骨盤矯正クッションの効果で体の歪みを改善する方法

beautiful faces
tommerton2010

骨盤の歪みを直すと冷え性が改善される、痩せやすい体質になる、、、こんな風に骨盤矯正のメリットを紹介している雑誌の記事を、よく目にしますよね。

体に合った骨盤矯正クッションに座る習慣をつけ、骨盤の歪みを引き起こす生活習慣を改めて骨盤の歪みを改善することによって、全身のバランスが整い、血行が促進され、体調トラブルを予防・改善することができるのです。

そこで今回は、骨盤矯正クッションの活用で、気になるぽっこりお腹や腰痛などを引き起こす体の歪みを改善していく方法をお伝えします。


骨盤矯正クッションの効果で体の歪みを改善する方法


1 気づいてる?骨盤の歪みやズレの主な原因


骨盤は4つのパーツから構成され、大腿骨と背骨の間にあり、上半身と下半身をつなぐ役目をしている骨です。

まず、骨盤を構成する4つの骨とその役割について簡単にまとめておきます。

骨盤を構成する4つの骨

仙骨

骨盤の上部中央にある骨で、腰椎と尾骨につながっています。
仙骨のずれは腰椎の上部、脊椎や頸椎などのずれの原因となります。
また、仙骨の前側にある子宮や卵巣にも影響を及ぼします。

腸骨

腰骨と呼ばれる骨で、仙骨の左右についています。
子宮や卵巣、大腸や膀胱といった骨盤内にある臓器を、保護する働きをしています。

恥骨

骨盤の前面、腸骨の下側にある骨です。
妊娠や出産などずれることがあり、痛みがでることがあります。

坐骨

骨盤の最下部に位置し、座った時に座面に接する骨です。
座り姿勢を安定させる役割をしています。

体の中心に位置する骨盤は、内臓を保護し、起立時と歩行時はもちろん、座っている時にも上半身と下半身を支え、全身のバランスを保つ働きをしています。

特に女性の場合は、子宮や卵巣などが骨盤内にあるため、骨盤の歪みが体のリズムに影響を与えることもありますから、骨盤の歪みには注意が必要です。

骨盤の歪みは、悪い姿勢や動作の癖によって生じます。

そこで、日常生活でついついやってしまいがちな、骨盤の歪みの原因についてお伝えします。

きっと当てはまることがあるはず!骨盤歪みの原因

・しょっちゅう足を組んでいる
・椅子に座る時、両足を前に突き出す
・猫背、姿勢が悪い
・横座りなど、脚を崩して座る
・片膝を立てて座る
・片足にのみ体重がかかる姿勢でいることが多い
・片方の肩にだけバッグをかける
・テニスなどの左右対称でない運動をする
・椅子に座る時、足裏が床についていない
・妊娠や出産など、骨盤に負担がかかる出来事を経験した
・体に合わない(硬すぎる・柔らかすぎる)ベッドマットを使っている

左右非対称の姿勢でいると、骨盤だけではなく、脊椎や腰椎、大腿骨など骨盤につながる骨にも負担がかかり、骨盤や全身が歪んでしまいます。

毎日のちょっとした積み重ねが、骨盤の歪みをさらに悪化させてしまいますから、できることから悪い癖や習慣を改めていきましょう。


2 骨盤矯正は必要!歪みが引き起こす様々な不調


骨盤に歪みがあると、様々な不快症状が見られるようになりますが、具体的には次の通りです。

全身に影響する!骨盤の歪みで生じる不調

血流の悪化

骨盤内を通る血管が、歪みによって圧迫されるため、血流が悪くなります。
すると体が冷えやすくなり、老廃物がたまり、肥満、むくみなどの原因になります。

筋肉の硬化

骨盤が正しい位置にないと、周囲の筋肉が無理に引っ張られて緊張した状態になり、腰痛や肩こりなどの原因になります。

神経圧迫

骨盤内には実は神経が通っており、骨盤が歪むと圧迫されます。
すると、イライラする、落ち着かないなど精神面の症状が現れることがあります。

このように、骨盤が歪むと全身に症状が出るため、骨盤の歪みはできるだけ早く改善することが大切です。

座るだけで効果があるという点でオススメな骨盤矯正クッションを活用し、体の歪みを改善していきましょう!


3 良いことづくめ!骨盤矯正クッションの効果


骨盤の歪みを矯正するのに、最も手軽な方法の一つが骨盤矯正クッションです!

何をやっても三日坊主で終わる方でも、時間や場所に関係なく、ながらでできますので、とても便利ですよ!

では、その骨盤矯正クッションにはどんな効果があるのでしょうか?

ただ座るだけ!骨盤矯正クッションの効果

姿勢が自然とよくなる

クッションに正しく座ることで背筋が伸び、スタイルが良く見えます。

骨盤の位置が正しくなる

内臓機能や血流の改善、便秘の解消効果もありますから、痩せやすくなります。

脚を組めなくなる

脚を組む癖は、体の歪みを引き起こす大きな原因です。
骨盤矯正クッションに座ると、脚を組むことができませんから、脚を組む癖を治すことができます。

骨盤矯正クッションの正しい使用法を守って、座るだけで様々な健康美容効果が期待できるのであれば、試してみたくなりますよね!



4 どれがいい?骨盤矯正クッションの選び方


骨盤矯正クッションと一口に言っても、様々な種類がありますから、どれにするか悩んでしまう方も少なくありません。

骨盤矯正クッションを選ぶポイント

・座面が固いもの
・使用する環境で形を選ぶ
・実際に座ってみて選ぶ

骨盤矯正クッションには、大きく分けて、座布団タイプと背座一体型の2種類あります。

座布団タイプのクッションは、座る場所に置くだけなので、椅子でも床でも使うことができ、価格もリーズナブルなものが多いです。

一方、背座一体型のクッションは、骨盤から腰、背中にかけて広範囲を支えてくれるため、正しい姿勢を維持する効果がより高いのが特徴です。

また骨盤矯正クッションは、インターネット通販でも購入できますが、ご自身に合ったクッションを選ぶために、できればお店に足を運び、座り心地を確認することをおすすめします。


5 クッションだけではダメ?併せて実践したい骨盤ストレッチ


一人一人、骨盤の歪み方が違うように、骨盤矯正クッションの効果の現れ方にも、個人差があります。

元々骨盤の歪みが小さい方は、時間がかかると言え、クッションだけで歪みを矯正できる可能性が高いですが、歪みがひどい方の場合は、どんなに高価なクッションを使っても、クッションだけで効果を得るのは難しいのが事実です。

そこで、セルフで骨盤矯正をするために、クッションの使用と並行して実践していただきたい、骨盤矯正エクササイズの方法をお伝えします。

骨盤矯正エクササイズのやり方

①足を肩幅に開いて立ち、腰に手を置きます。
※膝に力を入れず、自然に立ます。

②腰に力を入れ、骨盤が前傾しないように注意しながら、腰を左右に動かします。(左右各10回)
※腰を手で押すように動かします。

③骨盤を動かすことを意識して、腰を前後に動かします。(前後各10回)

④骨盤で円を描くように、ゆっくり大きく腰を回します。(左右各10回)

膝や脚の力を抜き、どの動作を行う際にも胸から上があまり動かないようにして、骨盤だけを動かすのがポイントです。

このエクササイズはいつでもできますが、体が温まり柔らかくなっている入浴後は骨盤を動かしやすく、このようなエクササイズが苦手な方にもおすすめの時間帯です。

しかし、骨盤矯正クッションとエクササイズを毎日行っていても、ふだんの姿勢が悪いと意味がありません。

例えば、仕事や趣味などで、パソコンの前で長時間過ごす方も多いですが、何かに集中していると、ついつい背中が丸まりがちになってしまいます。

悪い姿勢になっていることに気づいたら、意識的に顎を引いて背筋を伸ばし、姿勢を正すようにしてくださいね。


骨盤矯正クッションは、骨盤の歪みの原因となる骨盤への負担を軽減し、美しい座り姿勢をサポートしてくれる便利なアイテムです。

しかし、骨盤矯正クッションだけに頼るのではなく、確実な骨盤矯正効果を得るためには、生活習慣の改善やストレッチも不可欠です。

毎日の地道な努力が実り骨盤の歪みが改善されてくると、体の内部が正常に機能するようになり、身体の嬉しい変化を感じることができるでしょう!

まとめ

骨盤矯正クッションの効果で体の歪みを改善する方法

1 座り癖や左右のバランスの悪さが骨盤の歪みの原因
2 骨盤の歪みは血流悪化、筋肉硬化、神経圧迫を引き起こす
3 正しい座り姿勢を作る骨盤矯正クッション
4 骨盤矯正クッションは使用環境と座り心地で選ぶ
5 骨盤エクササイズで骨盤矯正効果がアップする


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext