口の中を噛むのが頻繁な方必見!5つの原因と改善するための方法

口の中を噛むのが頻繁な方必見!5つの原因と改善するための方法

口の中を頻繁に噛むと酷いときには傷ができて出血をし、鋭い痛みを発する上に同じ場所を噛む場合が多いので傷が治りにくくなります。

口の中を噛む原因は、仕事や日常生活で溜まるストレスや疲労、人によっては無意識の内に噛んでしまうなど、身近にたくさんあるので改善していくことが大切です。

そして、頻繁に噛むことが多い方は出来てしまった傷を治しつつ、同じ所を噛まないようにすることが重要のため、思い当たる節があったら意識して改善しましょう。

そこで今回は、口の中を噛むことが多いときの原因と、同じ場所を噛まないようにするための改善方法をご紹介します!


口の中を噛むのが頻繁な方必見!5つの原因と改善するための方法


1 突然噛むようになったら噛み合わせに注意


突然口の中を頻繁に噛むようになったら、噛み合わせが変化したことが原因である可能性があります。

噛み合わせが変化する原因は虫歯の治療や歯ぎしりなど色々あるので、思い当たる節があったら改善していくことが大切になります。

噛み合わせが変化する5つの原因

虫歯の治療

虫歯を治療すると、金属の詰め物をする場合が多いのですが、慣れていない状態だと噛み合わせが上手くいかなくて頻繁に口の中を噛んでしまいます。

また、金属は年数の経過で次第に劣化して高さが合わなくなる場合もあるので、突然噛むことが多くなったら歯科医院で診てもらいましょう。

親知らず

親知らずは歯の一番奥に生えてくるので、口の中を噛んでしまうことが多い上に、痛みを発す場合があるので早めに抜歯することが大切になります。

また、親知らずを抜歯した後は、他の歯も治療の影響で少し動いている可能性もあるので慣れるまでは噛まないように意識しましょう。

歯ぎしりで歯が削れた

寝ているときに歯ぎしりをしてしまうという方は、知らない内に歯が削れて噛み合わせが悪くなってしまいます。

歯ぎしりが激しいほど削りが深くなるので、自覚があったり指摘されたりしたときは直すために病院へ行きましょう。

顎の変形

顎が何らかの理由で変形していると、噛み合わせが悪くなって口の中を噛んでしまいます。

そして、噛み合わせが悪い状態が続くと、顎関節症という顎に痛みを感じる病気に発展する可能性があるので、口の中を頻繁に噛む場合は気を付けましょう。

元々歯並びが悪い

歯並びが悪いと噛み合わせに影響が現れますが、若いときは筋肉や関節の機能がしっかりしているのであまり問題はありませんが、年を取ってくると様々な機能が衰えるので口の中を噛みやすくなります。

そのため、歯並びが悪いと思ったときは矯正させるための治療が必要になるので、病院へ行って対処してもらいましょう。

突然口の中を噛むことが多くなった場合、噛み合わせが影響している可能性があり、何年も歯科医院に行っていなかったり、抜歯直後だったりするという方は注意が必要です。

治療した直後に起きる噛み合わせの悪さは次第に慣れて改善していきますが、何年も歯の状態を診てもらっていない場合は、早めに対処しないと何度も同じ場所を噛んでしまうので傷口から雑菌が入りやすくなります。

雑菌が入り込むと、炎症が起きたり何らかの病気にかかったりするので、口の中を頻繁に噛むことが多くなったらすぐに病院へ行って歯の状態を確認してくださいね!


2 ストレスも口の中を噛む原因


口の中を頻繁に噛むことが多くなった場合、たくさんのストレスを抱えている可能性があるので「最近ストレスが溜まっているな」と思っている方は注意しましょう。

ストレスが溜まっていると、無意識の内に何度も噛んでいることが多く、いつまでも発散できずにいると癖になって些細なイライラでも噛むようになってしまいます。

そして、ストレスは緊張しているときにも感じるので、体が強張ってしまう機会が多いという方は、深呼吸してリラックスすることが大切になります。

また、自分ではストレスに強いと思っていても、気付かない内に心の奥底で大量のストレスを抱えているので、定期的に解消して溜め込まないようにしてくださいね!


3 疲労が溜まっている場合は要注意


毎日の仕事や日常生活で疲れが溜まっていると、口の中をよく噛んでしまうので、疲労を感じているときは気を付けることが大切です。

疲労が溜まっていると普通の状態より口の動かし方が変わって、思うように動かせなくなってしまうので口の中を噛んでしまいます。

いつもはスムーズに口を動かすことができても、疲れが解消できずにいると筋肉が弱っている状態が続くので、しっかり体を休ませてあげましょう。

特に、忙しい毎日を送っている方は一層疲れやすいので、入浴や睡眠の時間をたっぷり取って疲労を溜めないようにしてくださいね!



4 年を取ると注意したい原因


年を取ってくると体の各機能が衰え、頬を支える筋肉も弱ってたるみが出てきます。

頬がたるむと、昔の位置より垂れ下がっているので思わず噛んでしまうことが多く、たるんでいる所を何度も噛んでいると次第に口内炎が発生します。

そして、若い方でも食べ物をあまり噛まずに飲み込んでいることが多いと、筋肉が衰えて口の中を噛みやすくなります。

口の中を噛まないようにするためには、筋力の低下を防ぐことが重要になるので、食べ物を噛む回数を多くしてしっかり口を動かすようにしましょう。

頬のたるみは年を重ねると下がっていきますが、咀嚼回数や紫外線などは日々の生活で改善できるので、口の中を噛むことが多くなったと感じるようになったら、悪化させないためにもたるみの原因を解消してくださいね。


5 口の中を頻繁に噛むときの対処法


口の中を噛む原因の多くはストレスや疲労による物が大半のため、解消するための対処法を実践することが大切になります。

ストレスを解消するためには、自分の好きなことをやって発散する方法が一番効果的ですが、忙しくて遊んだり趣味を楽しんだりする時間が取れない場合は毎日のお風呂タイムが大切になります。

入浴によって体が温まると、リラックスできて疲れも吹き飛ぶので口の中を噛む回数が少なくなり、噛んだことによってできた傷の治りも早くなるので入浴の時間はしっかり取りましょう。

また、疲労を回復する方法の中で最も効果があるのがやはり睡眠で、寝ている間に1日で溜まった疲れを全てなくすことができます。

更に、睡眠中に分泌される成長ホルモンは、噛んだことでできた傷を治療する力があるので、質の良い睡眠を取ることが重要になります。

ストレスや疲労は放置していると、ますます口の中を噛むようになってしまうので、どんなに忙しくても入浴と睡眠の時間は非常に大切です。

入浴や睡眠を疎かにしていると同じ場所ばかり噛むようになって傷ができ、口内炎にまで発展して痛みが出てくるので、常に自分の体を労わってあげてくださいね。


口の中を頻繁に噛むようになったら、ストレスや疲労が原因であることが多いので、最低でも入浴や睡眠をしっかり取って体を休ませてあげることが大切になります。

そして、ストレスや疲労がないのに突然口の中を噛むようになった場合、歯の噛み合わせが悪くなっている可能性があるので、詰め物をしたり抜歯をしたりした直後は慣れるまで気を付ける必要があります。

また、なかなか噛み合わせが良くならない場合は、歯科医院で相談することも大切になるので、噛んだ後の傷口が悪化する前に検査してもらってくださいね!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

口の中を噛むのが頻繁な方必見!5つの原因と改善するための方法

1 突然噛むようになったら噛み合わせに注意
2 ストレスも口の中を噛む原因
3 疲労が溜まっている場合は要注意
4 年を取ると注意したい原因
5 口の中を頻繁に噛むときの対処法


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext