コーヒーダイエットの驚きの効果と飽きずに続ける実践方法

コーヒーダイエットの驚きの効果と飽きずに続ける実践6つの方法

痩せるためには食事制限や運動を続けなければならないので、毎日行っていると疲れてしまいますよね。

ダイエットを成功させるためには、食事や運動に加えてダイエットのサポートをしてくれるものを取り入れる必要があるとご存知でしょうか?

ダイエットのサポートをしてくれるものは色々ありますが、実は朝に飲むことが多いコーヒーでも痩せられるので、体重を減らしたいと思ったら取り入れることが大切です。

そこで今回は、コーヒーを飲むことで得られるダイエット効果と、飽きずに続けるための方法をお伝えします!


コーヒーダイエットの驚きの効果と飽きずに続ける実践方法


1 脂肪を燃焼する効果


コーヒーと聞くと思い浮かべるのは、カフェインによる覚醒作用ですが、実はダイエット効果も期待できるので痩せたい方に最適な飲み物になります。

カフェインによる2つのダイエット効果

脂肪燃焼

ダイエットを成功させるためには、体の脂肪を燃焼する必要があり、効率的に燃やすためには運動が欠かせません。

しかし、運動だけではすぐに燃やせないので、カフェインの働きを利用して燃焼しやすくすることが大切です。

カフェインを運動の前に摂取しておくと、エネルギーとして脂肪を多く使うようになるので溜めずに済みます。

血行促進

カフェインには血行を促進する効果もあり、全身に血が行き渡るようになると代謝が良くなって痩せやすい体になります。

代謝が上がるほど脂肪が燃焼しやすくなるので、カフェインによる血行促進は非常に重要な要素です。

コーヒーの主成分であるカフェインは、痩せるためのサポートをしてくれるので、早めに効果を実感したい方は取り入れることをおすすめします!


2 老廃物を排出する効果


カフェインは脂肪を燃焼したり血行を促進したりする効果がありますが、利尿作用もあるので体の中の老廃物を排出することができます。

老廃物が排出されると現れる2つの効果

便秘解消

ダイエットを成功させるためには、腸の中に溜まっている便を排出する必要があるので、カフェインの効果で促すことが大切です。

毎日快便の状態が続くと、腸内環境が改善されて代謝アップに繋がるので、痩せるためにもコーヒーを取り入れましょう。

むくみ解消

むくみは老廃物が溜まっていると発生するので、カフェインの利尿作用で排出することが重要になります。

むくんだ状態が続くと、むくんでいる部分の老廃物と脂肪が合わさってセルライトになるので、綺麗な体にするためにも老廃物はしっかり排出しましょう。

老廃物が排出されると痩せやすい体になるので、便秘やむくみに悩んでいる方はコーヒーを飲んで解消してくださいね!


3 脂肪を分解する成分とは?


コーヒーにはカフェイン以外にも、クロロゲン酸というダイエットに役立つ成分があるので、確実に痩せるためにも飲むことが大切です。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、食事によって摂取した脂肪を分解してくれる効果があります。

また、ダイエットの天敵である糖分の吸収を抑える働きもするので、つい甘い物を食べてしまう方はコーヒーを取り入れることが大切です。

もちろん、甘い物の食べ過ぎは太る原因となるので、コーヒーを飲みつつ糖分の摂取を少しずつ控えるように努めてくださいね。



4 正しいコーヒーダイエットのやり方


コーヒーでダイエットを成功させるためには、正しいやり方を毎日行う必要があるので、少しでも早く痩せるためにもしっかり守りましょう。

コーヒーダイエットのやり方

飲む時間

コーヒーダイエットは飲む時間が大切で、ベストなタイミングは食後と運動前になります。

コーヒーは食事で摂取した脂肪の蓄積を抑える効果に加えて、脂肪を燃焼する働きもするので、太らせないためにも時間帯を意識しましょう。

ブラックコーヒー

コーヒーにはホットやアイス、ミルクを入れるなど様々な飲み方がありますが、最も効果が高いのはホットのブラックコーヒーになります。

ホットにすると、カフェインやクロロゲン酸の吸収効率が上がり、更に体温が上昇して代謝がアップします。

そして、砂糖やミルクなどはカロリーの摂取量を増やしてしまうので、ブラックが苦手でもなるべく入れないことが重要です。

コーヒーを飲んで痩せるためには、やり方を守る必要があるので、なかなか痩せないと悩んでいる方は時間帯やコーヒーの温度などに注目して改善しましょう!


5 コーヒーダイエットの注意点


コーヒーはダイエットのサポートをしてくれるので、ぜひ取り入れて欲しい飲み物になりますが、注意点もあるのでよく確認しておくことが重要です。

コーヒーダイエットの2つの注意点

水分補給

カフェインには強い利尿作用があり、体に溜まった老廃物を流す働きをしてくれますが、摂り過ぎると体内の水分が少なくなってしまいます。

水分が不足すると脂肪の燃焼が抑えられてしまうので、コーヒーに加えて水も飲むようにしましょう。

カフェインを摂り過ぎない

コーヒーをたくさん飲んでカフェインを過剰摂取すると、睡眠障害や嘔吐などの症状が現れるので、ダイエットに効果があるからといって飲み過ぎないことが大切です。

コーヒーは1日3杯ぐらいが適切になるので、体を守るためにもたくさん飲まないようにしましょう。

コーヒーでダイエットをするときは、上記の注意点を守ると健康的に痩せられるので、体に異常が現れる前にしっかり確認してくださいね!


6 飽きずに続けるためのコツ


コーヒーダイエットは毎日続けていると飽きてくるので、継続するためにも工夫をすることが重要になります。

コーヒーはブラックで飲むのが一番ですが、どうしても飽きてきて続けられそうにないときは、豆乳を入れて味を変えてみましょう。

豆乳にはビタミン類が豊富に含まれているので、ダイエットに不足しがちな栄養を補って、更に美容効果も期待できます。

また、大豆イソフラボンの力によって、ダイエットが原因のホルモンバランスの乱れを整えてくれるので非常におすすめです。

ただし、ダイエットを続けるために味に工夫をすることは大切ですが、美味しいからといって毎日たくさん食べ続けていると、逆に太る原因となるので「気分を変えたいな」と思ったときに行ってくださいね!


コーヒーを飲むことで得られるダイエット効果と正しいやり方、飽きないための方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

コーヒーの主成分であるカフェインは、ダイエットをサポートする働きを持っているので、食後か運動前に摂取することが大切です。

特に、カフェインは脂肪燃焼や血行促進、老廃物の排出などダイエットには欠かせない効果を得られるので、成功させるためにも早めに取り入れましょう。

また、クロロゲン酸という脂肪を分解して、更に糖分の吸収も抑えてくれる成分も含まれているので、過剰摂取に気を付けてコーヒーを飲んでみてください。

そして、飽きてきたときは豆乳を入れて気分を変えることが重要になるので、コーヒーダイエットを継続させるためにも試してみましょう!

まとめ

コーヒーダイエットの驚きの効果と飽きずに続ける実践方法

1 カフェインには脂肪燃焼や血行促進の効果がある
2 カフェインの利尿作用は便秘やむくみを解消する
3 コーヒーに含まれるクロロゲン酸は脂肪を分解したり糖分の吸収を抑えたりする
4 痩せるためには、ホットのブラックコーヒーを食後か運動前に飲む
5 ダイエット中は水分補給を行い、コーヒーの過剰摂取を避ける
6 飽きてきたときは、豆乳を入れて気分を変えると継続しやすい


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext