しゃがむと痛む腰の痛みの原因と対処法5つ

しゃがむと痛む腰の痛み原因と対処法5つ
by Autumn’s Lull

腰痛になる原因には様々あり、職業柄腰を使って荷物を運ぶ作業や、長時間同じ体勢のまま作業をする、普段運動をあまりしない、体重増加など人それぞれの生活環境や職業も関係しますが、加齢とともに腰事態の故障が起こり、腰痛を発症させるケースもあります。

腰痛は腰自体の故障で腰痛を発症するケースのみではなく、内臓や感染症の症状が原因の場合もあります。

腰には故障が起こりやすく、今までに腰痛の経験をされて、何度も繰り返し腰痛に悩まされている方は少なくありません。

そこで今回は、腰痛の詳しい原因と腰を痛めないための具体的な秘訣と方法をご紹介します。


しゃがむと痛む腰の痛みの原因と対処法5つ


1 腰痛が起こりやすい姿勢や行動


腰が痛くなるには必ず原因があります。

腰痛が起こりやすい原因が分かれば気を付けながら行動が出来るので、ご紹介します!

腰が悪くなる行動

・重い荷物を持ったり、運ぶ
・体重の急激な増加
・車の長時間運転
・長時間椅子に座る
・長時間の立ち仕事

腰への負担が大きく、長時間同じ姿勢をとる事で腰痛を発症する事が多いのではないでしょうか?

腰痛を発症しない為には同じ姿勢を取り続ける事を止めて、1時間に1回は軽いストレッチを取り入れるなど、腰への負担を軽減する対策を取る習慣をつけましょう!


2 腰の痛みの種類で対処法は違う!


腰の痛みには2種類あり、間違えた対処法をしてしまうと、かえって腰の痛みを悪化させる事態になってしまいます。

腰の痛みの原因や対処法を知る事がとても大切になってきます!

そこで痛みの種類を知って正しい対処法を身につける方法をご紹介します!

腰の痛みと対処法

◆痛みの種類
・急性腰痛
物を拾おうとかがんで起き上がるなどの動作をした時や、寝起きに布団から出ようとした時突然発症する腰痛。ギックリ腰といわれるものです。

・慢性腰痛
日常的に腰にジンジンやシクシクといった痛みがあり、慢性化しているものです。

◆対処法
・急性腰痛の場合
一番の対処法は安静にする事です。
腰痛を発症して1週間は静養すると症状が軽減されます。

・慢性腰痛の場合
日頃から軽い運動を取り入れる事が腰痛改善へと繋がります。

慢性腰痛の場合原因は、運動不足や同じ姿勢を取り続ける事が多いので、日常生活に軽い運動を行う事で悪化させないようにしましょう!


3 腰の痛みを引き起こす動作を見直す


腰の痛みを悪化させる動作を日常生活で行っていると腰痛がますます悪化したり、慢性化してしまいます。

日頃の日常的に行っている動作を少し変えるだけで腰への負担が減って腰痛防止になります。

腰へ負担をかける動作

・洗顔や歯磨きの時
・玄関で靴を履く時
・トイレで便座に座る時
・自動販売機などで物を取る
・台所での家事作業
・洗濯物を取り出す時

全ての動作に共通しているのが、少し前かがみになったりしゃがんだりします。

この動作の時に急に腰を曲げたり落としたりするのではなく、ゆっくり腰に負担がかからない様に壁に手をついたり、ゆっくり動作をしたりと体の気使いが腰への負担を防げる方法です。

腰を痛める原因の多くは姿勢が悪い方が多いので、普段の姿勢も気にかけて正しい姿勢を取る習慣をつけましょう!


4 腰からの危険なサインを見逃さない


少し腰が痛いだけだから大丈夫だろう、、、と腰からの危険なサインを見逃していてはとても危険です!

腰からの危険なサインを知る事で、自己判断をせずに専門の病院を受診した方がいい症状をご紹介します。

見逃すと危険!腰からの4つのSOS

・腰の痛みとともに手足にしびれを感じる
・安静にしていてもどんどん腰の痛みが増してくる
・寝られない程の痛み
・1週間以上安静にしていても腰の痛みが引かない

この様な症状が現れている方は即専門医に行かれる事をお勧めします。

腰の痛みでもしびれを伴う場合は、座骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの別の病気を発症しているケースもあります。


5 軽い運動やストレッチで腰の痛みを和らげる


腰痛対策で腰への負担を少しでも軽減させる対処法と、腰の筋肉のバランスを保つ軽い運動やストレッチを併用すると、腰痛がだいぶん楽になります。

そこで腰への負担をかけないストレッチをご紹介します!

腰に負担をかけない簡単ストレッチ

◆椅子ストレッチ実践法
①椅子に座り膝の上に手を置く
②息をゆっくり吐きながらゆっくり上半身だけを前に倒す
③腰に負担のかからないところでそのまま5秒間保つ
④ゆっくり息を吐きながら元の位置まで戻る
①~④を5回続ける

◆腰回しストレッチ実践法
①立って足を肩幅と同じ位開き腰に手をあてます
②ゆっくり息を吸いながら右へ腰をひねります
③ひねったまま5秒間キープ
④息を吐きながら元の位置に戻ります
左右交互に5回続ける

腰に負担をかけない運動として、ウォーキングや水泳もおススメです!

運動もストレッチも腰の周りの筋肉をほぐす効果があり、腰痛の軽減になりますので、ぜひ紹介したストレッチや運動を生活に取り入れるようにしましょう!


さて、『しゃがむと痛む腰の痛みの原因と対処法5つ』はいかがでしたか?

腰の痛みを発症する原因は一番に姿勢が悪い事が発症の要因で、正しい姿勢で腰へ負担をかけない過ごし方で腰痛を予防する事が出来ます。

ぜひ運動やストレッチを毎日続けて、腰痛の悩みから解放されるようにしましょう!

まとめ

しゃがむと痛む腰の痛みの原因と対処法5つ

1 腰痛が起こりやすい姿勢や行動
2 腰の痛みの種類で対処法は違う!
3 腰の痛みを引き起こす動作を見直す
4 腰からの危険なサインを見逃さない
5 軽い運動やストレッチで腰の痛みを和らげる


今、あなたにオススメ

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

免責事項

copyright 2016 ライフスタイルNext