ふくらはぎ痩せをエステに通わずに自力で行うための6つの実践法

ふくらはぎ痩せをエステに通わずに自力で行うための6つの実践法

スカートを履いた時にふくらはぎが気になる、、、ふくらはぎが細い女性に憧れる、、、など女性はふくらはぎが太いとおしゃれや気分的に違ってきますよね。

実はふくらはぎだけをほっそり痩せさせるのは、食事制限のダイエットだけではNG!ふくらはぎが太くなる原因を押さえて、下半身全体を使って細くしていく必要があります。

そこで今回は、ふくらはぎをほっそり痩せさせるために取り組むべき秘訣をご紹介します。


ふくらはぎ痩せをエステに通わずに自力で行うための6つの実践法


1 むくみが原因!ふくらはぎが太くなる理由


痩せているのにふくらはぎだけ太い、、、ふくらはぎが硬い、、、そんな部分的な悩みをお持ちの方は多いでしょう。

さらに、モデルや芸能人みたいに、ふくらはぎがキュッと引き締まって細い脚に憧れる女性もいらっしゃるでしょう。

痩せる前に、まずなぜふくらはぎが太くなるかご存知ですか?

そこで、ふくらはぎが太くなる理由をご紹介します。

ふくらはぎが太くなる3つの理由

筋肉太り

スポーツをしていた方に多いのが、筋肉がふくらはぎを太くしている可能性があります。
そして、筋肉が疲労物質を溜めて硬くなるのも特徴です。

むくみが原因

ふくらはぎは心臓から遠く、重力の影響を受けやすいので代謝が悪くなりやすい部分です。
冷え性の方もむくみやすく、血液循環が悪いと冷え性になり代謝も悪くなりむくみます。

生活習慣

歩き方や姿勢が悪いと骨盤がゆがみ、ふくらはぎだけでなく足全体が太くなります。

まずは、自身のふくらはぎがどのような状態であるかを、見極めて対策をしましょう!


2 正しいつま先立ちで手軽に痩せるコツ


普段ふくらはぎを使うことがあまりない部分なのですが、ふくらはぎはある程度鍛えると、血行が良くなり、むくみが改善されて痩せる効果があります。

部分痩せにおススメなのがつま先立ちで、どこにいても手軽に行えるのですが、正しいつま先立ちをしないとO脚になりふくらはぎが太くなります。

そこで、正しいつま先立ちのコツをご紹介します。

手軽に痩せる!正しいつま先立ちの4つのコツ

・お腹に力を入れて、お尻に力を入れ、天井からまっすぐ吊るされているイメージを持つ
・つま先立ちの重心は、足の親指側
・一日30秒以上行う
・始めのうちは、かかとを上げすぎると足をつる可能性があるので、慣れてきたら徐々に上げる

手軽に行えるつま先立ちですが、正しいやり方で行わないとふくらはぎの外側に筋肉が付いてしまい、太く見えるようになります。

正しいやり方で、重心のかけ方や姿勢に気を付けましょう!


3 ストレッチやマッサージで適度な刺激で痩せる方法


スカート履いても足が短く見える、、、スッキリとしたふくらはぎに憧れる、、、女性は誰もが思うことです。

ふくらはぎをマッサージしたりストレッチしたり、むくみが気になるときに自分で行える簡単なマッサージやストレッチはあるのでしょうか?

そこで、ストレッチやマッサージでふくらはぎを痩せる方法をご紹介します。

ふくらはぎを痩せる2つの方法

ストレッチ方法

①両腕を肩の高さに前に出し、壁や台に両手を付けて前かがみの姿勢になります。
②かかとをつけたまま片足を前に出して15秒
③左右交互に数回行う

マッサージ方法

①あぐらをかいて内くるぶしから膝下に向かって骨に沿って親指で揉む。
②アキレス腱から膝下までをあぐらをかいた姿勢で揉む。
③足を外側に横座りの姿勢で、くるぶしの外側を膝下まで骨に沿って親指で揉む。
④膝を立てて膝裏にある少し硬い部分がリンパ節で、親指で回しながら10回マッサージする。
⑤膝を立てた状態でアキレス腱をつまみ手前に引くようにし、ふくらはぎの三分の一まで揉む。

時間が無くて忙しい方は、ふくらはぎをさするだけでも効果がありますので、毎日続けてみてください。



4 ウォーキングでふくらはぎを痩せる方法


健康や運動不足解消のためにウォーキングをしている方はいらっしゃるでしょう。

正しいウォーキング方法を行えば、ふくらはぎが痩せるのをご存知ですか?

そこで、正しいウォーキングで痩せるコツをご紹介します。

ふくらはぎが痩せる!正しいウォーキングの4つのコツ

・腕は直角に曲げて、大きく振る
・肩は上下させないようにする
・腰の高さは一定に保つ
・足を出す際は90℃になるように出す

ウォーキングを行う前にストレッチをしておくと、体が温まりふくらはぎの脂肪燃焼が早くなります。

適度にふくらはぎを動かすことで、むくみも改善できますのでおススメです。


5 ツボ押しの刺激でふくらはぎを痩せる方法


仕事中や家でも簡単に行える、ふくらはぎを痩せる方法はあるのでしょうか?

ふくらはぎを細くしたいなら、ツボ押しがピッタリです。

そこで、いつでも行えるツボ押しでふくらはぎを痩せる方法をご紹介します。

ツボ押しの刺激でふくらはぎを痩せる3つのツボ

承山(しょうざん)

ふくらはぎの真ん中にあり、むくみや便秘に効果的

豊隆(ほうりゅう)

すねの真ん中(弁慶の泣き所と呼ばれる位置)から指2本分外側にあり、冷え性改善やむくみに効果的

委中(いちゅう)

膝の裏側の真ん中にへこんだ所にあり、腰痛改善に効果的

親指の腹をツボの位置に押し、気持ちいいと感じたら3秒から5秒ほどそのままで、指を離すときはゆっくり離しましょう。

気付いたときに行えるので、毎日コツコツとツボを押してむくみを改善して、ふくらはぎを痩せましょう。


6 歩き方を変えるだけ!ふくらはぎを痩せる歩き方


今まで気にしたことが無かった方も多いと思いますが、歩き方でふくらはぎが痩せるのを、ご存知ですか?

いつもの歩き方を変えるだけで、ふくらはぎが痩せるなら、ぜひ試してみたいと思うでしょう。

そこで、ふくらはぎが痩せる歩き方をご紹介します。

歩き方を変えるだけ!ふくらはぎが痩せる歩き方

着地はかかとから着ける

かかとから着けると、前方に体重移動しやすくなる。

膝を曲げずにつま先で地面を蹴り上げる

足の指先で地面を蹴るイメージで行うと、足が外側に向かずふくらはぎが細くなります。

意識しながら繰り返し歩く練習すると、ふくらはぎが痩せる歩き方が身に付きますので、普段から気を付けて、歩き方を見直しましょう。


ふくらはぎを痩せるためには、むくみを解消したり、歩き方を変えて部分痩せしたりする方法があるのが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

ストレッチやマッサージは日頃から、行っておくとむくみや疲労回復にも効果があり、ふくらはぎ痩せの予防にピッタリです。

気になる部分をすっきりさせて、おしゃれや自信を取り戻しましょう!

まとめ

ふくらはぎ痩せをエステに通わずに自力で行うための6つの実践法

1 むくみが原因!ふくらはぎが太くなる理由
2 正しいつま先立ちで手軽に痩せるコツ
3 ストレッチやマッサージで適度な刺激で痩せる方法
4 ウォーキングでふくらはぎを痩せる方法
5 ツボ押しの刺激でふくらはぎを痩せる方法
6 歩き方を変えるだけ!ふくらはぎを痩せる歩き方


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext