喉の病気5つの種類と異物感や違和感があるときの対処法

喉の病気9つの種類と異物感や違和感があるときの対処法

あなたは、食事に関係なく喉がつかえる感じがしたり、ぐっと圧迫感があったりと、喉に違和感があることはありませんか?

または、風邪を引いている訳でもないのに喉がイガイガしたり、異物感があっていつまでも治らないことは、ありませんか?

この違和感や異物感の原因は、なんでしょうか。

そこで今回は、喉に違和感や異物感があるときの原因とセルフケアでの対処法をご紹介します。


喉の病気5つの種類と異物感や違和感があるときの対処法


1 喉がイガイガ!違和感と痛みの原因の病気


喉がイガイガして気になる時は、まず細菌やウイルスによる、呼吸器の感染症を疑いましょう。

過度の疲れやストレスが原因で、体の中の抵抗力が下がってしまうことで、細菌やウイルスに感染し、炎症を起こすのです。

イガイガが気になる喉の病気を、ご紹介致します。

イガイガがつらい!喉の病気3つ

咽頭炎

喉の違和感として、よく挙げられるイガイガ感ですが、イガイガする感じは、たいていの場合は、喉の咽頭(鼻の奥から食道の入り口まで)というところに風邪の菌や、インフルエンザウイルスがついて起こります。

扁桃腺炎

口を開けて舌の付け根の辺りを見た時に、喉の両側にこぶのようになっている、扁桃腺という器官に風邪の菌がついてしまうと、急性扁桃腺炎になりますので、喉の腫れがひどくなり、高熱や頭痛、激しい寒気や関節痛などを伴います。

逆流性食道炎

食後にムカムカした感じや、喉に苦い水がこみ上げるような感じがすることで、近年、問題になっている病気です。
胃や食道の病気だと思われがちですが、胃酸が食道に逆流し、さらに喉の方まで上がってくることによって、喉の粘膜に炎症を起こし、違和感やイガイガを引き起こします。

逆流性食道炎は、あぶらっこい食べ物や甘い食べ物を控え、早食いをやめて腹八分目を心がけること、食べてすぐに横にならないことで、症状を抑えることが出来ます。


2 声が枯れるのが特徴?命にかかわる可能性がある喉の病気


細菌やウイルスによる炎症以外に、喉の痛みや、喉に何かが詰まるような異物感など、喉の病気のサインがあります。

そこで、命にかかわる喉の病気をご紹介します。

命にかかわる可能性がある?喉の病気2種類

咽頭がん

外から見た、いわゆる喉仏の辺りに、咽頭がんは発症します。
他の臓器に比べると、発生する頻度の低いがん(全体のおよそ2%)ではありますが、男性と女性の比率は10:1で圧倒的に男性が多く、喫煙や飲酒でリスクが上がるがんです。
初期症状としては、食事を飲みこむ時の喉の違和感や、喉にしみる感じ、声が枯れる、呼吸がしにくいなどがあります。

甲状腺の病気

甲状腺ホルモンのバランスが崩れると発症する病気が4つあります。

バセドウ病

甲状腺ホルモンが多い状態で、眼球が出てくる、食欲が旺盛である、汗が異常に多いなどが、バセドウ病の特徴です。

橋本病

甲状腺ホルモンが少なく、汗が少ない、顔や全身がむくむ、体重が増えるなどが、橋本病の特徴です。

良性のおでき

甲状腺のおできは、ほとんど(85~90%ほど)は良性で、たいていの場合は手術の必要はありません。

悪性のおでき

悪性のおできには、進行が速いなどの性質上がんも含まれますが、甲状腺に出来るおできの中では、悪性は10~15%ほどです。

また、甲状腺のおできは、がんであっても他の臓器に比べて進行が緩やかで、治療によって治りやすいタイプのがんが多いです。

甲状腺に異常が出ると、疲れやすい、髪の毛が抜けるなどの症状も現れます。

当てはまる項目が多いようでしたら、一度血液検査を受けましょう!


3 気になって仕方がない?心理的要因が大きい喉の違和感


喉の病気には、命にかかわる可能性がある病気もありますが、感染症でも、逆流性食道炎でもないのに、喉に違和感がある人もいます。

食事の時や、風邪を引いた時など、何かが引っかかっているような感じがし始めて、それが気になって仕方がなくなると、「これは悪い病気なのかも知れない」と思い始め、不安が喉の違和感に、余計に敏感にさせることがあります。

「自分は悪い病気かも知れない」という不安が、いつしかストレスになり、それが症状をひどくさせることがあります。

この喉の病気は、咽喉頭異常感症と言います。

発症する患者は、男性と女性の割合が1:2と、もともと女性の罹患率が高い甲状腺の病気や、更年期障害との関係で、女性の方が多いです。

例えば、身内にがんになった人、がんで亡くなった人がいるような、がんに恐怖感を持っていて、多少でも神経質になっている人が、咽喉頭異常感症だと診断されます。

咽喉頭異常感症は、喉の病気としては診断されませんし、そのままにしても何もありませんが、気になって仕方がない場合は、一度耳鼻咽喉科に検査してもらいに行きましょう!


4 飲みこむ力が弱くなった?嚥下(えんげ)障害


食べ物や、飲み物を飲みこむ時に、咽頭や喉頭にあって嚥下や発声、呼吸などに関係する反回神経という神経が、麻痺することでむせてしまうことがあります。

また、食堂の機能が低下して、食べ物や飲み物がつかえてしまったり、痛みや腫れが伴われていて、飲みこむこと自体が出来ないなど、嚥下障害は原因もさまざまです。

流動物が固形物よりも飲みこみにくいようなら、糖尿病などが原因の、食道の機能低下の可能性が高いですが、固形物の方が飲みこみにくい場合は、逆流性食道炎や食堂潰瘍などが考えられます。

どちらにしても、何らかの病気が原因にありますので、飲みこむ力が弱くなったと思ったら、耳鼻咽喉科で検査してもらいましょう。


5 食事とは関係ない?自律神経に原因がある喉の病気


食事をしていない時も、喉に違和感があって気になってしまい、その結果、実際の喉のコロコロとした異物感により、不快感でゆううつな気持ちになったり、不安になったりすることを、喉頭異物症と言います。

喉頭異物症は、自律神経の不調や障害によるものですが、抗不安薬(セルシンなど)と自律神経を調整する薬(ドグマチールなど)を組み合わせて、改善できます。

自律神経が原因の場合、ゆううつ、ストレス、不安、焦燥感など、複合的な要素が大きくなりますが、調子が戻っていくにつれて、それらの要素も薄くなっていきます。

喉頭異物症は、喉の奥に小さくてコロコロとした感じがぬぐえないことが、精神的苦痛として表面化する、喉の病気です。

咽喉頭異常感症と似ていますが、自律神経の不調であることと、抗不安薬などを使うことで症状が和らぎ、改善できる点が違います。


さて、『喉の病気5つの種類と異物感や違和感があるときの対処法』はいかがでしたか?

喉の病気が疑われる中にも、細菌やウイルスによる感染症や、命にかかわる可能性がある咽頭がんや甲状腺の病気など、普段の生活の中で注意しなければならない病気が、たくさん隠れています。

その他にも、飲みこむ力が弱くなった嚥下障害、精神的なものが原因の病気、筋肉の緊張からくる肩こりなど、喉の病気はさまざまな角度から原因を探ることが出来るのが、分かります。

ぜひ喉の違和感や異物感があるときには、落ち着いて原因を探り、適切な対処法を試しましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

喉の病気5つの種類と異物感や違和感があるときの対処法

1 喉がイガイガ!違和感と痛みの原因の病気3つ
2 声が枯れるのが特徴?命にかかわる可能性がある2種類の病気
3 気になって仕方がない?心理的要因が大きい喉の違和感
4 飲みこむ力が弱くなった?嚥下(えんげ)障害
5 食事とは関係ない?自律神経に原因がある喉の病気


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext