汗をかかない方法はこれ!すぐ実践できる汗を抑える対策法

汗をかかない方法はこれ!すぐ実践できる汗を抑える対策法

暑い時季やスポーツをした後などは体が熱くなって汗をかいてしまいますが、放っているとベタベタになってかなりの不快感が襲ってきますよね。

さらに、たくさんの汗をかくと臭いの元となるので、汗をかかない方法を実践して少しでも抑えることが大切になります。

汗は代謝が良いという証ではありますが、臭ったり汗かきだと思われたりするので、悪い印象を与えないためにもしっかり対策を行いましょう。

そこで今回は、汗をかく原因とすぐに実践できる汗をかかない方法をお伝えします!


汗をかかない方法はこれ!すぐ実践できる汗を抑える対策法


1 汗をかく条件とは?


汗は体温を調節するために必要な機能ですが、大量に発汗してしまうと嫌な臭いが出たり、体がベタベタしたりするので、まずは汗が出る条件を知っておくことが対処の第一歩になります。

汗をかく3つのの条件

体温の上昇

温度が高い場所にいたりスポーツをしたりすると全身から汗が出てきますが、体温が上昇した場合は汗をかかないと熱がこもってしまいます。
基本的に体温の上昇によってかく汗は気持ち良く、加えて体の熱を下げようとする作用があるので、異常なほど大量に発汗しない限り問題はありません。

精神的な発汗

興奮や緊張状態など精神的なものによる汗は、手の平や足の裏に集中して現れるという特徴があり、抑えるためには心を落ち着かせてリラックスすることが重要になります。

辛い食べ物を食べた

汗は辛い食べ物を食べたときでも現れ、顔に大量の汗をかくことが多いのが特徴になります。

汗をかく条件は上記の3つであることが多く、抑えるためには普段から汗をかかない方法を実践する必要があるので、大量の汗に悩んでいる方はすぐに行ってくださいね!


2 汗を抑える食べ物


汗を抑えるためには体を冷やすのが手っ取り早い方法ですが、普段の食生活を工夫すると体温上昇を抑えることができるようになります。

そのためは食物繊維が含まれている食べ物、そして夏野菜を積極的に食べるようにしましょう。

食物繊維は腸の働きを正常にする作用があり、腸内環境が改善されると代謝が良くなって汗を抑える上に、臭いも防ぐことができますし、夏野菜はほてった体を冷ます作用があります。

ただ、汗を抑えたいばかりに食べ過ぎてしまうと、胃腸の調子が悪くなり、お腹を下すこともありますので注意しましょう。


3 心をリラックスさせる方法


汗は心が緊張するとかきやすくなるので、リラックスさせるための方法を実践することが大切になります。

心をリラックスさせる5つの方法

・深呼吸
・お茶を飲む
・普段と違うことをする
・考え過ぎないようにする
・体を動かす

興奮や緊張で汗をかくことが多い方は、自律神経のバランスが崩れている可能性が高いので、汗をかかない方法を実践する以外にも、普段の生活を見直す必要があります。

不規則な生活をしていたら汗を抑えることが難しくなるので、リラックスすると同時に規則正しい生活を心がけるように意識してくださいね!



4 汗をかかない服装とは?


汗をかかない方法は色々ありますが、普段の服装にも気を付ける必要があり、場所や季節などに合わせて変えると汗を抑えることができます。

汗を抑えるための3つの服装

夏は風通しの良い服

夏に着る服装は風通しが良くて薄めの服を着ることが大切で、服の内側に熱を溜め込まないように気を付けましょう。

冬は着脱しやすい服装

冬は外と部屋の中の温度に差が出やすい季節で、部屋の中は暖房によって汗をかきやすい環境になっている可能性があります。
そのため、どんな温度でも対応できるように、着脱しやすい服装にすることが大切になります。

春と秋は気温に合わせる

春と秋は暖かくなったり涼しくなったりと忙しい季節になるので、毎日しっかり気温を確認してその日の温度に合わせた服装にしましょう。

汗は温度が高い場所にいるとかきやすくなるので、汗を抑えるためにもどんな気温でも対応できる服装にしてみてくださいね!


5 汗を抑えるために取り入れたい習慣


汗をかかない方法を実践すると同時にやっておきたいのが生活習慣の改善で、今までの状態を見直すと大量の汗を抑えることができます。

汗を抑えるために取り入れたい4つの習慣

運動をする

運動不足になっていると汗を出す機能が衰えて、大量の汗や部分的な汗の原因となるので、必要以上に発汗しないためにもウォーキングや軽いジョギングを取り入れましょう。

入浴方法を変える

熱過ぎるお湯に浸かっていたり、シャワーを浴びるだけだったりする方は、十分なリラックスができない上に汗を分泌する汗腺を鍛えることができません。
リラックスできると自律神経が整って汗を抑えることができ、汗腺が鍛えられると汗をかきにくい体質へと変化していきます。
そのため、大量に汗をかくという方は、40度ぐらいのお湯にゆっくり浸かって心を落ち着かせ、汗腺もしっかり鍛えましょう。

放熱を促すために冷たいものを用意する

汗をかいているときは体温が上昇している状態のため、放熱を促すためにも冷却シートや冷たいペットボトルを用意する必要があります。
そして、冷たいものを首の後ろや脇、膝裏などに当てて冷やすと汗がスッと引いていくので、大量の汗に悩んでいる方は冷たいものを常備しておきましょう。

辛い食べ物や肉の多い食事を控える

辛い食べ物は汗を大量にかく原因となるので、普段から食べている方は少しずつ量を控えていくことが重要になります。

汗は普段の生活習慣を変えることで抑えられる場合があるので、汗っかきだと思っている方は今までの習慣を見直してみてくださいね!


気になる汗を抑える方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

汗をかかない方法を実践しても全く改善が見られないときは、更年期障害、自律神経失調症、糖尿病のような病気の可能性もあります。

大量の汗と同時に頭痛や極度の疲労感、ほてりなど様々な症状が現れる場合には、一度病院で診てもらうようにしましょう。

まとめ

汗をかかない方法はこれ!すぐ実践できる汗を抑える対策法

1 汗は体温上昇、辛い食べ物を食べたとき、精神的な発汗の3つ
2 興奮や緊張で汗をかく場合は自律神経のバランスの崩れている可能性あり
3 大量の汗をかく場合は更年期障害や糖尿病の可能性あり
4 汗を抑えるために運動を行うのが良い
5 汗を抑えるために40度ぐらいのお湯にゆっくり浸かるのが良い
6 放熱を促すために冷たいものを用意する


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext