エシャレットに秘められたすごい効果効能とおいしい食べ方

R1015861
konitomo1027

エシャレットとは、らっきょうを軟白栽培したもので、らっきょうよりクセが少ないことから注目を集めています。

またさまざまな栄養を含んでおり、健康や美容の効果もあるだけでなく、食中毒対策としても効果があります。

そこで今回は、エシャレットの栄養と効能、食べ過ぎで起こる症状をお伝えします。


エシャレットに秘められたすごい効果効能とおいしい食べ方


1 エシャレットとエシャロットとの違い


エシャレットの起源は、静岡で栽培されていたこの根らっきょうを、東京で販売するにあたり「エシャロット」という名前をつけて売り出したのが始まりです。

しかし、フランス料理など西洋料理で多く使われる香味野菜のエシャロットが、輸入されるようになったことから、混同を防ぐために「エシャレット」と呼ぶことになりました。

それでも「エシャロット」と呼ばれたり、表記されるといったことも少なくないため、元々のエシャロットは「ベルギー・エシャロット」と表示し、混同を防ぐ取り組みがされています。

どちらも同じネギ属の野菜ですが、エシャレットとエシャロットは見た目も大きく違うため、調理に使う際には注意が必要です。


2 エシャレットには栄養が豊富!フルクタンやアリシンにはダイエット効果も?


エシャレットはらっきょうを軟白栽培し、若採りしたものなので、らっきょうと同じ成分を含んでいます。

らっきょう独自の成分であるらっきょうフルクタンは、水溶性の食物繊維で、整腸作用のある成分です。

しかし水にフルクタンが溶け出してしまうため、酢漬けに加工するらっきょうでは、その効能を十分に取り入れることが難しいのです。

一方エシャレットは生で食べることができますので、フルクタンの栄養をそのまま取り入れることができます。

らっきょうフルクタンによる6つの効能

・整腸作用により、腸内環境を改善し、便秘や下痢を解消する
・血糖値の上昇をゆるやかにする
・血液に含まれるコレステロールを抑える
・ミネラルの吸収を助ける
・脂質の吸収を抑える
・体内の有害物質を排出する働き

これらの効能を生かすためには、フルクタンを5g、つまり生のらっきょうを3〜5粒を摂取する必要があります。

またエシャレットの強い香りの素であるアリシンにも、さまざまな効能があります。

アリシンの3つの効能

・殺菌効果による食中毒の予防
・血圧を下げ、血流を改善する
・血糖値の上昇を抑える

さらにアリシンには血液中の脂肪を燃焼させて、コレステロール値を下げる効能もあり、フルクタンと共にダイエットの効果が期待できます。

ただアリシンは熱に弱く、フルクタンと同じく水に溶けやすい成分であるため、生で食べることができるエシャレットがピッタリ食材といえます。


3 疲労回復におすすめのエシャレットの効能


エシャレットには、疲労回復に効能のある、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

エシャレットに含まれる疲労回復効果のある6つの栄養素

ビタミンB1

糖質を分解し、エネルギーに変える働きがあります。さらに疲労物質の乳酸を生成させないためにも必要な栄養素です。

ビタミンC

鉄の吸収を助け、免疫力を高めるビタミンです。ストレスの抵抗力を強め、精神的、身体的なストレスから体を守ります。

パントテン酸

ビタミンCと共に、ストレスに対抗する働きをするほか、タンパク質や脂質、糖質がエネルギーに変換する際にその働きを助けます。

カリウム

筋肉の動きをスムーズにし、老廃物の排出を助ける働きで、体のだるさや食欲低下を防ぎます。

マグネシウム

血圧を安定させ、血液の流れをスムーズにすることで、筋肉の痙攣を防ぎ、疲れを取ります。

カルシウム

筋肉や心臓の働きを助け、脳への信号を送る働きを助け、精神を安定させます。

さらにエシャレットを刻むことで、香りや辛みが強まるため、食欲増進や胃腸の働きを促進する効果も期待できますので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。



4 エシャレットはどんな食べ方がおすすめ?


エシャレットは生で食べやすいよう栽培されていますが、焼いたり炒めたりすると食感が変わり、独特の辛みも気にせずに食べられます。

辛みが気になる場合は、スープやお味噌汁にすると、味がやわらぎますし、緑の葉の部分は、味噌汁の具にしたり、天ぷらや炒め物などにも使えます。

そして少し鮮度が落ちてしおれても、ゆでておひたしやぬた和えにして食べることができます。


5 食べ過ぎ注意!エシャロットの食べ過ぎで起きること


手軽に食べやすいシャロットは、らっきょうが苦手な方でも食べやすいことから、食べ過ぎてしまうことも!そこで食べ過ぎで起こる体の不調にはどのようなものがあるかをお伝えします。

エシャレットの食べ過ぎで起きる3つの体の不調

アリシンの殺菌効果で胃腸に痛みが起きる

アリシンの殺菌効果は、体にとって良い菌も悪い菌も排除するほどの強い作用あるため、食べ過ぎると胃腸の痛みなどを引き起こします。

アリシンが口臭の原因となる

エシャレットの臭いは、ニンニクやニラに匹敵するほど強く、食べ過ぎると口臭やおならが臭くなる原因となります。

フルクタンによる胃腸への負担

食物繊維であるフルクタンを取り過ぎると、逆に便秘や下痢の原因ともなります。

エシャレットは1日に3〜5個程度を食べるのが、体の不調に影響しない量になりますので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。


エシャレットに秘められた効果効能、そして食べ過ぎで起こる体の不調についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

らっきょうの若採りであるエシャレットは、根らっきょうとも呼ばれ、その柔らかさから生で食べても美味しく、さまざまな料理で活用されています。

ただ香味野菜であるため、食べ過ぎるとその栄養が十分に摂取できず、胃痛の原因となることがありますので、適量を守り葉まで丸ごと料理に活用するようにしましょう!

まとめ

エシャレットに秘められたすごい効果効能とおいしい食べ方

1 エシャレットはらっきょうを生で食べるために軟白栽培したものの
2 エシャレットには血圧を下げて血流を改善する効果がある
3 エシャレットを刻むと香りや辛みが強まるので食欲増進効果がある
4 エシャレットは1日に3〜5個が目安
5 エシャロットの食べ過ぎで胃痛や口臭がきつくなる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext