ダイエットの最終兵器!こんにゃくを食べるべき理由と活用法5つ

Start diet today
Alan Cleaver

歳を取るごとに、体の代謝は自然に低下してしまうため、若い頃と同じ量を食べていては、太るのも当然ですよね。

エクササイズやサプリメントなど手当たり次第に試してみるものの、なかなか成果がでない、、、最後に残されたのは食事制限しかありません。

しかし、食事制限はかえってストレスの原因になりますし、体調不良を助長することになりかねません!

そこでお薦めしたいのが、食べて痩せるダイエットです。

ダイエット食材には様々なものがありますが、中でもこんにゃくは、ダイエットの最終兵器とも言える、優秀なダイエット食材なのです!

今回は、こんにゃくダイエットの具体的な方法ととっておきのレシピ、さらにこんにゃくダイエットの注意点を併せてご紹介します!


ダイエットの最終兵器!こんにゃくを食べるべき理由と活用法5つ


1 こんにゃくダイエット成功はその成分にあり


煮物や煮付け、お鍋におでんにと、こんにゃくは日本人の食生活にはなくてはならないものですよね。

何気なくこれまで食べていたこんにゃくですが、そもそもどんな材料で作られ、どのような成分が含まれているかをご存知ですか?

実はこんにゃくの材料はたったの3つ!しかも作り方もとてもシンプルなのです!

意外にシンプル!こんにゃくの材料と作り方

こんにゃくの材料

  • こんにゃく芋
  • 凝固剤

こんにゃくの作り方

①こんにゃく芋を良く洗い皮を剥く
②1口大に切ったこんにゃく芋にお湯を入れ、ミキサーにかける
③ミキサーから取り出したものをこねる
※この作業を「のりかき」と呼び、よく練ると弾力のあるこんにゃくができます。
④凝固材を水で溶いたものを③に加えてこねる
⑤型に入れ平らにならし、固まったら切って熱湯で湯で茹でる
⑥よく冷ましたら出来上がり

さすがに、こんにゃくを一から家で作るのは大変ですが、こんにゃくが余計なものが混じっていないヘルシーな食品であることはおわかりいただけたのではないでしょうか。

そしてさらにうれしいのは、こんにゃくには栄養素がほぼなく、食物繊維であるグルコマンナンが豊富である点です。

ということは食べても太る心配がほぼゼロなのです!

ダイエットにピッタリのこんにゃくを食べて、どんどんキレイ痩せしていきましょう!


2 こんにゃくを食べて得られる驚きの効果


こんにゃくは様々な和食に使われている身近な食材ですが、こんにゃくを食べる習慣は、中国から仏教と共に伝来したとされ、初期は医薬品や精進料理に用いられていたようです。

その後江戸時代になり大衆に広まり、今日のように様々な料理に使われるようになったのです。

健康食として国内のみならず、海外でも注目されている和食ですが、まさにこんにゃくは、ヘルシー和食を支える縁の下の力持ちとも言える存在なのです。

そんなヘルシーフードのこんにゃくが、ダイエットに最適な理由をご紹介します!

こんにゃくがダイエットに最適な4つの理由

圧倒的に低カロリー

こんにゃくのカロリーは6.9kcal/100g。ちょうどコンビニのおでんに入っているこんにゃくが1個100g程度です。

コンビニおでんの他の食材のカロリーと比較すると、大根が1切れ10kcal前後、玉子が1個80~90kcal程度ですから、こんにゃくの低カロリーぶりは群を抜いています。

食物繊維が超豊富

こんにゃくにはグルコナンマンという食物繊維が豊富に含まれています。
グルコナンマンには、腸内環境を整えて、血糖値とコレステロール値を低下させる効果があります。

便秘の改善

食物繊維の効果として忘れはいけないのが便通を整える効果!
グルコナンマンにもしっかり便通改善と新陳代謝を整える効果があります。

腹持ちが良く空腹感を紛らわしてくれる

こんにゃくは食べると胃の中で長く留まるため、腹持ちが良い食材です。

脂質や糖の吸収を抑える

胃の中で一緒に摂取した他の食材を包み込み、消化吸収を抑える働きがあります。
過剰なエネルギー吸収や血糖値の急上昇を抑えてくれます。

江戸時代の庶民は1日2食でしたが、どうしてもお腹が空くときに、こんにゃくに味噌を塗ったものを食べていたとか。

こんにゃくは、昔から健康に良く、腹持ちが良い食材として重宝されていたのですね。

太る原因の一つに食べ過ぎによる摂取カロリー過剰がありますが、こんにゃくには他の食材の消化吸収を抑える働きもあるため、こんにゃくは食べ過ぎたときにも最適な食材です。

普段の食事で積極的にこんにゃくを食べて、効率良くダイエット&リバウンドを防止しましょう!


3 ダイエットに最適なこんにゃくの選び方


こんにゃくというと、どんなものを思い浮かべますか?

豆腐のように四角いものでしょうか?糸状になったものでしょうか?はたまた色は黒だったり、白だったりするものでしょうか?

実はこんにゃくにもいろいろな種類があります。

色で分類!こんにゃくの種類

白こんにゃく

こんにゃく芋から作った粉(精粉)から作られます。関東では白こんにゃくが主流です。

黒こんにゃく

生芋から作られるこんにゃくで、皮が入るので黒っぽくなります。
スーパーなどで購入できる黒こんにゃくの多くは、精粉で作られており、海藻などで色を付けています。関西では黒こんにゃくが主流です。

赤こんにゃく

こんにゃくを作る際に赤い着色料を加えたこんにゃくです。滋賀県の名物として知られています。

古くから食べられているこんにゃくの色はこれら3色ですが、他にも野菜など食物由来の色素で色付けされた、カラフルな可愛らしいこんにゃくも登場しています。

次に、こんにゃくの形別に、種類や特徴をご紹介します。

形で分かるこんにゃくの特徴

板こんにゃく

平こんにゃくとも呼ばれる、最も一般的な板状のこんにゃくです。
調理法に合わせて好きな大きさ、厚さにカットして使えます。

玉こんにゃく

形成せずに丸めてゆでただけの、球状のこんにゃくです。
醤油で味付けをして串に刺した玉こんにゃくは、山形県の名物です。

つきこんにゃく

板こんにゃくを専用の型に入れて押し出し、細長く切ったものです。
味なじみが良いので、煮物だけではなく炒め物でも重宝します。

しらたき(糸こんにゃく)

つきこんにゃくとは異なり、こんにゃくが固まる前に糸状にしてからゆで固めます。
関東ではしらたきと呼ぶのが一般的ですが、関西では糸こんにゃくと呼ばれることも多いです。
細いので味が染みやすく、鍋やすき焼きの具、和え物などに使われます。

さしみこんにゃく

板こんにゃくよりも水分が多いので、生のままで食べられます。
刺身のような薄い板状のもの、麺のように加工されたものがあります。
醤油をつけたり、ドレッシングで和えたり、サラダ感覚で食べられる商品も増えています。

このように、こんにゃくは同じ原料を使っていても、加工の仕方によって多様な食感や風味を楽しむことができます。

全国各地の郷土料理にもこんにゃくが使われ、現在も広く親しまれている一方、さしみこんにゃくやこんにゃく麺のような新しい商品も人気を集めています。

色や種類に関わらず、こんにゃくの成分はほぼ同じ!つまりどのこんにゃくでもダイエット効果有なので、お好きなこんにゃくを使ってみてください!



4 ダイエットにガツンと効く厳選こんにゃくレシピ


こんにゃくを使ったレシピで思い浮かぶのは、煮物、おでん、鍋のような、具材のひとつとしてこんにゃくが入っているものばかりという方も多いのではないでしょうか。

食感のアクセントにもなるこんにゃくは、料理の名脇役のイメージが強いですが、味に癖がなく様々な調理法があるため、実はメイン素材としての可能性を秘めているのです。

これまで通りの知っているレシピで食べても良いのですが、他の具材とのバランスを考えると、こんにゃくを入れられる量も限られてしまいますよね。

そこで、もっとたくさんのこんにゃくを無理なく食べられる、こんにゃくを主役にしたダイエットにピッタリのレシピをご紹介しちゃいます!

こんにゃくを主役にしたダイエットレシピ

こんにゃくの生姜焼き

材料
  • こんにゃく:1枚(200g)※こんにゃくの水気を予めきっておく
  • しょうゆ:大さじ1
  • 料理酒:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • すりおろしタイプのしょうが:大さじ1
  • オリーブ油:大さじ1
作り方

①こんにゃくを熱湯で90秒を目安に下茹でして、よく水気をきる
②しょうゆ、料理酒、砂糖、しょうがを混ぜてソースを作る
③こんにゃくに切り込みを入れて、食べやすいサイズに切る
④フライパンにオリーブオイルをひき、こんにゃくを入れて表面をよく焼く
⑤フライパンに②で作ったソースを入れて軽く焼けば完成!

こんにゃくで作るスパニッシュオムレツ

材料
  • こんにゃく:半分(100g)
  • 塩:小さじ1
  • コショウ:小さじ1
  • ケチャップ:お好みで
  • 卵:4個
  • オリーブ油:大さじ1
作り方

①こんにゃくを熱湯で90秒を目安に下茹でして、よく水気をきる
②こんにゃくとトマトをコーン大の大きさに細かく切る
③卵と塩とコショウをよくかき混ぜておく
③じゃがいもは皮をむき、7~8ミリ幅のイチョウ切りにする。ラップをかけてレンジで1分半過熱する。(500w)
④フライパンにオリーブオイルをひき、こんにゃくとトマトを入れる
⑤卵を入れて両面をよく焼けば完成!
※完成したオムレツにケチャップをかけて召し上がってください

こんにゃくは下茹ですることで、臭みが取れるだけではなく、味が染みやすくななり食感もアップします。

ただし、下茹で時間が長すぎると、硬くなり食感が悪くなってしまうので気を付けましょう。

ご家庭に常備されている調味料で作れますので、メイン食材としてのこんにゃくの魅力を味わえるレシピをぜひ試してみてくださいね!


5 超怖い!こんにゃくの食べ過ぎで起こる腸閉塞


理想のダイエット食材であるこんにゃくにも、実は注意していただきたいことがあります。

それは、何事にも言えることなのですが食べ過ぎです!

こんにゃくは胃腸で消化されないため、そのまま体外へ出てしまうのです。

こんにゃくのこの特性は、摂取量が適量ならば腸内環境を整えるのに有効ですが、多量に摂取すると、過度に腸が刺激され、便秘や下痢になることもあります。

さらに、腸内で水分を吸収して膨らむことによる腹部膨張感、豊富に含まれる不溶性の食物繊維が胃に溜まることで吐き気など、胃腸のトラブルを引き起こすリスクもあるのです。

症状が軽い場合には、こんにゃくの摂取量を控え十分な水分補給をすることで、トラブルは改善します。

しかし、便秘が悪化した場合、腸で詰まってしまい腸閉塞になることもあるので、過剰摂取には注意が必要です。

胃腸のトラブル以外にも、ビタミンをはじめとする体に欠かせない栄養素の吸収を阻害するなど、全身の健康や美容にも悪影響を及ぼすことがあります。

こんにゃくの1日の摂取量の目安は、200~250g程度、板こんにゃく1枚分です。

痩せたいからと一気に食べずに、毎日少量ずつでも継続して摂取することを心掛けましょう!


さて、『ダイエットの最終兵器!こんにゃくを食べるべき理由と活用法5つ』はいかがでしたか?

こんにゃくは、麺やゼリー、スイーツなど和食の枠を飛び出して、ダイエット食材としてあちこちで使われていますよね。

ローカロリーながら満足感があり、様々なジャンルの料理にアレンジしやすいのが、こんにゃくの最大の武器なのではないでしょうか。

ぜひいろいろなこんにゃくレシピを試してみて、自分に合った活用法を見つけ、ダイエット成功&リバウンド防止でキレイな体を手に入れましょう!

今回ご紹介した内容に関連する記事として

も併せてご覧ください。

まとめ

ダイエットの最終兵器!こんにゃくを食べるべき理由と活用法5つ

1 こんにゃくダイエット成功はその成分にあり
2 こんにゃくを食べて得られる驚きの効果
3 ダイエットに最適なこんにゃくの選び方
4 ダイエットにガツンと効く厳選こんにゃくレシピ
5 超怖い!こんにゃくの食べ過ぎで起こる腸閉塞


今、あなたにオススメ

免責事項

copyright 2017 ライフスタイルNext