吸をする際には様々な筋肉が働いています。

その筋肉は加齢と共に衰えていくため、呼吸が浅くなりがちですが、若い方であっても姿勢の悪さやストレス、疲労などで呼吸が浅くなっていることがあるのです!

呼吸が浅くなっていないか確認する2つの方法

息を吸う時のチェック

リラックスした状態で立ち、メジャーをアンダーバストに1周巻き、その時の数値を記録します。その後思い切り息を吸い、その時のアンダーバストの数値を記録し、差を計算します。5cm以上の差があれば問題ありません。

息を吐く時のチェック

息を吸った後、ゆっくりと息を吐き出して、全部吐ききるまでの時間を計測します。20秒以上吐き出すことができれば問題ありません。

もし息を吸った時の肺の動きが少ない、また長く息を吐くことができない、という結果になった場合は、日常から浅い息をしている可能性があります。

浅い呼吸がもたらす影響3つ

酸素不足により体が硬くなる

十分な呼吸が得られないため、筋肉が硬くなり、血行も悪くなってしまいます。その結果肩こりや腰痛がひどくなる、またむくみやすくなります。

常にイライラしてしまい不安定になる

脳に酸素が十分に行き渡らないため、自律神経が乱れ、そのことがさらにストレスとなってしまいます。また睡眠不足にもなり、免疫力が低下します。

胃腸の働きが低下する

酸素が不足することで、血液の循環が悪くなることから胃腸の働きが低下し、食欲が落ちるだけでなく、消化が十分にされないため胃もたれなどの症状が起こります。

呼吸が浅くなる原因としては、疲労やストレスがたまっていることに加え、姿勢が悪く、呼吸が口での呼吸や胸式呼吸になってしまうことも考えられますので、注意しましょう。

特に猫背は肺を圧迫してしまい、呼吸が浅くなる大きな原因です。


3 深呼吸がストレスに?間違った深呼吸の方法


深呼吸は体をリラックスさせ、ストレスを解消させるために、すぐに行うことができる方法ですが、深呼吸をしなければ、と思うあまりに間違った深呼吸をしてしまうことがあります。

そうすると逆に体がこわばり、筋肉が緊張してしまいますので逆効果なのです!

間違った深呼吸をしている時に出る4つの症状

・体に痛みがある
・息が苦しい
・歯に痛みがある
・呼吸が浅くなっている

間違った深呼吸は、考えながら呼吸をしている状態なので、リラックスどころか逆に体に余計な力が入っていたり、歯を噛みしめてしまっていたりと、余計な力が入っている状態です。

そうなるとせっかくの深呼吸も、効果が十分に得られなくなってしまいますので、正しい方法で行うようにしましょう。



4 気楽に簡単!深呼吸の基本を覚えよう


いつでもどこでも、すぐにできるのが深呼吸のメリットですよね

立っている時でも、座っている時でも自分が楽な姿勢でやってみましょう。

深呼吸の基本のやり方

①お腹が風船だと思いながら、鼻から息を吸い、膨らませてみましょう。
②お腹を目一杯膨らませたら、息を数秒止めます。
③口をすぼめて、息をなるべく細く、長く吐き出します。
④お腹が風船から空気が抜けるように、なくなることを意識しながら吐き切ります。

必ず息は鼻から吸い、口から吐くこと、しっかり吐ききることがポイントですよ!


5 深呼吸はいつ何回やれば効果がある? 


  

深呼吸が体に様々な効果を与えるとはいっても、できれば効果のあるタイミングで行いたいもの!さらに毎日の習慣にすることで、体のリズムを修正することができ、疲れを持ち越さないようになります。

深呼吸が効果的な4つのタイミング

朝起きた時

深呼吸することで、体を目覚めさせます。

夜寝る時

深呼吸することで、スムーズに副交感神経に切り替わり、眠りに入りやすくなります。

スポーツをしている時

疲労がたまってきた時に、深呼吸をすることで、酸素をしっかり取り込み、疲労回復の働きを促進します。

仕事をしている時

肩がこってきたり、目に疲れを感じた時に深呼吸をすると、回復に体が働くようになります。

また脳に酸素がしっかり送り込まれるので、思考を切り替えることができます。

仕事や家事などが一区切りついた段階で、深呼吸をする習慣をつけると、能率も上がりますので、タイミングを見極め、意識して深呼吸をするようにしましょう!


深呼吸をすることで、体にもたらされる美容や健康の効果について、メリットや方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

深呼吸をすると、しっかりと酸素を取り入れることができるため、疲労やストレスでこわばりがちな筋肉が緩み、血行改善に役立ちます。

さらにリラックス効果をもたらしてくれますので、質のいい睡眠を取ることができ、ストレスや疲労がたまらなくなります。

体のリズムを整えるためにも、深呼吸を毎日の習慣にし、積極的に行うようにしましょう。

まとめ

深呼吸が美容健康に効果的な4つの理由と正しい実践法

1 深呼吸は体に酸素を取り込んで血行を改善する
2 浅い呼吸は酸素不足から体の機能を低下させる
3 ストレスになる間違った深呼吸をしていると体に痛みが出る
4 立っていても座っていてもすぐできる深呼吸の基本のやり方
5 深呼吸は疲れを感じた時や寝る前や起きた時のタイミングですると効果がある 


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext