倦怠感で続く裏側に潜む怖い原因と対処法5つ

倦怠感で続く裏側に潜む怖い原因と対処法5つ

体が重くて怠いと感じる状態が続くと、何か重大な病気になっているのではと考えて、とても不安になってしまいますよね。

倦怠感が続いた場合、最初はあまり酷くなくても、次第に悪化して重大な病気に繋がる可能性があるとご存知でしょうか?

軽い倦怠感であっても放置するのは得策ではないので、長く続くときは早めに対処法を実践して治し、予防もしっかり行うことが大切になります。

そこで今回は、倦怠感が続くときに考えられる原因と、体を軽くするために対処法をお伝えします!


倦怠感で続く裏側に潜む怖い原因と対処法5つ


1 見直す必要がある生活習慣


倦怠感が長く続くと病気を疑ってしまいますが、普段の生活習慣が原因の場合が多いので、まずは今までの生活を見直してみましょう。

倦怠感が続くときに見直したい4つの生活習慣

過労

倦怠感が長く続くときに考えられるのが過労で、怠いと感じることが多い状態のため、毎日忙しいと思っていたら休息が非常に大切になります。

しっかり疲れが取れると倦怠感も自然となくなっていくので、病気と判断する前に十分休みましょう。

睡眠不足

普段あまり寝てないときは睡眠不足の状態になりやすく、放っていると酷い倦怠感に襲われてしまいます。

寝付きにくくなる原因はストレスや騒音など様々のため、心配であれば早めに医師に相談をして必要であれば睡眠薬を処方してもらいましょう。

栄養バランスの乱れ

普段の食事も大切で、好きな食べ物ばかり食べて偏った栄養状態になると、少しずつ倦怠感が増していきます。

そのため、長く続いているときはいつもの食生活を見直して、肉や魚、野菜などをバランス良く食べることが重要になります。

ストレス

ストレスは万病の元になりますが、最も気を付けなければならないのが精神的なストレスです。

精神的なストレスは、放っているとうつ病に発展してしまう可能性が高く、自ら命を絶ってしまう場合もあります。

倦怠感が続くときは、普段の生活習慣が原因とも考えられるので、病気を疑う前に早めに改善してみることが大切です。

生活習慣が改善されると、続いていた倦怠感が少しずつ良くなっていくので、まずは規則正しい生活を心がけて怠さを解消させましょう!


2 倦怠感が現れやすい状態


倦怠感は生活習慣以外にもよくある病気が原因で発生するので、患っていたら早めに治すことが大切です。

倦怠感を感じるよくある3つの病気

風邪

風邪を引いたときは咳や熱、鼻水などの症状が現れますが、倦怠感も出てくるのでゆっくり体を休ませる必要があります。

風邪は無理せず体を温めることで快方に向かうので、体調を回復させるためにも安静にしていましょう。

貧血

多くの女性に現れる貧血は、めまいに加えて倦怠感が現れる場合があるので、鉄分を摂取して防ぐことが大切です。

鉄分によって血液が正常な状態に戻ると、酸素が体中に行き渡るようになるので貧血が改善されます。

更年期障害

女性が怠いと感じる原因には更年期障害があり、閉経前後になると女性ホルモンのバランスが崩れて体調不良になってしまいます。

倦怠感以外にも不眠やイライラ、肩こりなどの症状が現れるので、怠いときは規則正しい生活をしたり病院へ通ったりしましょう。

倦怠感が長く続くときは上記の状態も考えられ、更に色々な症状が現れるので、あまりにも酷いときは病院へ行ってくださいね!


3 倦怠感を伴う危険な病気


倦怠感があるときは、重大な病気を患っている可能性も考えられるので、心配であれば早めに病院へ行って診察を受ける必要があります。

怠いときに考えられる3つの危険な病気

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は大きいいびきをかくのが特徴で、10秒以上の呼吸停止状態を30回以上引き起こします。

呼吸停止が繰り返されると熟睡できないので、倦怠感や日中の居眠りなどの状態になって、いつまでも治さず放置していると命にも関わります。

糖尿病

倦怠感は糖尿病の症状の一つで、他にも喉が異常に渇く、体重の急激な減少など様々な症状が現れます。

血糖値が高いほど糖尿病になりやすくなるので、定期的な検査をして早めに病院で治療を始めることが重要になります。

うつ病

うつ病は精神的なストレスから発展することが多く、放っていると大変な事態を引き起こすので、家族や友人と協力して病院へ行く必要があります。

外に出ることも辛くなる病気のため、倦怠感が続いていたら無理せず自分のペースで行動を起こしてくださいね。

上記3つの病気は命に関わるほどのため、明らかに異常な倦怠感が長く続くときは、早めに原因を突き止めて治療を開始してくださいね!



4 怠いと感じたときの対処法


倦怠感がいつまでも改善されないときは、早めに対処法を実践して悪化させないことが重要になるので、何をしても解消できなかった場合はすぐに行いましょう。

特に、普段の生活が原因と思って規則正しく過ごしても治らなかった場合は、一刻も早く行うことが重要になります。

倦怠感が続くときの2つの対処法

病院

あまりにも酷い倦怠感が続くときは、病気を疑って早めに病院で診察を受ける必要があります。

特に、生活習慣を改善しても全く良くならなかった場合は、病気を患っている可能性が高くなるので、すぐに検査をして薬を処方してもらいましょう。

市販の薬

軽い倦怠感が続くときは、ドラッグストアで売られている薬を服用すると改善できる場合があります。

特に、ビタミンB1は疲労を回復する働きをするので、倦怠感があるときは成分表をよく確認して豊富に含まれている薬を選ぶことが大切です。

倦怠感が長いと、体に何らかの異常が起きている可能性が高まるので、非常に重いときは病院へ、軽い状態のときは市販の薬で様子を見るなどをしましょう!


5 倦怠感の予防法


倦怠感は一度治しても再発する可能性があるので、回復した後も予防法を実践して事前に防ぐことが大切になります。

倦怠感を防ぐ3つの予防法

適度な運動

自分の体力に合わせた適度な運動は、全身の血行を改善して倦怠感を取り除くことができるので予防に役立ちます。

また、運動後の気持ち良い疲労感は、睡眠の質を改善する効果があるので、よく体が怠いと感じるときは取り入れることをおすすめします。

ストレスの解消

ストレスも倦怠感の原因となるので、自分が没頭できる趣味を行って解消することが重要になります。

心がリフレッシュされると、精神的なストレスの悪化で起きるうつ病を防ぐことができるので、倦怠感の予防に繋がります。

栄養バランス

栄養バランスが崩れると、疲労が溜まって倦怠感が現れやすくなるので、食事内容を見直してビタミンやミネラルを十分摂取する必要があります。

そして、食生活の改善は様々な病気を予防してくれるので、健康面において栄養バランスは非常に重要な要素になります。

倦怠感は、基本的に規則正しい生活をしていればリスクを減少させられますが、上記の方法を実践していても起きる可能性は十分あるので、あまりにも長く続いたら気を付けてくださいね!


倦怠感が長く続くときに考えられる原因と対処法、防ぐための予防法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

長く続く倦怠感は、普段の生活習慣が原因の場合が多いのですが、放っていると悪化して病気に繋がることがあります。

そして、倦怠感はすでに患っている病気が原因の場合があるので、風邪や貧血などすぐに異常が分かる症状が出ているときは気を付けましょう。

また、病院で検査しないと分かりにくい睡眠時無呼吸症候群や糖尿病など、命に関わる病気も考えられるので、明らかに異常な倦怠感があるときは一刻も早く診察を受けることが大切です。

倦怠感は普段の生活習慣を改善したり、病院で治療を受けたりすると改善されるので、少しでも長いと感じたら早めに対処法を実践して、予防にも努めてくださいね!

まとめ

倦怠感で続く裏側に潜む怖い原因と対処法5つ

1 倦怠感は不規則な生活習慣が原因の場合が多い
2 風邪や貧血など日常生活でよく発生する病気が原因の場合がある
3 倦怠感は睡眠時無呼吸症候群や糖尿病、うつ病の可能性も考えられる
4 怠いと感じるときは、病院に行ったり市販の薬を服用したりして様子を見る
5 倦怠感は適度な運動やストレスの解消、栄養バランスが良い食事をすると予防できる


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2018 ライフスタイルNext