可愛くなりたいメイクのコツを大公開!周りが驚くナチュラルメイク術

可愛くなりたいメイクのコツを大公開!周りが驚くナチュラルメイク術

女性であれば、誰でもメイクには気合いが入るものですよね。

アイメイクやチークを使い、小顔に見せるテクニックなど、様々なメイク方法が世の中にはあふれていますが、残念ながら気合いの入ったバッチリメイクは、一般的にはあまり受け入れられているとは言えません。

むしろすっぴんに近いナチュラルメイクの方が、女性の可愛らしさを引き立ててくれるので、この機会にマスターしてしまいましょう!

そこで今回は、周りがびっくりするような可愛いメイクで、注目を集めるためのメイクのコツを詳しくお伝えします。


可愛くなりたいメイクのコツを大公開!周りが驚くナチュラルメイク術


1 可愛くなりたい!ナチュラルメイクとは?


ナチュラルメイクとは、限りなくすっぴんに近いメイクのことです。

そうはいっても、本当のすっぴんではのっぺりとした平面の印象を与えてしまいますし、肌のダメージも気になります。

ナチュラルメイクとは、しっかりとしたメイクをしながら、見た目ではそうは見えないよう引き算ができているメイクなのです。

ナチュラルメイクをする際に注意したい5つのNGメイク

・肌に合っていないファンデーション
・パステルカラーのアイシャドウ
・黒々と濃いマスカラ
・濃すぎるチーク
・赤すぎるリップ

肌の色になじまないメイク色は、きれいに仕上がっても悪目立ちしてそこだけが不自然な印象になってしまいます。

盛りすぎないよう、引いていくメイクを目指しましょう。


2 可愛くなりたいなら基本はベース!素肌感を出すには?


ナチュラルメイクで自然に可愛く見せるための基本は、「素肌感」!ベースをしっかり作らないと、ファンデーションもアイメイクも浮いて見えてしまいます。

素肌感を出すために選びたい顔色別3つの化粧下地

赤みのある顔

赤みのある部分にグリーンの下地を使うのがおすすめです。ただし全体に塗ると白く浮くので注意が必要です。

シミやくすみのある顔

黄色い下地を使うと、肌色が自然になじみます。

血色が悪い顔

ピンクの化粧下地を使うと、肌が上気したようになります。

広い部分にはブルーの化粧下地を使うと、透明感のある肌を作ることができますが、色々な色を重ねるのは逆効果ですので気をつけましょう。

さらに敏感肌などの肌の悩みがある場合は、BBクリームを使うと、ファンデーションなしのメイクができるだけでなく、シミやソバカスのカバーもできて便利ですよ。


3 可愛くなりたいメイクはアイメイクが外せない!


目は顔の印象を強く見せるので、大きく見せるためにしっかりメイクをしがちですが、そうするとナチュラルな可愛さからは遠ざかってしまいます。

ナチュラルなアイメイクの3ステップ

①アイシャドーはブラウン系かゴールド系を使う

グラデーションをつけるとかえってまぶたが重い印象になるので、肌になじむブラウン系を目の際だけに薄塗りします。

②アイラインは自然に線を引く

目の周りをしっかりと黒いアイラインで囲んでしまうと、きつい印象の顔になってしまいます。ナチュラルメイクは丸く柔らかい印象が大切です。肌になじむブラウン系のものを使い、綿棒でぼかすと優しい印象になります。

③マスカラは控えめに

まつげはビューラーでしっかり立ち上げますが、マスカラをしっかり塗ると、逆に目を小さく見せてしまいます。ロングタイプのマスカラを軽く塗る程度で、重ね塗りをしないようにします。

下まぶたにある涙袋に、明るめのアイシャドウやハイライトをいれると、目に立体感が出るので、濃いアイメイクをしなくても、目が自然に大きく見えますよ。



4 可愛くなりたいメイクは眉で決まる!


極端に細い眉や、太すぎる眉ではナチュラルメイクも台無しです。

瞳の半分ぐらいの太さを意識し、元の眉を生かしながらペンシルで基本を作り、パウダーで埋めていきます。

眉尻は、目尻の延長線がベストの長さなので、形を決めてペンシルでなぞり、そのあと眉頭からパウダーで眉を描いていきましょう。

角度をつけたり、眉を濃淡なく濃く描いてしまうと、眉が強調されてしまうので、目の形に添って、少したれ眉を意識すると可愛い印象になります。

ナチュラル眉にするための眉毛の描き方3つのポイント

・眉頭と眉尻は同じぐらいの高さ
・小鼻の延長線に目尻、眉尻が来るようにする
・眉山と目尻の位置が同じになるようにする

パウダーで眉を埋めたあと、ブラシで毛の流れを整えると、ナチュラルに仕上げられますので、ぜひ試してみてくださいね!


5 可愛くなりたいならぷるぷる唇で仕上げよう


唇は顔色が反映されがちなので、つい濃い色を選んで元気に見せようとしてしまいがちですが、ナチュラルメイクでは唇だけが不自然な印象になってしまいます。

可愛く見せるには、つやのある唇を目指しましょう!

つやのある唇にする3ステップ

①リップクリームや口紅下地で唇に潤いを与える

唇の乾燥を防ぐためですが、残りすぎると口紅がのらないので、ティッシュで軽く押さえて油分を取ります。

②リップグロスを塗る

本来は仕上げに使うグロスですが、仕上げに使うとテカテカになってしまうので、先に塗ります。美容液配合のものを使うと、荒れを防ぎます。

③口紅はきっちり塗らない

きっちりと塗ると浮き上がって見えてしまうので、唇にのせた口紅は指でのばすとナチュラルに仕上がります。顔色を明るく見せるピンクやオレンジを選びましょう。

唇は普段からお手入れをして、がさがさの乾燥を防ぐことが大切です。

荒れていて口紅が上手くのらないときには、無理に塗らず、リップクリームでのケアを優先しましょう。


ナチュラルメイクの秘訣をお伝えしましたが、いかがでしたか?

可愛く見せるには、力の入ったきっちりメイクよりは、少し抜け感のあるメイクの方が、柔らかく可愛らしさをアピールします。

特に目をしっかり大きく見せるために、アイメイクに力が入りすぎて、全体のバランスが崩れてしまうこともありますので、メイクをする際には、大きな鏡を使うようにし、眉のバランスなどにも注意してくださいね!

まとめ

可愛くなりたいメイクのコツを大公開!周りが驚くナチュラルメイク術

1 赤みのある顔にはグリーンの下地を使う
2 シミやくすみのある顔には黄色い下地を使う
3 血色が悪い顔にはピンクの化粧下地を使う
4 アイシャドーはブラウン系かゴールド系を使い、自然に線を引く
5 眉は瞳の半分ぐらいの太さを意識する
6 眉頭と眉尻は同じぐらいの高さにする
7 眉山と目尻の位置が同じになるようにする


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext